相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2017年03月24日 07:00 コメントを見る

【PAP】セブンイレブン「パイナップルアップルパイ」販売で波紋、攻めてる&秀逸

くだらねw

20170324021321

08

コンビニエンスストアチェーンの最大手であるセブン-イレブンが「攻めた商品を発売している」として、
ツイッターなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)をにぎわせていることをご存じだろうか。

その商品の名は、「パイナップルアップルパイ」。その語感から、昨年世界的に大ヒットしたピコ太郎の代表曲「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」を彷彿とする。

「パイナップルアップルパイ」は新潟県と富山県の2地域限定商品ではあるが、れっきとしたセブンのプライベートブランド(PB)商品だ。

パイ生地にパイナップルとりんごの果肉、そしてカスタードクリームを盛り付けたもので、パッケージには「イラストはイメージです」という注記とともにパイナップルとりんごの絵が描かれている。

●セブンを直撃!なぜ「PAP」を販売?

地域限定とはいえ、最大手のコンビニがなぜ「便乗商法」「アイデアのパクリ」との指摘を受けかねない商品を発売したのだろうか?

同商品の開発や発売の経緯をセブン&アイ・ホールディングスに問い合わせたところ、広報担当者から以下のような回答を得た。

「ピコ太郎氏の『PPAP』を意識した商品ではございません。商品開発計画に沿って開発をし、3月7日(火)に発売しました。
りんごとパインの2種類が味わえるパイです。なぜ富山と新潟の限定かといいますと、こちらは本部で開発したものではなく地域開発商品であるためです。また、原材料確保の都合により、地域限定となっています。ご好評をいただいておりますが、
全国販売の予定は原材料の都合もございますので、今後の販売状況を見て検討いたします」(セブン&アイ広報)

ピコ太郎との関係性を真っ先に否定したセブン&アイだが、著作権法などに精通する編集プロダクション代表は次のような見解を示す。

「おそらく便乗商法だと思いますが、セブンほどの大手がそれを認めることはできないのでしょう。
ただ、便乗は便乗でも悪質性は感じないし、楽曲と食品という違いに言及するまでもなく、著作権法に抵触することもありません。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw2701301

この記事への反応

近所のパン屋は話題になった直後から売り出してるな
小さく※ペンは入っておりません と書かれてる

時代遅れ感半端ない

どこかの街のベーカリーがやってたような

そうだとしても別によくね?面白いじゃん

すでに完全に忘れ去られた大魔王が逆にセブンに寄生する側になりそう


ねんどろいど ラブライブ! サンシャイン!! 黒澤ルビィ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア ねんどろいど ラブライブ! サンシャイン!! 黒澤ルビィ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

グッドスマイルカンパニー 2017-09-30
売り上げランキング : 5

Amazonで詳しく見る

コメント

1.とある名無しのオタコム2017年3月24日 07:52
▽このコメントに返信

名前はアレだが普通に美味そう

2.とある名無しのオタコム2017年3月24日 13:57
▽このコメントに返信

ペンで刺して食う。

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間