相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2018年08月30日 11:32 コメントを見る

PS4/One/PC『エースコンバット7』プレイアブル機体が新たに公開!11機もきたぞおおおお

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

20180830111637

今回も前回に引き続き11機のプレイアブル機体が発表されました。今回はF-16C、F-14D、F-15E、F-15C、 Su-33フランカーD、MiG-29A、YF-23、グリペンE、Su-57、そしてMiG-21bisなどです。

gamescom 2018トレイラーでは、F-14Dを筆頭にエンクローズド・ウェポン・ポッド(EWP)を複数搭載した機体が映されていました。初期の映像から度々登場してきたこのポッドは、元々2013年にボーイングが初飛行させたF/A-18E/Fの次期アップグレード版である、アドバンスド・スーパーホーネットに搭載されていた装置で、内部にミサイルや爆弾を搭載することでステルス性確保のみならず空気抵抗を減らせる利点がありました。しかしながらスーパーホーネットがBlock IIIとして改修が決まったあと、米海軍はEWPの開発を中止しIRST21付きの燃料タンクに切り替えてしまったという経緯があります。

機体に目を向けると、米軍仕様のF-15Cが明示されると共に、レーダーやエンジン、そしてコックピットがアップグレードされたグリペンEと、人気機体であるYF-23、そしてSu-57を筆頭にMiG-21bisや、MiG-29、そしてSu-33Dと新旧の東側機体が明らかにされました。特にグリペンEは、エンジンとレーダーを筆頭に様々な機器がアップグレードされた最新型で、主な変更点ではコックピットのMFDがタッチ式大型ディスプレイに換装されているため、コックピット視点で従来型と違いを楽しめるのかもしれません。

■プレイアブル機体

●F-16C FightingFalcon

大型主力制空戦闘機の補佐を目的の一つとして開発された小型軽量戦闘機。フライ・バイ・ワイヤなど当時の最先端技術を導入し、高いレベルの機動性と安定性を獲得している。

254150

●F-14D Super Tomcat

超長射程の対空ミサイル運用能力を持つ大型艦上戦闘機。
自動制御の可変翼によって、高低両方の速度域で高い格闘性能を発揮する。

254147

●F-15E Strike Eagle

複座型F-15に大幅改修を施した戦闘爆撃機。
本職の攻撃機以上の兵装搭載量と、ベース機由来の空戦能力の両立を達成した強力な機体。

254149

●F-104C Starfighter

センチュリーシリーズの中の一機である、痩身の超音速迎撃機。
小さく薄い台形翼と大推力エンジンによって生み出される高速飛行性能は、現用機にも見劣りしない。

254146

●Su-33 Flanker-D

空母上での運用を想定して開発された、Su-27ベースの大型艦上戦闘機。カナード翼の追加などにより中低速度域での運動性能と安定性能が優秀な機体。

254152

●F-15C Eagle

優れた運用実績を誇る双発の大型制空戦闘機。
空戦を制するための速度性、運動性、生存性を全て高いレベルで備えている。

254148

●MiG-29A Fulcrum

MiG-21などの当時の主力機を代替するために開発された中型戦闘機。優れた旋回性能が生んだ高い格闘戦適正を持つ。

254151

●YF-23 Black Widow II

先進戦術戦闘機計画において選定機の座を争った大型ステルス戦闘機。ステルス性能と速度性能が秀でていて、高い先制攻撃能力を有する。

254154

●Gripen E

小型軽量の多目的戦闘機。E型は再設計が行われた最新型。機体の大型化、大推力化エンジンの換装、新型アビオニクスの搭載などの多数の変更が加えられている。

254155

●Su-57

現行の制空戦闘機に置き換わる予定の、最新鋭ステルス主力戦闘機。PAK FAプログラムに基づいて開発され、推力偏向ノズルなどの機構による極めて高い機体制御性能を持つ。

254153

●MiG-21bis Fishbed

デルタ翼と水平尾翼が合わさった旧式の小型軽戦闘機。
旋回操作に特有の癖があり操縦に注意を要するが、幾多の実戦で証明された高い機動力には定評がある。

254153

https://www.gamespark.jp/article/2018/08/30/83403_2.html



ACE COMBAT INFINITY XFA-27 〈For Modelers Edition〉 全長156mm 1/144スケール プラモデル
壽屋(KOTOBUKIYA) (2018-10-31)
売り上げランキング: 19,461

Ace Combat 7 Skies Unknown
Ace Combat 7 Skies Unknown
posted with amazlet at 18.08.30
Bandai Namco Entertainment America
売り上げランキング: 7,675

今月のランキング

コメント

1.とある名無しのオタコム2018年8月30日 12:00
▽このコメントに返信

PSVRでやるわ

2.とある名無しのオタコム2018年8月30日 12:28
▽このコメントに返信

F-14系 ベトナム戦争でも活躍した可変翼艦載機……VF-1の元ネタでもあり『マクロスゼロ』でもモスポールされていた機体が活躍した。

F-16系 航空自衛隊のF-2のベースにもなった機体。

グリペンE スウェーデンに拠点を置くサーブが開発、製造……スウェーデンのみならず第三国にも輸出されている。サーブの戦闘機は“空港施設で無い所でも運用出来る設計”であり、スウェーデンは冷戦最中にソ連からの侵攻を受けた際には速やかに空軍基地を放棄して高速道路に沿って敷設されたシェルター型基地に逃げ込める方式をとっており、ドラケンやビギンも同様の運用を可能である。

(他の戦闘機なら結構難しい)

3.とある名無しのオタコム2018年8月30日 14:27
▽このコメントに返信

最後の画像ミスってんぞバイト

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間