相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2018年11月06日 17:53 コメントを見る

漫画家・森田まさのり先生がM-1準々決勝に、ジャンプマンガで自虐ネタを披露www出場記念で『べしゃり暮らし』が50話まで完全無料!

スゲェ

20181106174616

2018y11m06d_174542213

2018y11m06d_174553477

2018y11m06d_174603412

人気マンガ「ろくでなしBLUES」や「べしゃり暮らし」などで知られる森田まさのりさんが6日、東京都内で開かれた漫才コンテスト「M-1グランプリ2018」の準々決勝に、お笑いコンビ「漫画家」として登場。58組の中で唯一アマチュアとして残った森田さんは、コンビの長田悠幸さんとジャンプのマンガネタを披露して会場を沸かせた。

森田さんは漫才が始まると「ONE PIECE(ワンピース)の尾田栄一郎です。尾田君みたいにちやほやされたい!」と自虐ネタからスタート。長田さんが「ろくでなしBLUESは伝説のヤンキーマンガ」と持ち上げるものの、森田さんは「(書店の)どこにも置いてないやん。(同じ時期に連載した)『SLAM DUNK(スラムダンク)』や『幽☆遊☆白書』は(愛蔵版を)置いてるやん」と突っ込んだ。

さらに「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」の連載再開がニュースとして話題になることを持ち出したり、森田さんのツイッターのフォロワー数(約8000人)と「スラムダンク」の井上雄彦さんのフォロワー数(約44万人)の差に嫉妬して、観客の笑いを誘った。持ち時間の4分をギリギリまで使った密度の濃い漫才で、アマチュアとは思えない力量も見せつけていた。

「M-1グランプリ」は、2001年からスタートし、「中川家」や「フットボールアワー」「ブラックマヨネーズ」らがグランプリを受賞し、これまで人気コンビを数多く輩出してきたコンテスト。今年の準々決勝も「マヂカルラブリー」や「ゆにばーす」などの昨年のファイナリスト、「スリムクラブ」や「さらば青春の光」「三四郎」などの実績のあるメンバーが次々と登場した。

https://mantan-web.jp/article/20181106dog00m200008000c.html



べしゃり暮らし 19 (ヤングジャンプコミックス)
森田 まさのり
集英社 (2015-07-17)
売り上げランキング: 64,502

ROOKIES 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2012-06-22)
売り上げランキング: 32,365

今月のランキング

コメント

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間