Sorry. No data so far.

相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2017年07月17日 11:00 コメントを見る

「ひとり」でいるほうが良い3つのメリットがこれwww惑わされないwwww

デメリットの方が

20170717063301

00

一般的には、孤独にはネガティブなイメージで語られる面があります。その筆頭が「寂しい」イメージですが、「ひとりは寂しい」という一方的な感情を、私たちは幼い頃から他人に刷り込まれてしまってはいないでしょうか。

私は現在、何よりも自由という喜びを感じています。その自由には、責任の所在も含まれています。
いいことも悪いことも自分の責任である、ということが心地いいのです。
これは「自立」と言い換えることもできるかもしれません。

日々のすべてが自分の裁量というのは大きいことです。時間の使い方にしても、お金の使いみち、食事の選択にしても、すべてが自分の裁量にまかせられているのはありがたいものです。

もっとも、病院に勤務していた時にも、直接干渉されるようなことはありませんでしたから、昔から自由にしていたといえばそうなのですが。

しかし、何といっても、ひとりの時間の思考には一切の遠慮がいりません。すべてを自分本位に考え、素直に感じることができます。自分にどこまでも正直になれます。

いつも自分は大勢でいるから孤独ではない、と言う人がいますが、そういう人に限って自分が孤独である事実を見ないようにしています。

ひとりでいても、心が孤独でない人はひとりではありません。逆を言えば、大勢といても決断を下す時はひとり、あるいはそこに寂しさを感じたら孤独です。独居をしていても、ひとりという感覚がないという人もいるでしょう。

つまり、孤独とは、ひとり暮らし、家族がいない、友人がいない、といった状況を指すのではなく、寂しさを感じているといった心の在り様を指すわけです。ここでは、物理的なひとりだけではなく、大勢の中にいても感じる孤独を含めた広い意味での心の在り様も示す言葉として、「ひとり」を使うことにします。

ひとりであるという自由な状態をありがたいものと受け止めて、あるがまま、ありのままに「ひとり」を楽しんでいる時こそ、「没我」に、そしてこの中今を生きることにつながるのです。

ひとりの時間の3つのメリット
ひとりの時間のメリットには、次の3つがあります。

(1)惑わされない
(2)自由に考えられる
(3)自在に動ける

http://diamond.jp/articles/-/134969

この記事への反応

実際は一人では行きににくい場所、入りにくい店はたくさんあるので自在に動けるというのは嘘。

多くを語ることで却ってみじめさが滲み出てるぞw

寂しいから独りがダメなんじゃない
責任を負わない気楽さが、人間をダメにするからダメなんだろ

一人暮らしの方がストレスが少ない。平安時代の通い妻制度の方が良いわ。

あんまりこういうことを深く考えてると病みそう


ようこそ実力至上主義の教室へ トモセシュンサク Art Works
トモセ シュンサク
KADOKAWA (2017-09-23)
売り上げランキング: 4,363

コメント

1.とある名無しのオタコム2017年7月17日 11:42
▽このコメントに返信

人の手を借りたい所は一人ではない方が良い
人の手が必要ない所は一人でも良い
一人で何かに没頭したい時は当たり前だが一人の方が良い

2.とある名無しのオタコム2017年7月17日 11:58
▽このコメントに返信

主張にはおおむね同意だけど話がくどい。
もっと楽に生きようよ。

3.とある名無しのオタコム2017年7月17日 16:38
▽このコメントに返信

一人の方がいいとかくどくいちいち理由付ける必要はないと思う。
ただ、やれ良い人いればもっと楽しいだのと
「一人でいるのはよくない」を押し付けてくるのはほっとけとは思う。

4.とある名無しのオタコム2017年7月17日 19:33
▽このコメントに返信

茨木のり子の「一人は賑やか」という詩がいいぞ。
検索すると全文読めるから是非読んで欲しいです。できれば音読してほしいかな。

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間

Sorry. No data so far.