相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2019年02月12日 16:20 コメントを見る

【超悲報】『妖怪ウォッチ』、最後の直営店が24日に閉店、去年から閉店ラッシュだったな・・・

うわあああああ

20190212160651

“第2のポケモン”といわれ、社会現象にもなった「妖怪ウォッチ」が苦境に陥っている。

一時、10店舗以上あった、妖怪ウォッチの常設店「ヨロズマート」は閉店ラッシュが続き、ついに最後の店舗が営業を終える。子どもたちを再度振り向かせる打開策はあるのか――。
好きなキャラ3位→圏外に

ゲーム、テレビアニメ、映画、書籍などクロスメディア戦略が功を奏し、14年に人気に火がついた妖怪ウォッチ。玩具を手がけたバンダイナムコホールディングスは”妖怪ブーム”の恩恵を受け、15年3月期(14年度)のIP(知的財産)別売上高では妖怪ウォッチが552億円とトップだった。

しかし、以降は329億円(15年度)、104億円(16年度)と低迷が続き、17年度はトップ10から漏れて売上高は公表されなかった。

それを裏付けるように、バンダイの「お子さまの好きなキャラクターに関する意識調査」では、17年に3位だった妖怪ウォッチが、翌年はトップ10 圏外だった。

常設店「ヨロズマート」は一時、東京、大阪、名古屋、札幌など全国に10店舗以上(小規模店なども含む)あったが、18年4月から閉店ラッシュが続き、唯一残っていた「福岡総本店」が19年2月24日に店を閉じる。
スマホゲームではリリースが続く

人気に陰りが見えるいま、妖怪ウォッチを大ヒットに導いたゲーム会社「レベルファイブ」は、スマートフォンに活路を求めている。

『妖怪三国志 国盗りウォーズ』(18年1月)、『妖怪ウォッチ ゲラポリズム』(5月)、『ポケモンGO』と同様に位置情報を活用した『妖怪ウォッチ ワールド』(6月)と立て続けにスマホ向けゲームを展開。そのほか『妖怪ウォッチ メダルウォーズ』『妖怪ウォッチforスマートフォン』『妖怪大辞典』の3作品もリリース予定だ。

http://news.livedoor.com/article/detail/16008396/


妖怪ウォッチ シャドウサイド DX妖怪ウォッチエルダ
バンダイ(BANDAI) (2018-07-14)
売り上げランキング: 653

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活
(2018-08-10)
売り上げランキング: 3,594

今月のランキング

コメント

1.とある名無しのオタコム2019年2月12日 16:36
▽このコメントに返信

妖怪メダル即転売しといて正解だった

2.とある名無しのオタコム2019年2月12日 17:06
▽このコメントに返信

よくも悪くも作中の時進めてるからな
ポケモンなんてサトシに何年主役やらせてんだレベルなのに

3.とある名無しのオタコム2019年2月12日 21:38
▽このコメントに返信

これ、switchの本編も死ぬんじゃないか?今更、作り直して経費かけて大丈夫?

4.とある名無しのオタコム2019年2月12日 23:49
▽このコメントに返信

この会社今でもイナイレでやらかしてるしもうダメだな

5.とある名無しのオタコム2019年2月13日 00:45
▽このコメントに返信

レイトン ミステリー探偵社も存在が
空気
裏番組だったHUGプリが炎上しても、
それをチャンスとして活かせないの
だから、レベルファイブはホント駄目

6.とある名無しのオタコム2019年2月13日 06:31
▽このコメントに返信

ほんとコンテンツを綺麗に畳まずにボロボロになるまで使い続けるよな

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間