相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2017年11月01日 09:00 コメントを見る

Xiaomiが“スマホ版PUBGのような”ゲームを正式リリースwwwww

そのまんま

20171101061614

3_l

Xiaomi(小米)が提供するスマートフォン向けシューティングゲーム「小米槍戦」が、このたび「PLAYERUNKNOWN’SBATTLEGROUNDS」(PUBG)のバトルロイヤル方式を取り入れ、10月30日に正式サービスインした。

全世界的なブームとなっているPUBGだが、プレイヤーの多くは中国人であり、カジュアルなeスポーツとして中国ゲーマーの間で浸透してきている。そのため、PUBGに似たシステムのゲームの開発やリリースが後を絶たない。ことスマートフォンに関しては、(金銭的な問題で)PUBGを快適にプレイ可能なハイエンドPCを購入できない学生に対してリーチできる可能性が高いため、多くの企業が積極的な姿勢を示している。

筆者も小米槍戦を試しにプレイしてみたが、小さな島でプレイヤーをマッチングするところからはじまり、その後航空機で大きな島に移動、スカイダイビングで好きなところにダイブし、建物構内から武器などを拾い、縮小していく生存可能な戦闘エリア内で空爆をかわしつつ相手を倒すシステムは、PUBGそのものだった。

PUBGのシンボルとも言える「フライパン」はもちろんのこと、防弾チョッキやヘルメット、バックパックと言った装備に至るまで再現されている。なお、エイミングのアシストといったスマートフォンでの操作に特化した最適化も取り入れられているようだ。1つのマップの最大参加人数は60人となっている。

小米槍戦は、Xiaomiのアカウントさえ作成すれば誰でも参加可能だ。ただプレイできる端末は限られており、基本的にミドルレンジ以上SoCを搭載したXiaomi、Huawei、Samsung、Vivo、Meizu、ソニー、Oppo、Nubia、OnePlus、LeeCo、Lenovo、Motorola端末となっている。

サービス開始直後ということもあり、サーバーが若干不安定なようで、30日より断続的に臨時メンテナンスが行なわれている。ちなみにサーバーはKingsoft傘下のクラウドサービス「金山雲」、ゲームエンジンは「Unreal Engine 4」を使っている。

先日ご紹介した中国ゲームパブリッシャー「網易遊戯」がリリースした「終結者2:審判日」にもバトルロイヤル要素があるのだが、こちらはまだベータテスト中であり、10月31日現在も、参加するためにはいくつかのアンケートに答えて抽選に当たる必要がある(ちなみに筆者は当選しなかった)。11月2日のアップデートにより、低スペックのスマートフォンでも使えるようにするほか、ゲームエンジンを抜本的に見直し、グラフィックスのディテールが向上するとしている。

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1089129.html

この記事への反応

スマホでやってもつまらんだろ

プレイできる端末限られ過ぎてて人いないだろ

中国土人はまたパクりかよwwwwwwwwwwwwwwwwwww

シャオミて採用試験の時、学生に日本語勉強してる奴はアダルト部門に行けとか言った会社だっけ?w


コメント

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間