相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2017年12月31日 12:00 コメントを見る

お買い得感や体験度スゴすぎる福袋5選、“福袋”をもう一度見直すべきだろ・・・

福袋とは

20171231073408

年を追うごとにヒートアップしている福袋商戦。近頃の福袋は、振り切ったお買い得感のあるものや、体験型(コト消費)をウリにするのがトレンド。今回は首都圏のショップで、その路線を踏襲しつつ話題性の大きいものを、5店紹介する。

■ラフォーレ原宿

2017年に開業39周年を迎えたのにちなみ、元旦の初売り日は「サンキュー(39)袋」を大々的に販売するのがラフォーレ原宿。金額もこれにならい、税込みで390円あるいは3900円で販売。中には7万円相当の商品を390円に設定したものもあるそうで、お得感は非常に高い。

このほか、透明の袋に入って中身を確認できる『見える・選べる福袋』や、ラフォーレ原宿でのみ買える商品を詰めた『らふぉーれ限定福袋』など、コスパの点で申し分のないラインナップを取り揃える。

■サンシャイン水族館

サンシャイン水族館では毎年元旦に、併設ショップ『アクアポケット』にて福袋を販売しているが、今回は開業40周年を迎えるとあって力が入っている。

ここでは、約8000円相当のオリジナルグッズなどが入った福袋150個を3780円で販売するが、そのうち40個には当たりくじが入っている。当たりを引くと、コツメカワウソのやまと君との握手、アシカトレーナー体験、ガンギエイの干物(観賞用で食べられない)、ナヌカザメの卵の標本といった水族館らしい体験・品々をもらえる。

01-170-300x225

■西武百貨店渋谷店

2018年正月は、流行語「インスタ映え」を意識した福袋に注力するのが西武渋谷店。中でも最もインスタ映えしそうなのが『非日常、渋谷を人力車で巡る福袋』。1組2名の限定販売で、人力車に乗って明治神宮や北谷稲荷などの神社を訪問するというもの。途中、高級鉄板焼きレストラン『表参道うかい亭』でランチがあり、締めくくりに渋谷駅前交差点を背景に記念撮影する。

02-172-300x200

また、コスパの点で魅力的なものとしては、ストップウォッチを9.9秒で止められたらメンズソックス約1万円相当の詰め放題ができる「夢の9秒台、体感福袋」(1080円)や、約15万円相当のスーツ2着が5万円で買える「忖度しますスーツ福袋」など様々な商材を格安展開する。

■東武百貨店

百貨店発の体験型福袋の1ジャンルとして「ウェディング福袋」がカップルに人気だが、東武百貨店は、東武鉄道のSL『大樹』で結婚式を挙げるという、ひとひねりの入った体験型福袋を提供する。

カップルは、昭和レトロ風な鉄道制服を着用して人前式にのぞみ、駅長立会いのもと結婚証明書を進呈したのち、1両貸し切りで鬼怒川温泉駅近くの日光金谷ホテルに移動するという流れ。応募期間は年末年始に限られるが、実際に利用するのは2018年のSL運行日の大安であればいつでもOKとのこと。カップル1組限定で、値段は20万1800円なり。

03-163-300x225

このほか、池袋本店では『立喰い寿し すしつね』で60分間食べ放題できる福袋を、1組2名限定で2018円にて提供する。ふだん口にしない高級魚ばかりを注文してもよく、威勢のよい年始を迎えられそうだ。

■松屋銀座

2018年正月は、約3.5万個の福袋を用意する松屋。非公開の部分が多いが、今回は例年以上に体験型福袋を充実させるという。例えば、元陸上競技選手の為末大のスクールで、本人の指導を受けられ、シューズ引き換え券も付いた福袋が2万円(小学生が対象)。また、カジュアル服やファッション雑貨など6アイテムと、ジムでの3Dスキャン測定やパーソナルトレーニングを受けられる体験が付いた「国民的彼氏をつくる福袋」(2万7000円)など、比較的リーズナブルな体験型福袋がある。

https://dime.jp/genre/492279/

この記事への反応

ただの在庫処理だろ
課金ガチャと変わらんわw

ヨドなんかは他よりはいいけど昔に比べたら最近はいまいち出しなあ。

普段から安くしろ
っていうの

カワウソですら一人3700円の握手券か

好みの物が無ければゴミ袋(´・ω・`)

ミスド一択


コメント

1.とある名無しのオタコム2017年12月31日 12:45
▽このコメントに返信

中身を教えろ勢の声>>中身分からないほうが良い勢の声
なんだから何もおかしくない。嫌なら声上げろ。

2.とある名無しのオタコム2017年12月31日 16:00
▽このコメントに返信

一方、秋葉では年も明けてないのに鬱袋。

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間