相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2014年02月11日 08:07 コメントを見る

英FT紙「安倍氏のナショナリズムが心配な方向へ」

中国に飲まれてるな

20140211010240

1 名前: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 投稿日:2014/02/11(火) 00:22:46.82 ID:???0

17

★安倍氏のナショナリズムが心配な方向へ FT社説
フィナンシャル・タイムズ(翻訳gooニュース)2014年2月10日(月)22:25 (翻訳・加藤祐子)

日本の公共放送を抑圧しようとするのは嘆かわしい。
アベノミクスの原動力のほとんどは中国からきている。日本経済を復活させようという大胆な作戦は、力をつけて台頭する中国への警戒心があればこそのものだ。 積極的に自己主張する新興中国を恐れるからこそ自民党は、声高に愛国的な安倍晋三氏に頼ったのだし、中国台頭を恐れるからこそ多くの日本人は鼻を抑えながらでも 安倍氏に投票したのだ。中国について同じように危機感を抱くからこそ、安倍氏自身も、15年にわたる日本の不況をなんとかして、自国利益を守ることのできる豊かな国を作らなくてはならないと確信するに至ったのだ。安倍氏は、戦争中の残虐行為について日本だけが不当に特別扱いされ批判されていると考える歴史修正主義者だ。それでも安倍氏は最初のうちは、経済改革案を立ち上げて軌道に載せるまでは、経済対策に専心していた。しかし自分の政権が2016年まで続く見通しとなり、就任から1年以上たった今、安倍氏は自らのナショナリストな政策課題(アジェンダ)をより強力に推進している。そしてそれは、日本の民主主義にとって心配な意味合いを伴っているのだ。

昨年12月に安倍首相はアメリカ政府の助言に逆らい、外交上の分別をも無視して、問題になりがちな靖国神社を参拝した。その結果、中国政府との対話の可能性は一気に後退。もしかすると韓国との対話の可能性さえ損なった。

靖国参拝の前には、安倍政権は実に厳しすぎる秘密保護法を強引に成立させた。確かに安全保障と言論の自由の間には常に一定のバランスが必要だ。しかし日本の法律は秘密を重視しすぎている。

特定秘密保護法に対する人々の疑心暗鬼は、NHKに対する首相の態度でますます強くなった。
安倍氏はかなり不器用なやり方でNHKを抑え込もうとしているからだ(NHKは日本のBBCに相当する公共放送)。NHKは12月、籾井勝人氏を新会長に選んだ。そしてその籾井氏は「「政府が『右』と言っているものを、われわれが『左』と言うわけにはいかない」と発言。(以下略)
http://news.goo.ne.jp/article/ft/politics/ft-20140210-01.html

4 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2014/02/11(火) 00:24:45.80 ID:pyGrSF6N0

移民に洗脳される日本人社会を心配してくれやイングリッシュ

5 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2014/02/11(火) 00:25:53.91 ID:ocNc3dHS0

>NHKは日本のBBCに相当する公共放送
どっちも酷い偏向だなw

7 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2014/02/11(火) 00:28:21.93 ID:1dR5NpKm0

英FT紙はナショナリズム煽りに必死だな

8 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2014/02/11(火) 00:29:24.81 ID:qvyp58550

イギリスはどの口でそんなこと言えんのかな

9 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2014/02/11(火) 00:30:48.77 ID:WR+7+trS0

日本のせいで東南アジアの領土を全て失った大英帝国さんチィーッス

10 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2014/02/11(火) 00:31:35.23 ID:fuOo7cHL0

日本は、チェンバレンの失敗を教訓にしている。

11 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2014/02/11(火) 00:31:40.35 ID:l658f4WY0

マスコミはとっくの昔に死んだ
どこの国もだw

12 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2014/02/11(火) 00:33:42.17 ID:O8KKSn6f0

核兵器持って成文憲法が無い英国に言われたくないな(笑)
それよりスコットランド独立の方を気にしたら(笑)

14 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2014/02/11(火) 00:35:54.39 ID:4jg2Tr8N0

中国共産党に言うべき言葉だろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

15 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2014/02/11(火) 00:36:05.06 ID:7Pmkkqzl0

イギリスの三国洗脳され具合が心配ってか。
いつものファイナンシャルタイムズなら、英国人も偽装三国人のネタだと流すかね。

16 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2014/02/11(火) 00:36:18.60 ID:Zqkb0yWS0

中国人にいくら貰って書いたんだろう

19 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2014/02/11(火) 00:38:14.59 ID:XKWwcaNv0

今までの日本の実情を知らなすぎるから
そんな事が言えるんだよ。
情報駄々漏れのスパイ天国がいい国なのかい?

21 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2014/02/11(火) 00:38:32.08 ID:7Pmkkqzl0

英国FTって米国でいうNYTの印象しかないが。
どっちが朝日新聞でどっちが朝鮮日報なのか迷うレベルの三国機関紙。

22 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2014/02/11(火) 00:38:55.69 ID:4jg2Tr8N0

スコットランドが独立しそうなんだけど、
FTは反対記事でも書くのかwwwwwwwwwwwwww

23 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2014/02/11(火) 00:39:29.12 ID:Dc+oLPpqP

なんで日本より厳しい秘密保護法やスパイ法を持ってる
お前らにそんなこと言われなきゃならないんだよ。
西の海にずっと沈んでろ。

24 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2014/02/11(火) 00:39:44.90 ID:NyDYKQ3T0

日本はスコットランドの独立を支持します

25 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2014/02/11(火) 00:40:18.86 ID:Q06YLWsO0

アメリカもイギリスもオワコン

26 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2014/02/11(火) 00:41:17.17 ID:WO1yXRiJ0

>しかし日本の法律は秘密を重視しすぎている

ほんとかよ

27 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2014/02/11(火) 00:41:56.06 ID:w5xpt+xE0

実地取材抜きで論評。まさしくアサヒってる。
FTの記者ならオレにもやれそう。

28 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2014/02/11(火) 00:42:04.19 ID:ifdqxBA90

いちいち反論すんのも面倒くせぇ。
ほんとに軍国主義に回帰して軍拡すればコイツラ黙るかな。

29 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2014/02/11(火) 00:42:15.09 ID:1SsUonYd0

小泉のときに毎年参拝してたのは忘れてるんですか?
なんか日本がはじめて参拝したみたいな大騒ぎだけど

31 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2014/02/11(火) 00:42:37.58 ID:jTWbhG7N0

日本が正常になったと喜んでほしいが
欧米のダブルスタンダードには呆れる

コメント

1.とある名無しのオタコム2014年2月11日 09:34
▽このコメントに返信

シロンボ共のゲスさは異常
自分たちに都合の悪いことは全部棚上げしていちゃもんつけてくるからな

2.とある名無しのオタコム2014年2月11日 09:51
▽このコメントに返信

>安倍氏は、戦争中の残虐行為について日本だけが不当に特別扱いされ批判されていると考える歴史修正主義者だ。

被害を過剰に言ってその部分に反論すると「修正主義だ」と言うのが中韓のいつもの手なんですよw

3.とある名無しのオタコム2014年2月11日 10:16
▽このコメントに返信

アヘン戦争すら学校で教えなくなったエゲレス人(笑)
そのアヘン戦争の原因自体、支那の高慢チキなクソ態度が原因なんですけどねw

4.とある名無しのオタコム2014年2月11日 11:40
▽このコメントに返信

白豚は基本的に下衆

5.とある名無しのオタコム2014年2月11日 12:54
▽このコメントに返信

この前尖閣やれって言ってたメディアと同じか?
おたくの問題を先にクリアしたらどうなの

6.とある名無しのオタコム2014年2月11日 21:21
▽このコメントに返信

欧米の報道機関はユダヤ系が支配しているからな
お前らはアングロ・サクソンがやっていると思うけどw

しかもロシアの声とか海外の反応を見ると面白いぞ
イスラエルが中国に武器を輸出したのがオバマに
バレて、それで慌てて制限したらしい
完全にユダヤ人は日本をナチス並にしたいらしいな

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間