相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2017年06月29日 08:00 コメントを見る

米メディア「任天堂、ミニスーファミ販売は『年内限定』か」

うわあああああ

20170629045115

01

任天堂は今年10月に日本で「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」(以下、ミニスーファミ)を発売することをアナウンスした。

米国ではSNES Classic Editionと呼ばれるこのマシンの発売に際し、多くのゲームファンを心配させているのが、果たして十分な数が市場に出回るのかという疑問だ。昨年、NES Classic Edition(日本では「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」)が発売された際には多くのファンが入手できないまま放置された。

任天堂は今回のミニスーファミの発売に際し、良いニュースと悪いニュースの両方を出している。米国では9月29日に79.99ドルで発売されるミニスーファミは任天堂によると「前回のモデルよりも大幅に供給量を増やす」というから、これは良いニュースに違いない。

悪いニュースというのは任天堂が同時に「2017年以降の生産継続に関して保証はできない」と宣言したことだ。これは、つまりミニスーファミを買いたい人は発売から3ヶ月以内に購入しないと、その後は一切入手できなくなる可能性が高いということだ。

これは奇妙な話にも聞こえるが任天堂は前回のNES Classic Editionを発売後、数ヶ月で生産中止にしており、その理由を会社側の「リソース不足」だとしていた。今回、ニュースサイトKotakuの取材に任天堂は「スイッチや3DSの製造にリソースを集中したい」と述べており、今回のミニスーファミはゲームファン向けの特別プレゼント的な位置づけであることを言明した。以下が任天堂のコメントの一部だ。

「コレクター向け」の製品という位置づけ

「当社は明確な生産台数は公開しないが、SNES Classic Editionの発売にあたり、前回のNES Classic Editionと比較すると大幅に生産台数を増加させる。SNES Classic Editionは9月29日から2017年の最終日までの出荷を予定している。現時点では2018年以降の出荷に関してはコメントが出来ない」

上記のコメントに続けて、任天堂はスイッチや3DS関連の製品に全力を注ぎたいという意向や、SNES Classic Editionに関しては「任天堂の過去のコンテンツに関心を持つ、ファン向けの記念モデルである」との認識を示した。

https://forbesjapan.com/articles/detail/16749

この記事への反応

それはそれでいいんじゃね?

これが嘘でしばらく販売続けて転売ヤーを殺す作戦だな

収録rom少なすぎ
値段そのままで50本入れろ

リソース不足とか甘えたことぬかしてんじゃねーぞ。設備投資しろや。

品薄商法かまた

別に完全受注生産なら文句ないわ
予約の時点で売り切れたら糞やけど


コメント

1.とある名無しのオタコム2017年6月29日 08:20
▽このコメントに返信

64版も出して

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間