相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2018年11月02日 11:03 コメントを見る

【マジかよ】“体罰を禁止”したら若者の暴力性が超減少!世界的な研究結果が明らかになる

友情ごっこできない

20181102064818

04

「体罰」を禁じることで若者の暴力性が劇的に減少することが88カ国40万人を調査した研究で示される

この調査は、イギリスの医学会雑誌「BMJ Open」において発表されたもの。
全世界の88カ国を3つのパターン「学校や家庭を含む体罰の全面禁止」「学校における体罰の禁止」「体罰の禁止なし」に分類し、
それぞれの国における若者の暴力性と照らし合わせることで、体罰と暴力性の関係が調査されました。

その結果、ドイツやスペイン、ブラジルなど体罰を全面的に禁止した国では、
肉体的に争いごとをおこす確率が「禁止なし」の国に比べて男性で69%、女性で42%少なかったことが明らかになっているとのこと。
また、学校においてのみ体罰が禁じられている国では、男性は顕著な変化がない一方で、
女性は56%低い値を示しているとのこと。
この「部分禁止」の国にはアメリカ、イギリス、カナダなどが含まれます。

この結果について、主任研究者でモントリオールのマギル大学のフランク・エルガー准教授は
「現時点で言えるのは、体罰を禁止している国で成長した若者は、そうでない国の若者に比べて暴力性が低い、ということです」と述べています。

またこの傾向は、国ごとの裕福さや殺人率の違いには関係ないことが確認されているとのこと。

https://gigazine.net/news/20181030-ban-spanking-less-violent/

■この記事への反応

虐待の連鎖だもんな

不良少年をアナル体罰で素直にさせる本を教えて

なお渋谷

一方日本では生徒が調子に乗った

そりゃそうだわ、そういってんのに馬鹿が体罰したがる。
あとスポーツしたら暴力性上がる。

一度でも体罰受けたら魂が死ぬからな

暴力性は減った
陰湿性は増した


Fallout 76 Tricentennial Edition (トライセンテニアルエディション) 【CEROレーティング「Z」】 - PS4
ベセスダ・ソフトワークス (2018-11-15)
売り上げランキング: 10

今月のランキング

コメント

1.とある名無しのオタコム2018年11月2日 11:42
▽このコメントに返信

まぁ、根本的な解決には至らないだろうね特に日本わね

2.とある名無しのオタコム2018年11月2日 11:51
▽このコメントに返信

そもそも、「体罰」なんて言葉で教育(躾)の一環として当たり前だとしている日本もおかしいだろ。
体罰(暴力)を振るう人間自体が欠陥人間であると言う認識を持たなければならない。
感情をコントロール出来ず、怒りにまかせたまま暴力を振るっているだけなのだから。

3.とある名無しのオタコム2018年11月2日 12:11
▽このコメントに返信

俺が学生の頃からずっと体罰言われてるからな
それなのにいまだに無くならない

4.とある名無しのオタコム2018年11月2日 15:01
▽このコメントに返信

子供は動物と同じだから痛みで教えないと

5.とある名無しのオタコム2018年11月2日 17:30
▽このコメントに返信

全部日教組の責任

6.とある名無しのオタコム2018年11月2日 18:34
▽このコメントに返信

そりゃあ子供は大人の真似をするからな
体罰が問題ないなら当然真似をして暴力的になる

7.とある名無しのオタコム2018年11月2日 19:13
▽このコメントに返信

体罰が少ないと、言葉で説得するため、大人の方も論理的に筋の通った説明が必要だし、子供も論理的に考えるようになるんじゃない?
体罰が日常化していると、面倒な説明より暴力で簡単に子供を従わせることができるから、馬鹿な大人が増える。

8.とある名無しのオタコム2018年11月2日 21:19
▽このコメントに返信

こういうのすぐ信じてしまう自分を反省した方がいい

9.とある名無しのオタコム2018年11月3日 03:55
▽このコメントに返信

※2
体罰を正当化するつもりはないが、なんで体罰を”怒りに任せた”ものだと決めつけてるの?
子供が重大な過ちを犯した際、再発防止のために殴る。そこに怒りがないといけないのか?

10.とある名無しのオタコム2018年11月3日 16:43
▽このコメントに返信

体罰あった世代だけど、ガンガン体罰受けてた不良とかそのまま半端なヤクザになってたりしたからマジで無意味だと思う。指導する側はストレス発散できるし、楽だろうけど。

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間