相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2018年08月09日 07:01 コメントを見る

実写版『メタルギアソリッド』監督「リスキーでいて、全力を注ぎこんだ。小島さんのようなストーリーを目指す」

大丈夫か?

20180809060239

00

実写版『メタルギアソリッド』で監督を務めるジョーダン・ボート=ロバーツが、実写版映画は「(ほかの)ゲームを原作とした映画とは異なる手法を採用している」と述べ、小島秀夫が使うストーリーテリングの手法を反映したものになると説明した。

Colliderとのインタビューにて、ジョーダン・ボート=ロバーツは『メタルギア』シリーズの「熱烈な」ファンに楽しんでもらえるような実写版映画を作りたいとした上で、「(ファンではない)一般的な観客も好きになるような」映画にしたいと述べた。

「私自身がこの映画に関わってなかったとしても、この脚本を読んだら『わお、何だこれは』と言っていたことでしょう。
(ほかの)ゲームを原作とした映画とは異なる手法を採用しています。ほかの映画とは異なる三幕構成を提案しているのです」と彼は述べた。

ボート=ロバーツはスネークやビッグ・ボスだけでなく、さまざまなキャラクターを登場させようと考えているようで、以下のように述べている。
「シリーズを代表するこの2人のキャラクターは……周囲の人々との関係性をもとに、自身のことを定義しているのです」

「シリーズの大半では、彼ら2人は数多くの悲劇を体験しています…ボス戦の末にプレイヤーが感じるのは達成感ではなく、
何とも言えない喪失感なのです。これは『メタルギア』にしか見られない、特別な感情だと思います」

「ですから、2人の周囲をさまざまな人々で取り囲むことはとても重要なのです。私たちは今、映画に登場させるキャラクターの人数について模索しています。スネークとボスを定義するのに十分な数、でも多すぎて彼らが埋もれてしまわないような、適切な人数を探しているのです」

また彼は、相互確証破壊による脅威や核戦争への恐怖について、映画における中心テーマの1つに据えたいと考えているようで、
「クールな方法でメタルギアによる恐怖に現実味を持たせる」ため、「多くの作業」を行ったと述べていた。

映画のR指定の可能性について話した際、ボート=ロバーツはどうにかしてコストを低く抑えようとしていることを明かした。
映画の予算を調節することによって、スタジオが「リスキーでいて、全力を注ぎ込んだ、小島さんのようなストーリーを作る」ことに同意することができるからだ。

原作をプレイした時と同じような「感動を人々に伝えられる」映画にしたい、と監督は考えているようだ。彼は実写版『メタルギアソリッド』を「人々が見るにふさわしい」映画だと考えており、彼の考える「理想形の映画」を観客に届けるため、彼は「戦い続ける」ことを強調した。

複雑で、少々大げさなストーリーで知られる『メタルギア』シリーズだが、ボート=ロバーツはこの実写化プロジェクトに自信を持っており、シリーズのファンや映画好きが等しく楽しめる映画を作れると信じているようだ。

http://jp.ign.com/m/metal-gear-solid-theater/27637/news/

この記事への反応

冗談は名前だけにしろ

良いものが作られたらバイオハザード以上のヒットシリーズに成り得ると思うけど、一作目次第だよなぁ

頭に!出るのか

実写版にまともなモノなし。

中年期ビッグボスはヒュージャックマン以外有り得ない。
スネーク役は絶対親日家じゃなきゃ駄目だ

結構いけるな

サイレントヒルみたいに監督自身がファンじゃないとな


METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES + THE PHANTOM PAIN 【Amazon.co.jp限定】メタルギアサヴァイブPC壁紙 配信 - PS4
コナミデジタルエンタテインメント (2016-11-10)
売り上げランキング: 220

コメント

1.とある名無しのオタコム2018年8月9日 07:19
▽このコメントに返信

そもそもがステルスで静かに潜入するのが目的なんだから、映画とは相性悪くないかな?

2.とある名無しのオタコム2018年8月9日 08:07
▽このコメントに返信

ゲームはやった事ないけど、あのキングコングの監督だし期待できるんじゃない?
最近はオタク監督の方がエエもん創るよね、
キャラクター的にも実写にしやすいと思う。

3.とある名無しのオタコム2018年8月9日 10:21
▽このコメントに返信

ラブシーンを入れないでね

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間