相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2018年01月13日 11:15 コメントを見る

ジブリ鈴木P「ゲド戦記」秘話明かす!最初は映画化断られ・・・

そりゃそうだろうな

photo01_b8adck2

名前:名無しのオタコム

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/12/kiji/20180112s00041000137000c.html

 宮崎駿監督(77)が多大な影響を受けた米女性作家アーシュラ・K・ル=グウィン氏(88)の傑作ファンタジー小説を原作にしたアニメ映画「ゲド戦記」(監督宮崎吾朗、2006年公開)が12日、日本テレビ「金曜ロードSHOW!」(金曜後9・00)でノーカット放送される。スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが秘話を明かした。

 「魔法」が日常的に存在する多島海世界「アースシー」。人間の住む世界にいるはずのない竜が突然現れて共食いを始め、魔法使いが魔力を失うなどの異常事態が起こっていた。その原因を探る魔法使い・ハイタカ(菅原文太)はある日、エンラッド国王の父を刺し、国から逃げている王子・アレン(岡田准一)と出会う…。

 鈴木氏は「『ゲド戦記』は宮崎駿にとって念願の企画で、実は『風の谷のナウシカ』(84年)の前に原作者のグウィンさんに映画化を申し出ていたんです。でも当時からすれば、どこの馬の骨とも分からない日本人からの申し出…お断りされてしまいました。それが、年月を経て今度は向こうから打診がきた。

細かいことは省きますけど(宮崎駿監督の長男)吾朗くんのデビュー作にいいなと思ったんですよね。『ゲド戦記』の第3巻。年老いたゲドとアレンのやり取りが、僕はいいなと思ったんですよ」と述懐。

「でもグウィンさんの了承はすぐに出なかったんです。望んでいるのは宮崎駿による映画化だったわけですから。そこで、宮崎駿と僕で会って話をすることになったんです。宮崎駿は説得のために色んなことを話していました。

『僕の色んな作品は全部あなたの影響を受けてる!闇との戦い。僕にとってはすごい重要なテーマだった。だけど、それをやるには年を取りすぎた。息子はやりたいって言ってるけど、自分がプロデューサーとして見守るから納得してくれないか』…という感じで。

それを話したのがお昼で、その場では夜もう一度お話をしましょうっていうことになって、夜にやっと返事をもらったんです。分かりましたって」

 宮崎駿監督の絵物語「シュナの旅」(1983年)が原案になった。「実は『ゲド戦記』の映画化を断られた時に宮崎駿が『シュナの旅』っていう絵物語を書いていたんですけど、実際に映画を作るときに吾朗くんに『シュナの旅』を作ったらどうかと提案したんです。

吾朗くんも基本的にはそれを受け入れて、大きくは違ってますけど、流れているものは同じなんですよね」と明かした。

名前:名無しのオタコム

世襲失敗

名前:名無しのオタコム

原作者今頃泣いてそう

名前:名無しのオタコム

酷い話だ

名前:名無しのオタコム

駿は天才なんやから真似できんのやて

名前:名無しのオタコム

バヤオこの頃は息子に希望を持ってたんか


作者、かわいそう・・・
  • Re:ゼロから始める異世界生活 レム バニーVer. 1/4スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
  • モンスターハンター:ワールド (【数量限定特典】防具「オリジンシリーズ」と「追い風の護石」が手に入るプロダクトコード 同梱) 【Amazon.co.jp限定】オリジナルマイクロファイバークロス 付
  • 【PS4】スーパーロボット大戦X プレミアムアニメソング&サウンドエディション【早期購入特典】スーパーロボット大戦X「早期購入4大特典」プロダクトコード (封入) 【Amazon.co.jp限定】アイテム未定
  • Fate/EXTELLA ネロ・クラウディウス & アルトリア・ペンドラゴン 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品 フィギュア

コメント

1.とある名無しのオタコム2018年1月13日 11:22
▽このコメントに返信

この流れって、パヤオが勢いで説得したけど、怖くなって逃げて息子を悪者にしたように見えるんだけど
それか殿ご乱心のふりで良かれと思って息子に振ったか?
.
ともかく、引き受けときながら自分で作らなかったパヤオが悪い、の一言で済む話

2.とある名無しのオタコム2018年1月13日 11:25
▽このコメントに返信

あんなぼんくらに作品怪我されて原作者かわいそう。
ゲド戦記って見てるだけでこっちが恥ずかしくなってくる。こんな駄作そうそう無い。

3.とある名無しのオタコム2018年1月13日 12:00
▽このコメントに返信

その数年前から鈴木Pは駿の後継者を探していた。
何せ社内で才能のある人物は駿とほとんど喧嘩別れをしてジブリを辞めてしまったから
宮崎駿と同等な人材はいないから
そこで息子の吾郎に目をつけた
当時吾郎は公園を作る仕事をしていたが鈴木Pの度重なる説得で監督をする事を決めた
母親から
「頼むから父親(駿)のようにならないで」
といわれるほど宮崎駿がどういった人物なのかを知っていたからだ
だからこそ鈴木Pは父親に潰されることなく監督をできるだろう、と高をくくっていた
その後、駿は息子の監督業にたびたび口をだしたりした事で二人は口をきかなくなった
社内ですれ違っても無視状態
しかも鈴木Pはその事でインタビューされたときには
「悪いことをしたなぁ(笑)」
程度の認識
会社組織として終わってる

4.Googleプラスコミュニティ故障 自動スパム多すぎでやめた2018年1月13日 14:45
▽このコメントに返信

昨日みたら、ヒロインの声が棒で話の中身に集中できなかった。
何度も「下手だなぁ、もっと上手いひとを使えばいいのに」って思ってしまって。
そう思う。

5.とある名無しのオタコム2018年1月13日 15:27
▽このコメントに返信

これは広報向けのコメントだからねえ。
もう削除されたジブリに載ってた制作日記とかだと
やっぱ後継者が誰も居なくて(その間駿のクレームで細田さん降板とか色々騒動)
仕方なく下積み経験も何も無い息子にしたって事らしいからね。
その時の鈴木Pのコメントが「宮さんに文句を言われても平気な人だから」
ってのが主な理由だって。世襲と言うより他の人だと無理だったからw

6.とある名無しのオタコム2018年1月14日 05:14
▽このコメントに返信

原作者騙して息子の箔付けのためにアニメ化させた
ってだけの話をダラダラ文字数費やすなよ

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間