Sorry. No data so far.

相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2014年03月31日 10:07 コメントを見る

営業職を敬遠する就活生「営業は無理です」「人を支える仕事をしたい」

飛び込みとかきつそう

20140331021235

26

伝説の営業マンから就活生へ 誰でもトップ営業になれる
沢木恒則 JASEAN代表取締役会長

就活戦線は4月から大企業の面接が本格化し、熱を帯びてくる。ところが、最近は「営業は無理です」「人を支える仕事をしたい」などと営業職を敬遠する就活生が多いのが採用担当者の悩みという。「営業ほど面白い仕事はない。誰でもトップ営業マンになれる」--。
電機、生保の営業で抜群の実績をあげ「カリスマ営業マン」と呼ばれた人物が、就活生に営業という仕事の魅力と神髄を説く。

「モノ・サービスの中で最も売るのが難しい」といわれる生命保険のトップ営業マンとして知られる沢木恒則さんは大学卒業後の1980年に東京エレクトロンに入社。そこで検査機器販売のトップ営業となり、88年にはプルデンシャル生命保険に転職。そこでも保険業界で「前例がない」といわれるほど抜群の営業成績を上げ続けた。大学で物理学を学んだ沢木さんはもともとエンジニア。営業職とは程遠い場所にいたが、ある出来事をきっかけに営業の世界に足を踏み入れた。

■エンジニアから営業マンへ

「エンジニアとして一生懸命仕事をしていたつもりでしたが、目立てず、人事考課でもあまり高い評価ではありませんでした。深夜まで残業をしていたある日のこと。同僚が社内を歩く人をまるでスターを見るような目で見つめていたのです。聞けばその人はトップ営業マンで、30歳を待たず係長に出世した若手のホープでした。私より3、4歳しか変わらないのに出世して、ここまで注目を浴びるのかと驚きました。かっこよかったですね」

「自分が営業職に向いているのかどうかはわかりませんでしたが、注目される存在になりたいという思いは日に日に強くなり、会社に営業職への配置転換を訴えました。入社間もないエンジニアがいきなり営業に行きたいなどと言って、会社は驚いたでしょうね。前例がありませんから。でも、根負けしたのか2年後には営業への異動を認めてくれました」

(続きはこちら)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2700F_X20C14A3000000/


(この記事への反応)

誰でもなれたらトップじゃないだろ

ずっとSEやってると営業したくなるけどな

モラルとか道徳心とか完全に無くせば営業は楽

コメント

1.とある名無しのオタコム2014年3月31日 11:09
▽このコメントに返信

どれだけボッタくって詐欺れるか…だよな

2.とある名無しのオタコム2014年3月31日 11:36
▽このコメントに返信

俺は医療関係のルート営業だけど、結構楽だよ。土日祝日休みだし、遅くても8時前には帰れる。なにも営業全部が騙すようなことしてるわけじゃない。むしろルートは信頼第一よ。

3.とある名無しのオタコム2014年3月31日 11:54
▽このコメントに返信

モラルと道徳心。全くそのとおりだと思う。ノルマもきつい、上からプレッシャーをかけられる。営業はどこだって一緒。

4.とある名無しのオタコム2014年3月31日 12:05
▽このコメントに返信

文系で営業無理とか、無職コース一直線

5.とある名無しのオタコム2014年3月31日 12:25
▽このコメントに返信

景気が良い時はサボり放題だった

6.とある名無しのオタコム2014年3月31日 12:28
▽このコメントに返信

口が上手い、本当のように信じさせる奴は向いている

7.とある名無しのオタコム2014年3月31日 12:43
▽このコメントに返信

モラルや道徳心が無ければ楽なのはどの世界でも同じだと思うけどね

8.2014年3月31日 13:06
▽このコメントに返信

営業のトップが営業は誰でもなれるとか言ったって何も響かないわ
あなたの実力といい環境と運だろ

9.とある名無しのオタコム2014年3月31日 16:05
▽このコメントに返信

正解
最近の若者は賢いな
無茶なノルマを設定され体壊してがんばっても使い捨てにされるだけ
まぁ職安では常識だけどな

10.とある名無しのオタコム2014年3月31日 22:49
▽このコメントに返信

痴漢でっち上げ女に御注意下さい。
私が自称マトリGメンの女に
痴漢犯人に、でっち上げられた犯行現場での
女と駅員との会話などを録音して
ネット上で公開しました。
宜しければYouTubeで
下記の文字で検索して下さい。
痴漢冤罪四条畷

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間

Sorry. No data so far.