相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2017年08月31日 12:00 コメントを見る

パイオニア、カロッツェリアのハイレゾ音源再生対応パワーアンプ「PRS-D800」10月発売!車内でハイレゾの意味

いるか?w

20170831064737

01_s

02_s

パイオニア、カロッツェリアのハイレゾ音源再生対応パワーアンプ「PRS-D800」10月発売 – Car Watch

2017年10月 発売
3万5000円(税別)

パイオニアは、ハイレゾ音源再生に対応したパワーアンプ「PRS-D800」を10月に発売する。価格は3万5000円(税別)。

PRS-D800は250W×2のブリッジャブルパワーアンプ。主な仕様はチャンネル数2ch、定格出力は125W×2(4Ω)/150W×2(2Ω)/300W×1(4Ω)、最大出力は250W×2(4Ω)/600W×1(4Ω)。

ハイレゾ音源の豊かな空気感、臨場感を再現するため、高音質パーツを採用するとともに独自のノウハウに基づいた音響チューニングを施した。また、歪みが少なくスピード感あふれる音楽再生を実現するために、入力(アナログ)信号からPWM(パルス幅変調)信号を生成する回路部に、上位機種で使われているリニアテクノロジー製「高性能ハイスルーレートオペアンプ」を採用した。

取付寸法は255×104×50mm(幅×奥行き×高さ)とコンパクトな設計として、スピーカーシステムに合わせてアンプを複数台設置する場合でも、シート下など、車室内のさまざまな場所への設置が可能という。

PRS-D800の主な仕様
チャンネル数 2ch
定格出力 125W×2(4Ω)/150W ×2(2Ω)/300W×1(4Ω)
最大出力 250W×2(4Ω)/600W×1(4Ω)
高調波歪率(4W、1kHz) 0.00%
SN比 105dB
周波数特性 10Hz~50,000Hz(+0dB、-3dB)
消費電流 23A
負荷インピーダンス 4Ω(2Ω~8Ω)
入力レベル 400mV~6.5V
取付寸法 255mm(W)×104mm(D)×50mm(H)
質量 1.6kg

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1078284.html

この記事への反応

ワゴンRとかに無駄に付けちゃうんだろ

Wi-Fi内臓のカーステってないんかな。。
欲言えばusbで色んなコーデック再生ができるのがほしい。
1dinでさ。。

うるさい車内でハイレゾ音源再生する意味は?
電気自動車専用ってこと!?

壁や床が薄い住宅量産されているから
自動車内くらい大音響で聴かせて欲しい
みたいな

プレイヤーはいつになったら出るんだ

で、リアシェルフのスピーカーに書かれた「Carrozzeria」のロゴは、ブレーキライト連動なんだろうな?

騒音だらけの車内でハイレゾて

コメント

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間