相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2018年03月09日 08:39 コメントを見る

iPhoneの2019年モデルではついに画面上部の「ノッチ」が消滅する可能性が浮上

いらねええええ

20180309083439

08

iPhone Xの画面上部にある凹み、または出っ張りの「ノッチ」は多くの人々の関心を集めており、形状を利用したクリエイティブな使い方が示される一方でノッチを消すためのアプリがリリースされるなど、良くも悪くもこの端末を特徴付けているものといえます。しかしAppleはこのノッチをあまり快くは思っていないようで、2019年に登場するiPhoneではこのノッチを完全になくすための対策が取られていると報じられています。

韓国のIT系メディアであるetnewsが報じた内容によると、AppleはiPhone X登場から2年後にあたる2019年に発表するiPhoneにおいて、ノッチを廃止して完全に画面が本体前面を覆う端末の実現に向けた開発を行っているとのこと。etnewsは関係者の証言として「Appleは2019年以降のモデルからはノッチを排除することを決め、関係各社との話し合いを進めています。Appleは、新しいiPhoneを完全なフルスクリーン端末にする方針を立てているようです」というコメントを掲載しています。

ただし、これを実現するためには、物理的に配置しなければならないFace ID用のセンサー類の画期的な扱い方が求められることになります。iPhone Xの上部にはFaceTimeカメラや受話スピーカーのほかにFace ID用の赤外線カメラや投光イルミネーター、ドットプロジェクタなどいくつものデバイスが内蔵されています。技術革新によってこれらを統合したとしても、何らかの方法で赤外線ドットを照射して顔の凹凸を読み取るための装置を配置する必要があります。

etnewsはこの解決策として、「画面に小さな穴を開けてデバイスを配置する」という方法と、「ブラックマトリクス」と呼ばれる構造を用いる方法を挙げています。

今回話題になっているのは2019年に登場するモデルについてのディスプレイですが、それよりも1年早く登場する2018年モデルのiPhoneは合計で3機種になると予測されており、いずれの機種もFace IDを搭載すると予測されています。しかし、基本的には画面のノッチは残されたままになるとみられています。

https://gigazine.net/news/20180308-2019-iphone-no-notch-screen/

この記事への反応

そんなんどっちでもええから安くしろ

中身は大して変化なさそうw

こんなことで一喜一憂するアホが多すぎる。

スマホも、行きつくとこ前で行っちゃった感じかな

顧客には本当は必要のなかったデザイン

そこよりもホームボタンの存続を…


コメント

1.とある名無しのオタコム2018年3月9日 09:25
▽このコメントに返信

それをできてから出したらよかったんじゃね?

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間