相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2017年03月28日 09:00 コメントを見る

サメを保護しすぎて増えすぎる!→保護すべきは人間側に・・・

はんぺん!

20170328051910

11

【レノックスヘッド(オーストラリア)】オーストラリアは、サメを管理する技術に何百万ドルもの資金を投じようとしている。サメの生息数が増えて、人間が襲撃されるケースが今後増加する公算が大きいと専門家が結論付けたためだ。

当局は、一連のサメの襲撃によってレノックスヘッド(豪ニューサウスウェールズ州)など沿岸地域の人々が動揺していることを受け、あらゆる対策を試している。ドローン(小型無人機)、サメよけのウエアラブル(身に付けられる)装置のほか、顔認証技術でサメを探知・特定するソナー(水中音波探知装置)搭載のブイなどだ。

この取り組みには世界中が注目しており、とりわけ、フランス領のレユニオン島など、観光が主な産業の場所が関心を寄せている。レユニオン島では近年、7人がサメに襲われて死亡しており、地元経済は大きな打撃を受けている。

サメは長い間、乱獲やサメ狩りの脅威にさらされてきた。ふかひれスープに使用されるヨゴレザメなどの一部のサメは、2010年までに生息数が激減したため、5つの主要な国際的漁業団体が船舶による捕獲を禁じている。世界のサメとエイの4分の1は、絶滅の危機に直面している。

しかし豪州や米国などでの保護措置により、人間の頻繁に泳ぐ沿岸でサメの生息数が急速に回復していると専門家は指摘する。このため、人気のある一部の海岸で、サメとの遭遇が発生している。

海洋生物学者のコリン・シンフェドーファー氏は、「ある意味、これは環境改善に成功したことの意図せぬ結果だ」と述べ、「これらの種のサメが人間を襲うような場所では、大きな社会的問題になっている。市民が海に入るときの安全に政府が責任を持つべきか否かといった議論が起きている」と付け加えた。

サメによる襲撃の記録は断片的で一貫性がない上、襲撃のリスクに対する人々の反応は不釣り合いなほどに大きい。サメによる襲撃は過去5年間おおむね増加していたが、昨年は減少した。だが、異例とも言える一連の襲撃が発生したため、大きな注目を集めた。

2015年6月には、米ノースカロライナ州で数週間のうちに7人がサメの襲撃に遭った。15年は世界のサメによる襲撃件数が過去最高に達したが、16年は81件に減った。豪州では15~16年にサメの襲撃(挑発を原因としない襲撃)が39件発生し、うち3件で死者が出た。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00012277-wsj-int

この記事への反応

はんぺんにすりゃええのに

イルカやクジラみたく保護しろよ
お前らと同じように生きてんだろw

食えばいいんだよ

意図せぬ結果、ってなんじゃいな
容易に予測できるだろ

予想より右斜め上をいく馬鹿な白人


【Amazon.co.jp限定】Innocent flower【初回限定盤】(オリジナル缶バッチ付) 【Amazon.co.jp限定】Innocent flower【初回限定盤】(オリジナル缶バッチ付)
水瀬いのり

キングレコード 2017-04-05
売り上げランキング : 174

Amazonで詳しく見る

今月のランキング

コメント

1.とある名無しのオタコム2017年3月28日 09:10
▽このコメントに返信

人間はサメよりもっと増え過ぎてるんだからいいんじゃね

2.とある名無しのオタコム2017年3月28日 10:20
▽このコメントに返信

鮫では無いが日本でも熊が増えてるらしいな
人間てほんとに自分勝手ですよね

3.とある名無しのオタコム2017年3月28日 11:15
▽このコメントに返信

サメって絶滅したら問題あるの?

フカヒレが食べれなくなるだけじゃないの?

4.とある名無しのオタコム2017年3月28日 12:22
▽このコメントに返信

日本にははんぺん、中国及び台湾はフカヒレだな……

5.とある名無しのオタコム2017年3月28日 13:43
▽このコメントに返信

※3
サメで飯食ってる人の仕要がなくなる 食物連鎖の崩壊でサメに補食される魚や海獣が増える
サメの死骸を食ってるプランクトンやかにえびが困る はんぺんが食えなくなる
ざっと挙げてこれだけの奴らが困る

6.2017年3月31日 01:46
▽このコメントに返信

人間はサメよりもっと増え過ぎてるんだからいいんじゃね

鮫では無いが日本でも熊が増えてるらしいな
人間てほんとに自分勝手ですよね

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間