相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2014年03月07日 22:08 コメントを見る

ハイテク防具でダメージ測定、武器を扱う総合格闘技実現へ

コレは見てみたいね

20140307193716

24

バットマンとアイアンマンが合体したようなこの姿。これはオーストラリアのユニファイド・ウエポンズ・マスター(UWM)社が開発したハイテクよろい「ロリカ」だ。

古代ローマの兵士が使った防具から名前を取ったというこのよろいは、軽量で柔軟性のある素材を組み合わせて作られている。

Wi-Fiやブルートゥースで周辺の機器と通信する機能を備え、マイクや映像を記録するカメラを搭載。全身52カ所に配した衝撃センサーからのデータは外部のコンピューターに送られる。

ロリカは武器を使う武道家が総合格闘技の試合などで使うことを念頭に、映画『ロード・オブ・ザ・リング』のために2500着以上のよろいを作るのに参加した職人を含むチームが4年をかけて開発した。

武道家からの反響は非常に大きいと、UWMのデービッド・パイスデン最高経営責任者(CEO)は言う。

「武器を使う武道を20~30年やってきた多くの人々に言わせると、これまでは他人に重い傷を負わせることなく真の実力を試せる方法がなかった」

相手から攻撃を受けると、センサーが体のどこにどれほどの衝撃があったかをコンピューターに知らせる。
「ロリカを付けていなかった場合、どのくらいのダメージを受けていたかを計算し、リアルタイムで表示できる」とパイスデンCEOは言う。

これにより、武道の試合の採点を客観的に行うことも可能になる。
UWMは現在、実際にロリカを使って行う格闘技トーナメントの放送に向けて複数のテレビ番組制作会社と交渉中。

パイスデンCEOは「サムライと少林拳の達人を戦わせて、どちらが勝つか見ることもできる」として、試合の実現に向けた意気込みを語った。

http://www.cnn.co.jp/showbiz/35044873.html?google_editors_picks=true


(この記事への反応)

ストームトルーパーの色違いにしか見えない

HPゼロになったら強制的に転倒する機能も付けてくれ

イカサマでダメージ数値水増しとかありそう

コメント

1.とある名無しのオタコム2014年3月7日 22:30
▽このコメントに返信

フェンシングの判定装置は電気式だけどとっくにこれ

2.とある名無しのオタコム2014年3月7日 22:52
▽このコメントに返信

なんだロリか

3.とある名無しのオタコム2014年3月7日 23:03
▽このコメントに返信

動画見たけど、予想以上にちゃちだよこれ。
過度の期待はしない方がいい。

4.とある名無しのオタコム2014年3月7日 23:57
▽このコメントに返信

ネット&トライデント最強説、再浮上の予感。

5.とある名無しのオタコム2014年3月9日 10:21
▽このコメントに返信

フェンシング以上に判定方法が荒れそうだ・・

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間