相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2017年08月02日 23:30 コメントを見る

映画『ワンダーウーマン』の日本版イメージソングに選ばれた乃木坂46にファンから疑問の声

ワロタ

20170802202325

「ワンダーウーマン」日本版イメージソング 乃木坂46「女はいつだって一人じゃ眠れない」にファンから疑問の声

8月25日に公開を控える映画「ワンダーウーマン」の日本での宣伝内容に、ファンから疑問の声が集まっています。

「ワンダーウーマン」は人気アメリカン・コミックを実写化したもので、主人公はガル・ガドットさんが演じるアマゾン族のダイアナ。ダイアナが生まれ育った島には女性しかおらず、彼女はそこに流れ着いた男性スティーブ・トレ
バー(クリス・パイン)との出会いをきっかけに外の世界に飛び出ることを決意。第一次世界大戦中のロンドンを舞台に、大戦終結に向け最強の戦士“ワンダーウーマン”として活躍するという筋書きです。

問題となっているのは乃木坂46が歌うイメージソング「女は一人じゃ眠れない」。ワンダーウーマンといえば強い自立した女性という印象が強いですが、今回発表されたイメージソングは恋心が邪魔をして眠れないというセンチメン
タルな心情を歌ったもの。特に秋元康さんが手掛けた歌詞「女はいつだって一人じゃ眠れない(恋が邪魔をしているよ)」という部分は作品のメッセージから外れるとして、作品ファンから批判を集める結果となりました。

具体的な歌詞や歌の内容が明らかになったのはMVが公開された7月26日以降ですが、映画評論家の町山智浩さんは曲名が判明した7月中旬から、「正反対のメッセージじゃないの?」「『ワンダーウーマン』さえも“女は男がいないと
ダメ”という方向にもってっちゃうのか」と批判的なツイートを投稿し、疑問を呈していました。

町山さんにツイートの真意を訪ねたところ、作品内容とイメージソングの関係性について、次のような説明がありました。

“『ワンダーウーマン』という映画とあまりに正反対の曲名にがっかりしたからです。映画『ワンダーウーマン』は『ローマの休日』を基に「生涯にただ一度の真実の愛を通して人類愛(ヒューマニズム)にいたる物語」です。だから
オリジナルのシーアの主題歌は「人間であることは愛すること」という歌詞なのです。「女はひとりで眠れない」という言葉の生臭さとまったく逆のテーマなんです。”

また、歌詞そのものについても

“歌わされる彼女たちがかわいそうです。50歳を過ぎた男性が若い女性に「女ってのはひとりで眠れないんだよ」と言っている姿を想像してください。うっかりすると自分もそういうキモいおっさんになりがちなので自戒を込めて。”

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170802-00000034-it_nlab-ent

この記事への反応

握手か炎上しかないのか

こりゃシンプソンズの吹き替え変更のときぐらいの騒動になりそうだな。

ワンダーウーマンといえば愛の冒険者だろ

バットマンVSスーパーマンが想像以上のクソだったから、アレ以下には何をどうしてもならんよ
剛力が全ての吹き替えしても無理

まあ、映画自体が金かけたお遊戯会みたいな題材だから
どーでもいいんだけど

コメント

1.とある名無しのオタコム2017年8月3日 02:45
▽このコメントに返信

マジでやめろ。
(ワンダーウーマンの)ファンに謝れ。

2.とある名無しのオタコム2017年8月3日 04:26
▽このコメントに返信

イメージソングなら構わんだろう
流れないんやろ?流れるの?
まあ強そうな歌手がいいよな

3.とある名無しのオタコム2017年8月4日 09:22
▽このコメントに返信

雨混みには絶対あわない

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間