相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2019年02月11日 07:06 コメントを見る

若者の『袋麺離れ』が深刻、メーカーは販売減を食い止めるのに必死

皿を用意するのがめんどくさい

20190211060856

ph01

日清食品が6月から「カップヌードル」はじめ即席麺を一斉値上げすると発表したばかりだが、現在、即席麺は年間どのくらい食べられているかご存知だろうか。
世界ラーメン協会によれば、2017年に世界中で消費された即席麺はなんと1001億食にも及び、日本は中国、インドネシアに続き3位。年間56億6000万食が消費されている。

世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発売(1958年)したのも日清食品で、誕生から60年を超えてロングセラーを続けているのは周知の通り。
いまや定番商品だけでなく、数えきれないほどの新商品が多くの食品メーカーから発売され、日本の即席麺市場は緩やかながら、なお拡大しているというから驚きだ。

だが、近年はちょっとした異変も起きている。

市場調査会社の富士経済によると、「カップ麺」は新ブランドの相次ぐ発売や、災害の備蓄需要などの要因も重なり2014年から右肩上がりの販売量(2017年は37億500万食)を記録しているのに対し、「袋入り」のインスタント麺は4年連続で前年を下回り、16億6770万食(2017年)とカップ麺の半分以下の販売量に落ち込んでいる。

どうして袋麺は苦戦を強いられているのか。その背景には“若者の袋麺離れ”が顕著になっていることが挙げられる。

「カップ麺はいつでもどこでもお湯を注ぐだけですぐに食べられる簡便性がある一方で、袋麺はどうしても麺を茹でたり鍋や器を用意したりと調理に時間と手間がかかります。
そのため、特に若い人たちは不便さを感じて、袋麺からカップ麺へのシフトが年々進んでいるのです」(富士経済・東京マーケティング本部主任研究員の木下聡氏)

最近は袋麺を手軽に食べられるレンジ仕様の「ラーメン調理器」も100円ショップなどで売られているものの、商品によって出来上がりの味や麺の食感にムラが出てしまう。

さらに若年層を袋麺から遠ざけている一因が「パック販売」だ。上位ブランドの袋麺は通常5食1パックで売られているが、「同じ味ばかりでは飽きてしまう」(20代男性)といった不満が多かったのだ。

袋麺のナンバーワンブランドである「サッポロ一番」を擁するサンヨー食品はこうした声に応え、定番商品に加えて限定商品の個食販売を実施したところ売り上げ増を記録したが、
「バラで買うとセットに比べて1食当たりの値段が割高なので、やはりカップ麺を選んでしまう」(30代女性)と、なかなか袋麺のニーズを完全に掴みきれないのが現状。

ならば、一部の小サイズカップ麺で見られる多種類の“バラエティーパック”を販売してみるのはどうか。

「確かに袋麺でも食べ比べたいというニーズはあるが、嫌いなフレーバーが1種類でも入っていると購入しない消費者も多い」(即席麺メーカー関係者)と、販売戦略には難しさもつきまとう。

では、このまま若者を中心に離れていく袋麺ユーザーを取り戻すことはできないのか。メーカーもあの手この手で販売減を食い止めようと必死だ。

例えば、「チキンラーメン」は昨年、若年層をターゲットに具(キムチ)付きの袋麺「チキンラーメン アクマのキムラー」を発売したところ、ウェブやSNSと連動させたキャラクターのプロモーションなども話題を呼び、一躍ヒット商品となった。

「サッポロ一番」も昨年、“このひと手間が、アイラブユー”をキャッチコピーに、アレンジレシピを紹介して袋麺の新しい食べ方提案をしたり、夏には「冷やしサッポロ一番!」キャンペーンを展開したりするなど、主力ブランドの再強化に乗り出している。

さらに、日清食品が2017年より発売している3食パックの「お椀で食べる」シリーズ(「チキンラーメン」「カップヌードル」「日清のどん兵衛」「出前一丁」)は、停滞する袋麺市場の“救世主”となりそうなほど好評を博している。

従来の即席麺ブランドはそのままに、小容量の麺と具材を袋に詰めただけの商品なのだが、調理方法は至ってシンプル。お椀に麺と具材を入れてお湯を注いで3分待つだけ。
小さなお椀ひとつさえあればカップ麺を食べるのと手間は変わらない。これが意外にも老若男女の袋麺需要とピタリと合致した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190210-00000007-pseven-bus_all&p=2

■この記事への反応

金がないと言ってるやつに限って袋麺ではなくカップ麺食べててウケる

具がないのでジャンクフード感が高すぎるんだよ。
若者は体に毒なのを知っているから食べない。

カップは食器や鍋を洗う手間が省けるからな

5食一袋じゃなくても定番4食でええやろ
醤油、塩、味噌、豚骨

この糖質制限ブームに乗った袋麺を開発すればバカ売れすると思う


ニーア オートマタ ゲーム オブ ザ ヨルハ エディション - PS4
スクウェア・エニックス (2019-02-21)
売り上げランキング: 10

今月のランキング

コメント

1.とある名無しのオタコム2019年2月11日 07:11
▽このコメントに返信

少し具材入れれば?

2.とある名無しのオタコム2019年2月11日 07:25
▽このコメントに返信

冷食が充実してきたからしょうがない
袋ラーメンすらの調理が面倒くさいと思う人が増えたんかねぇ

3.とある名無しのオタコム2019年2月11日 08:01
▽このコメントに返信

袋を器代わりに出来る発明すればええやん

4.とある名無しのオタコム2019年2月11日 08:37
▽このコメントに返信

本当の貧乏はもやし食べる

5.とある名無しのオタコム2019年2月11日 09:13
▽このコメントに返信

TVで金がないと言ってるやつがコンビニオニギリとカップ麺を食ってる
スーパーの半額総菜とか、だから部屋に調理器具なかった
しかし袋麺て5袋入りで300円とか200円でも売ってるのにな

6.とある名無しのオタコム2019年2月11日 10:04
▽このコメントに返信

5つで198円税抜きの時しか買わん。

7.とある名無しのオタコム2019年2月11日 10:56
▽このコメントに返信

やよいちゃんを見習いなさい

8.とある名無しのオタコム2019年2月11日 13:40
▽このコメントに返信

具は自分で好きなもの入れればいいじゃん
むしろ付属の具がハズレで値段具分上乗せだったら余計買わなくなるだろうしな
値段高くて具ありでいいなら冷凍の生めんタイプのも今売ってるしなそっち割引してる時買うな
袋あけてそのまま鍋で煮込めば完成はお手軽過ぎるからな

9.とある名無しのオタコム2019年2月11日 14:26
▽このコメントに返信

>>5
そういう奴って知能低いからな。もし金あっても宅配ピザ食べたりするだろうし。

10.とある名無しのオタコム2019年2月11日 14:45
▽このコメントに返信

インターネットでネット注文してうちはラーメンを食べるようになった。一食200円ぐらいでスープと麺をべつべつにゆでる。うまいぞ!

11.とある名無しのオタコム2019年2月11日 18:04
▽このコメントに返信

袋麺は任意の具材によるカスタムが前提の高級品だから敷居が高いんだよ
カップ麺はそれなりの具材が同梱されてるから割高に思えるだけ
つまり袋麺を単体で食べるのは裏技的な発想なんで、栄養バランスは悪くて当たり前

12.とある名無しのオタコム2019年2月11日 18:28
▽このコメントに返信

チキンラーメンのCMの思考停止っぷりが半端ない
なんやねん0秒チキンラーメンって

13.とある名無しのオタコム2019年2月11日 19:12
▽このコメントに返信

同じ鍋使って調理するんであれば生麺のラーメン食べるわ
別にインスタントである必要がない

14.とある名無しのオタコム2019年2月11日 23:34
▽このコメントに返信

わざわざ袋麺買わなくても今は冷食やチルド食品に美味い商品増えてるからね。

同じ鍋で作るタイプなら上手い方を買うのよね。

そう考えると袋麺の良さは保存がきく(それでも長くて半年ほどの賞味期限だが)しかない。

15.とある名無しのオタコム2019年2月12日 00:49
▽このコメントに返信

麺だけなら一食30円以下で売ってるしなw
インスタントはスープも辛いのばっかで好かん

16.live casino in philadelphia2019年2月12日 12:44
▽このコメントに返信

When you do green projects, you’re doing your account to
boost the risk for planet more competitive. Then paint it having a flat
oil based primer/sealer. If you need a simple home improvement,
purchase some do out. http://gedazuredenk.mihanblog.com/post/17

17.とある名無しのオタコム2019年2月13日 02:19
▽このコメントに返信

>>皿を用意するのがめんどくさい
やっぱ頭悪いな

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間