相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2014年03月30日 14:30 コメントを見る

ファミリーマートが韓国から撤退、広報「撤退ではない。再進出する可能性はある」

コリアリスク

20140330130742

05

[東京 28日 ロイター] -ファミリーマート<8028.T>は28日、韓国の持ち分法適用会社の所有株を全て売却すると発表した。これにより、韓国での店舗展開はゼロとなる。

韓国では24時間営業などに対する規制が強化され、日本型コンビニの展開が難しい環境となったため、より成長が見込める地域に投資を振り向ける。

同社は、1990年から現地企業と合弁で韓国事業を開始。14年2月末には7925店を展開していた。2月末の海外店舗は1万3075店で、韓国は60%を占めている。ただ、13年2月の持ち分法投資利益が7億円で、利益面での影響は小さい。

今回、持ち分法適用会社が上場するのに伴い、25%の持ち分を売却する。売却は5月中旬を予定しており、売却額は未定。

広報・IR担当者は「撤退ではない。海外事業再編の一環。韓国は有望な市場であり、再度、進出する可能性はある」としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140328-00000100-reut-bus_all


(この記事への反応)

韓国って犯罪率高いくせに妙に規制だけは厳しくする癖があるからな

日本資本が撤退したら規制を緩和ニダヨ

結局チョンにノウハウ盗ませたんだろ

韓国は何やってもいいけど日本を巻き込むのはやめて

コメント

1.とある名無しのオタコム2014年3月30日 14:36
▽このコメントに返信

ノウハウも技術を盗んでも活用しきれない……それが韓国。

2.とある名無しのオタコム2014年3月30日 14:45
▽このコメントに返信

賢い判断 
カンボジアやバングラ VIPに投資したほうがマシ

3.とある名無しのオタコム2014年3月30日 15:01
▽このコメントに返信

自分から進んで韓国と係わろうとする企業は潰れていいよ
売上や評判が落ちたり客にそっぽ向かれても自業自得

4.とある名無しのオタコム2014年3月30日 15:15
▽このコメントに返信

諭吉「日本の不幸にシナチョンと書いたが売国バカも追加しとくか・・・」

5.とある名無しのオタコム2014年3月30日 15:22
▽このコメントに返信

24時間営業への規制強化でコンビニ営業が難しくなったから
店舗畳むという話で、なんでこんなくっせえ反応ばっかなんだろうな。

何やら日本人の精神性もあちらに似てきたようだな。

6.とある名無しのオタコム2014年3月30日 15:40
▽このコメントに返信

痴漢でっち上げ女に御注意下さい。
私が自称マトリGメンの女に
痴漢犯人に、でっち上げられた犯行現場での
女と駅員との会話などを録音して
ネット上で公開しました。
宜しければYouTubeで
下記の文字で検索して下さい。
痴漢冤罪四条畷

7.とある名無しのオタコム2014年3月30日 15:54
▽このコメントに返信

撤退ではない!未来への進軍である!

8.とある名無しのオタコム2014年3月30日 16:15
▽このコメントに返信

期限を決めない一時撤退ね。
第一部完みたいなもんか

9.あんたバカーぁ?2014年3月30日 17:39
▽このコメントに返信

※5
このご時世、マスコミの報道を鵜呑みに出来るお前超ウケルwww
将来、詐欺にあうなよー

10.とある名無しのオタコム2014年3月30日 17:41
▽このコメントに返信

撤退と言わず転進と言ってた旧日本軍みたいだな。

11.とある名無しのオタコム2014年3月30日 17:43
▽このコメントに返信

韓国にノウハウをパクられて撤退かよ。情けねぇ

12.とある名無しのオタコム2014年3月30日 18:51
▽このコメントに返信

再度の進出どころか競合店として第三国にきかねないけど言えないんだろうな

13.とある名無しのオタコム2014年3月30日 21:04
▽このコメントに返信

正直この国に進出するメリットって何でしょうね?
素で解んないから誰か教えて?

14.とある名無しのオタコム2014年3月31日 06:48
▽このコメントに返信

狂った民族主義国にのこのこ行くほうが間違ってる
法なんてあってなきがごとしだから、規制強化とは名ばかりの日本企業狙い撃ち攻撃されるよ
中国も同じ
日本人への虐待願望にとりつかれた狂った連中

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間