相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2018年01月22日 15:44 コメントを見る

靴の滑り止め対処法は? →歩きのプロ「バンド型のゴム製のスノースパイクを常備しておけ」

ないわー

20180122153411

201801190185_box_img3_A

201801190185_box_img4_A

朝から雪なら滑りにくい靴で出かけるけれど、外出先で急に雪が降ってきた時に革靴で靴底はツルツル、絶対滑りそう……。という経験はありませんか?
こんな時の対処法を“歩きのプロ”健康ウオーキング指導士の平山貞一さんに聞きました。

まずは滑り止めを常備しておくのが一番

「バンド型のゴム製のスノースパイクを常備しておくとあわてる事がありません。ゴムバンドのような形状で、手軽に靴に着脱できます。それほどかさばらないのでカバンに入れて携帯することもできます。

また、靴底に貼る滑り止めステッカーを1セット用意する手もあります。ただ、これは底がツルツルの靴しか貼れませんし、靴底が濡れているとはがれてしまうこともありますね」(平山さん)

不意な雪でも慌てないためには、あらかじめ滑り止めアイテムを携帯しておくことが第一のポイントになりますね。
滑り止めの用意がない場合

では、こうした滑り止めアイテムの用意がない場合はどうすればよいでしょう?

「まず応急処置としては輪ゴムを使います。太い輪ゴムを靴に巻くことで靴底にひっかかりができます。またバンドエイドも滑り止めステッカーの代わりになります」(平山さん)

「ただし、どちらの方法もあくまでも応急処置だということを覚えておいてください。長持ちはしないので、歩き方を工夫したり、雪のない路面を慎重に選んで歩くことが重要です」(平山さん)

こうしたアイテムを用意しておけば、不意の雪でも緊急対応できます。もちろん雪道の歩き方も大切なので、以下を参考にしてください。

雪道を歩くときの注意点

〈1〉歩幅は極端に狭くして(自分の足のサイズぐらい)一歩一歩慎重に踏み出す。
〈2〉着地は靴底全体でベタ足で踏む。
〈3〉路面の状況をよく見て、滑りにくい道を選んで歩く。

https://weathernews.jp/s/topics/201801/190185/

この記事への反応

雪国の足跡はすり足だからな

雪国在住のうちのばあ様に言わせると、靴の上に靴下を履かせるのが一番滑らないらしい。
試した事は無いので、やるなら自己責任で。

ホームセンターに売ってるじゃん。
スパイクゴムバンド。

100均の麻紐を靴にぐるぐる巻きつけるとええぞ
草鞋みたいなもんや

匍匐前進でおk


今月のランキング

コメント

1.とある名無しのオタコム2018年1月22日 16:50
▽このコメントに返信

5年くらい前困ったから買った、中華通販の安売りでアマゾンの半額以下で買えた
それ以来雪は積もらないしそういう場所にも行ってないけど

2.とある名無しのオタコム2018年1月22日 17:12
▽このコメントに返信

北海道だけど普通にコンビニに売ってる
ただ外で業務でもないとほとんど誰も使って無いし
オバチャンが転ぶに任せているのをよく見る
俺も使ってないけど、車社会なのでそこまで歩かんしな
関東でツルツルのアスファルトを革靴で歩く方が使うかも?w

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間