相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2014年03月26日 15:30 コメントを見る

映画『永遠の0』興収85億円突破!“セカチュー”超えのヒットで邦画実写作品歴代7位に

ルーキーズすげぇ

20140326152335

00

百田尚樹のベストセラー小説を映画化した、V6・岡田准一主演の映画『永遠の0』(2013年12月21日公開)が、公開から93日間で観客動員約693万人、興行収入85億円を突破したことが24日、明らかになった。

日本中に”セカチュー”ブームを巻き起こした、2004年5月8日公開『世界の中心で、愛をさけぶ』の興行収入が85億円。
その数字を公開から93日間で突破し、歴代の邦画実写作品では第7位の成績に。
また、『世界の中心で、愛をさけぶ』を超えたことで、東宝幹事作品歴代No.1の興行収入作品となった。

公開当初の客層は、原作ファンの30代~60代の男女が中心だったが、ブームによる口コミの拡大に伴い、10代~20代の男女にも受け入れられるようになり、公開から3カ月たった今でも、劇場によっては満員となる劇場もあるほど。

そして、長期のロングラン上映も決定していることから、興行収入85.5億円を記録した2009年公開『ROOKIES-卒業-』を超える見込みで、過去10年の邦画実写作品史上でナンバー1ヒット作となる。

本作でメガホンをとったのは、『ALWAYS三丁目の夕日』で日本アカデミー賞最優秀監督賞などを受賞した山崎貴監督。
キャスト陣は、主人公の宮部久蔵を岡田准一が演じ、祖父・久蔵のミステリーを解き明かしていく現代の若者・佐伯健太郎を俳優の三浦春馬が、久蔵を愛し続け、帰りを待ち続けた妻・松乃を女優の井上真央が演じている。
そして、主題歌『蛍』は、昨年活動を再開したサザンオールスターズが担当した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140324-00000123-mycomj-ent


(この記事への反応)

セカチューって今思うとアホみたいな映画だよな

岡田が完全無欠すぎて人間らしくなかった

ルーキーズすげえ

コメント

1.とある名無しのオタコム2014年3月26日 15:42
▽このコメントに返信

とんでもない馬鹿にも理解できるように、ひたすらわかり易くした素晴らしい大衆映画だったよ

2.とある名無しのオタコム2014年3月26日 15:46
▽このコメントに返信

昭和19年10月フィリピンにおいて空戦用に空輸した零戦9機を全く関係のない201海軍航空隊参謀から
「特攻用にただちによこせ」と横取りされそうになったところ、機転を利かせて部下共に輸送機に乗りこみ
「馬鹿な参謀よサヨーナラだ」 と言い残し去ってしまった――岩本徹三

3.とある名無しのオタコム2014年3月26日 16:21
▽このコメントに返信

現代の若者が戦争時の人の話を聞くことによって、自身
の考えを改めるというテンプレは要らなかったかな
その分岡田パートに時間割いて、自分だけ生き残って良いのかという心の葛藤を見たかったかも
映画は割りと原作通りらしいが、小説は面白いんだろうな、売れたみたいだし

4.とある名無しのオタコム2014年3月26日 16:24
▽このコメントに返信

映画しか見てないけど、原作読んだ方が良いんだろうな。

5.とある名無しのオタコム2014年3月26日 16:39
▽このコメントに返信

痴漢でっち上げ女に御注意下さい。
私が自称マトリGメンの女に
痴漢犯人に、でっち上げられた犯行現場での
女と駅員との会話などを録音して
ネット上で公開しました。
宜しければYouTubeで
下記の文字で検索して下さい。
痴漢冤罪四条畷

6.とある名無しのオタコム2014年3月26日 17:25
▽このコメントに返信

原作の面白いところはしょりすぎ。サザン合わない。

7.とある名無しのオタクコム2014年3月26日 17:26
▽このコメントに返信

原作はいいが映画はいまいち

8.とある名無しのオタコム2014年3月26日 17:30
▽このコメントに返信

エースの逸話を知ってると、岡田の嘘くささがものすごい

9.とある名無しのオタコム2014年3月26日 17:48
▽このコメントに返信

ジャニーズのしょっぱい芝居が嫌で観に行くのやめたわ

10.とある名無しのオタコム2014年3月27日 01:11
▽このコメントに返信

在日がネトウヨご用達と連呼する映画か

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間