相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2018年01月05日 11:00 コメントを見る

映画興行成績、『スター・ウォーズ』がV3!ガルパンや鋼の錬金術師がまだ粘っている

やってなかったからね

20180105070723

02

4日に発表された2017年12月30、31日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、人気SF映画「スター・ウォーズ」シリーズの最新作「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」(ライアン・ジョンソン監督)が、3週連続で首位を獲得。土日2日間で約30万7000人を動員し、興行収入は約4億7900万円を記録した。

1位をはじめ、トップ10は前週と同じ顔ぶれ。1~4位までは前週と順位も同じで、正月の大作映画がぶつかる熾烈(しれつ)な順位争いが繰り広げられている。「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は、12月29日からIMAX3D版の公開がスタートし、1月5日からはMX4Dと4DXで、現在上映中の[ライトサイド(光)バージョン]に加え、新たな演出で構成された[ダークサイド(闇)バージョン]が公開される。映画館ごとの来場者特典なども実施予定で、さらなる躍進が期待できそうだ。
累計興行収入は、44億9600万円を突破している。

2位の「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」(ウシロシンジ監督)は、土日2日間で動員は約13万1000人、興行収入は約1億5000万円を上げ、累計興行収入は12億2000万円を突破。続いて、「8年越しの花嫁 奇跡の実話」(瀬々敬久監督)が約11万7000人を動員し、興行収入は約1億5300万円を記録して3位にランクインした。累計興行収入は14億円に達している。4位のDESTINY 鎌倉ものがたり」(山崎貴監督)は、土日で動員が約10万5000人、興行収入が
約1億3900万円で、累計興収は17億6500万円を突破した。

 1位 スター・ウォーズ/最後のジェダイ
 2位 映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活
 3位 8年越しの花嫁 奇跡の実話

 4位 DESTINY 鎌倉ものがたり
 5位 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイド with レジェンドライダー
 6位 オリエント急行殺人事件
 7位 未成年だけどコドモじゃない
 8位 ガールズ&パンツァー 最終章 第1話
 9位 鋼の錬金術師
 10位 カンフー・ヨガ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00000022-mantan-ent

この記事への反応

ライバルがいなくて良かったな

44億か
1月明けてからはもうここからあまり伸びなさそうだな

この中だと1位とほかに4、6、8、10を観たな。8位のガルパンが一番面白い

オリエント急行はミッシェル・ファイファーが
凄まじく美しい。


【Amazon.co.jp限定】打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(オリジナル特典:「描き下ろしイラスト使用 なずな等身大タペストリー(キャラクター:なずな)」付)(完全生産限定版) [Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(オリジナル特典:「描き下ろしイラスト使用 なずな等身大タペストリー(キャラクター:なずな)」付)(完全生産限定版) [Blu-ray]

アニプレックス 2018-04-18
売り上げランキング : 623

Amazonで詳しく見る

今月のランキング

コメント

1.とある名無しのオタコム2018年1月6日 00:41
▽このコメントに返信

ガルパンの上映館数の桁が違う(笑)

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間