相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2017年06月30日 19:01 コメントを見る

iPhone発売から今日で10年!薄れる革新、揺らぐ優位でも日本で根強い人気

もう10年かよ

Steve_Paul_Jobs_and_his_Apple_iphone_1366x768

名前:名無しのオタコム

iPhone発売10年=薄れる革新、揺らぐ優位―日本で根強い人気
6/28(水) 16:21配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00000063-jij-n_ame

 【シリコンバレー時事】米アップルがスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」を発売してから米国時間29日で10年。

 アイフォーンはスマホ市場に革命を巻き起こし、日本などで高いシェアを誇る。ただ、市場の成熟とともにアップルの優位は揺らぎ、消費者が期待する革新性は薄れている。

 「アップルは電話を『再発明』する」。2007年1月、当時のスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)は、デジタル音楽プレーヤーとインターネット端末、携帯電話の機能を統合した新製品の発表会でこう切り出した。

 今では当たり前になったタッチパネル式画面は、直感的な操作をもたらした。使いやすさとキーボードを取り払った洗練されたデザインで、ジョブズ氏の言葉通りスマホ市場の景色を一変させた。

 今なお根強い人気を誇るのは日本市場だ。調査会社MM総研によると、16年度のメーカー別のスマホ出荷台数でアップルは52.7%を占め、2位のソニー(15.2%)を大きく上回った。

 日本の電子部品メーカーにとっても重要な収益源で、液晶大手のジャパンディスプレイ(JDI)は連結売上高の5割以上をアップルから稼ぐ。三菱UFJリサーチ&コンサルティングの小林真一郎氏は「アイフォーンによる電子部品生産の押し上げ効果は大きい」と指摘する。

 ただ、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」の台頭で、同OSを搭載する韓国サムスン電子製スマホなどとの競争が激化。11年にはアイフォーン生みの親であるカリスマ経営者ジョブズ氏が死去した。

 累計販売は16年7月に10億台を記録したものの、真骨頂である革新性は薄れたと言われて久しい。今秋発表するとみられる新モデルで復活ののろしを上げることができるか。世界中が見守っている。 

名前:名無しのオタコム

iPhone飽きた

名前:名無しのオタコム

アクセサリーが多いのだけは羨ましい

名前:名無しのオタコム

でもやっぱりiPhoneだね

名前:名無しのオタコム

アップルって現金20兆円以上持ってるんでしょ?
なんか新しいもの開発しろや

名前:名無しのオタコム

ジョブズ死んでからプレゼンがいまいちなんだよな。
マスコミで露出度の高い企業のトップがいなくなると宣伝力に影響出過ぎる。


今月のランキング

コメント

1.とある名無しのオタコム2017年6月30日 19:11
▽このコメントに返信

ライトニングケーブルが高い上に断線しやすいのは勘弁してほしい

2.とある名無しのオタコム2017年6月30日 22:48
▽このコメントに返信

iPhoneはいいからiPodの新しいの出せや

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間