相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2014年03月25日 20:30 コメントを見る

バッテリ充電時間を3分の1以下にする“濃い”電解液を開発

貯められる電力は増えないのか

20140325202434

14

東京大学大学院工学系研究科(山田裕貴助教、山田淳夫教授)、京都大学(袖山慶太郎特定研究員)、独立行政法人物質・材料研究機構(館山佳尚グループリーダー)は24日、リチウムイオン電池の急速充電、高電圧作動を可能にする新しい電解液を開発したと発表した。

現状最も優れた二次電池であるリチウムイオン電池は、電解液の材料が20年以上ほぼ同一組成のものが用いられている。今回、研究グループは、既存の電解液にはない高速反応と高い分解耐性を持つ、高い濃度のリチウムイオンを含む電解液を開発した。

これまで、超高濃度液体は電解液として適さないと信じられていたが、従来の4倍以上の濃度でリチウムイオンを含む液体が、必須であった溶媒のエチレンカーボネートを用いずにリチウムイオン電池電解液として作動することが分かった。
これにより、20年以上固定されていた電解材料液の幅が広がり、耐電圧、反応速度、コストなど、必要とされる特性に合わせた電解液設計が可能となった。

この特徴に着目して材料探索を行なった結果、「高濃度=反応が遅く電解液に適さない」という通説を覆し、リチウムイオン電池の充電時間を従来の3分の1以下に短縮できるようになる。
また、この電解液は5V以上の電圧をかけても安定しており、電気自動車などへの応用も期待がかかる。

ソースは
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140325_641095.html

コメント

1.とある名無しのオタコム2014年3月25日 21:21
▽このコメントに返信

効率は上がっても安全性とコストが解決できなきゃセレブのおもちゃからは抜け出せないよ。
中国で生産しても爆発しない構造が発明されない限り、リチウムポリマーは下手に大容量化できない。

2.とある名無しのオタコム2014年3月25日 21:22
▽このコメントに返信

チャイナボカンの火力も殺傷力もアップするだろ、ますます中国製リチウム電池が危なくなる。

3.とある名無しのオタコム2014年3月25日 22:23
▽このコメントに返信

まさか小保方ってないよね

4.とある名無しのオタコム2014年3月26日 01:31
▽このコメントに返信

効率とか大容量化とか文に出てきた?^^;

5.とある名無しのオタコム2014年3月26日 07:08
▽このコメントに返信

痴漢でっち上げ女に御注意下さい。
私が自称マトリGメンの女に
痴漢犯人に、でっち上げられた犯行現場での
女と駅員との会話などを録音して
ネット上で公開しました。
宜しければYouTubeで
下記の文字で検索して下さい。
痴漢冤罪四条畷

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間