相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2018年12月18日 17:57 コメントを見る

MITが物体をナノスケールに縮小できる新技術を開発!!

なにそれこわい

20181218174636

mit-nanoscale-super-169

米マサチューセッツ工科大学(MIT)はこのほど、レーザーを使って物体をナノスケールに縮小できる技術を開発したと発表した。単純な構造の物体であれば、どんな物でも元の大きさの1000分の1に縮小できるとしている。

「インプロ―ジョン・ファブリケーション」と呼ばれるこのミニチュア化技術は、顕微鏡や携帯電話用レンズなどの縮小に応用して、日常生活に役立つ小型ロボットの開発に利用できる可能性がある。

実用化に向けて、例えばがんの治療薬に微小ロボット粒子を投入してがん細胞だけを狙い撃ちにする方法などが研究されている。さらに、電子機器に使われるマイクロチップを一層小型化できる可能性もある。

この技術の特徴は、レーザーと、子どものおむつに使われるような吸着ジェルのみを使うシンプル性にある。まずレーザーを使って吸着剤で構造をつくり、その構造に、金属やDNA、あるいは「量子ドット」を当てはめる。次にその構造を縮小して物体をミニチュア化する。

応用したのは、MITのエドワード・ボイデン氏が開発した脳組織の画像拡大技術「膨張顕微鏡法」だった。これは物体を吸着ジェルに挿入して膨張させ、見えやすくする技術で、今回の研究ではこの工程を逆にたどってナノサイズの物体をつくり出すことに成功した。

これまでも、同様のレーザー技術を使って2次元の構造を創り出すことは可能だった。しかし3次元の物体の縮小にはそれよりずっと時間がかかり、実施も困難だった。

この技術は将来的に、家庭や学校でも簡単に使えるようになると研究チームは予想している。

https://www.cnn.co.jp/fringe/35130290.html

■この記事への反応

食糧難だ
人間を小さくしろ

ホイポイカプセル爆誕

スモーライトがやっと出来たか

大きくするやつ頼む

つまりジェルで型を作って熱で縮めてそこに金属なり流し込んで小さくするってことか
そんなうまいこといくんか

小さくできても元には戻せないか

ミクロの決死圏やアントマンだな


今月のランキング

コメント

1.とある名無しのオタコム2018年12月19日 02:56
▽このコメントに返信

現物を縮小してるように思ってるコメント有るけど
内容的に小さなコピーを作成できるって感じだぞ

2.とある名無しのオタコム2018年12月19日 07:56
▽このコメントに返信

この元記事、わかりにくいよな。
俺も現物を縮小化してるのか?って思った。
「そんなわけあるかーい?!」とツッコミつつ脳内補完してようやく理解した…うん、いやまだ多分理解できてない。

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間