相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2017年06月19日 12:00 コメントを見る

自宅やカフェで働けるリモートワーク導入で社員の3割が「サボる自覚」!喫煙者とゲーマーは危ない!

まぁそうなるよね

20170619064936

06

「働き方改革」が進む中で、注目を集める「リモートワーク」。これは仕事を行う環境を各自に委ねるというもので、社員は出社を義務付けられず、自宅やカフェなどで働くことができるのが大きな特徴だ。

リモートワークによる恩恵は少なくなく、「家族と触れ合う時間の増加」「通勤時間の節約」「満員電車で疲れない」「痴漢冤罪被害に遭わない」「オフィス・設備にかける費用の節約」などがあげられる。

だが、一方で大きなデメリットも。それは「社員の勤怠管理が困難で、部下の労働の実態を管理職が把握しきれない」ことだ。この点についてしらべぇ編集部では調査を行なった。

■3分の2は普通に仕事をする

しらべぇ編集部が全国の20~60代の有職者の男女623名に調査を行なったところ、「リモートワークが認められても、自分はサボってしまうだけだと思う」と答えた人は35%という結果に。

3人に1人が「上司も同僚も見てないし」と仕事を手抜きしてしまうようだが、逆に考えれば誰も見ていなくても3分の2は真面目にタスクをこなすとのこと。

■高年収者はサボらない

次に年収別で見ていくと、年収1,000万円以上がもっとも該当率が低い結果に。監視の有無に関係なく普段から自分を律することができているからこそ、高い収入につながっていると推測できる。

■喫煙者とゲーマーには注意?

特徴別に見ると、喫煙者は約半数が「自分ならサボるだけ」と回答。業務時間中の「タバコ休憩」が聖域的に黙認されている彼らだが、誰もいないとより多くタバコ休憩を取ってしまい、「仕事にならない」状況になるのだろうか。

また、ゲーマーの人も半数以上が「サボる」と回答。やはり、こっそりとゲームをするのだろうか。

■「リモートワーク」は色んな意味で未来の働き方

上記のように問題点も多いこの新しい働き方だが、導入する意義は非常に大きいと言える。なぜなら、業務時間内は会社に必ずいてくれる社員しか認めないことは、能力はあるものの長時間働けない人を雇用しないことにつながるからだ。

主婦やシングルマザーなどの力を活用し、「女性が活躍できる社会」を創るという意味でも、普及が望まれる働き方だろう。

いくら日本人が勤勉と言えども、サボってしまう人が出てくるのはある意味仕方のないこと。

しかし、そこで諦めるのではなく「より良い勤怠管理システムはないか」「人によって働き方を変える柔軟な人事制度はできないか」など、発想を深めていくことが求められているのではないだろうか。

https://www.news-postseven.com/archives/20170618_565501.html

この記事への反応

労働時間ではなく、成果で評価をしていかないとね。
誰かの成果が顧客から高い評価を得ても、それが何故だか判らん連中も多いのだが。

セキュリティの問題で、自宅の決められたパソコン以外禁止とかになるんじゃないかな

喫煙者とゲーマーは殺せ

午前だけ在宅とかで満員電車を分散するとか、週一、二くらいで良いと思う
毎日のようにリモートワークさせたら日本人はさぼる奴がもっといそうだ

これの大変な所は、
仕事振る方が高能力求められる所だな
サボりもせず成果も挙げられるくらいの明確なタスク振れないと、
人によってはパフォーマンスが無駄になるし、或いはこなせずに逃げられる可能性もある
日本はこういう管理層はまず大手も殆ど育ってないので、
導入するとサボられるか過剰工数で達成できずに、計画破綻するだけだろうな


放課後は、異世界喫茶でコーヒーを (ファンタジア文庫)
風見鶏
KADOKAWA (2017-06-20)
売り上げランキング: 5,975

コメント

1.とある名無しのオタコム2017年6月19日 15:15
▽このコメントに返信

別にやる事やったらサボろうが何しようが構わんだろ
給料変わらない癖にテキパキ終わらせたらもっと仕事やれとか抜かす形態の方が頭おかしい

2.とある名無しのオタコム2017年6月19日 15:18
▽このコメントに返信

インターネットの発展したこのご時世で
PCでやれるような仕事をわざわざ会社にこさせてやらせるのが時代遅れの遺物すぎる
かといって在宅ワークはもうやりたい放題の奴隷労働ゴミ報酬ばかりだし
ほんと日本はクソみたいな国だ

3.とある名無しのオタコム2017年6月19日 20:31
▽このコメントに返信

開発業務に携わっていると社外秘の資料だらけなんで、在宅なんて無理。

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間