Sorry. No data so far.

相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2017年03月10日 12:00 コメントを見る

ソフトバンクがAIを活用した小説の添削指導サービスを開始!「作家目指す人を支援」

AIがかけばいい

20170310101655

09

ソフトバンクグループが、人工知能(AI)を活用して文学賞受賞に向けた小説の添削指導サービスを始めることがわかった。
審査員の傾向などをAIが分析し「相性が良いのはこの文学賞です」とアドバイスする。昨年、AIを用いた小説が文学賞の審査を通過しており、今後文学の世界で導入が進みそうだ。

ソフトウエアベンチャー「AIREV」(東京都福生市)の開発した文法や文脈を理解できるAIに、各文学賞の受賞作品を読み込ませ、文章の長さや会話文の割合、文学賞ごとに異なる審査傾向を分析する。ソフトバンクグループのツギクル(東京都港区)がAI添削の販売を担当する。同社幹部は「文学賞受賞作品の傾向をわかるようにすることで、作家を目指す人を支援したい」と話す。

ツギクルは投稿サイトなどに公開されている小説の内容をAIが分析して診断しており、投稿者にアドバイスしている。診断対象作品は、ファンタジー小説のみだが来年度はジャンルを広げる。

診断と別に同社は、出版する本の裏表紙にAIを活用して内容の構成要素を円グラフにして載せている。
大まかな目安として、「SF要素15%、恋愛要素20%」といった具合に表示し、本を読む前に読者が内容の構成要素をわかるようにしている。

小説や新聞記事など、AIを文章の作成に活用する取組みも広まっている。名古屋大学のグループは、主人公の設定やあらすじなどを与えた上でAIが単語や形容詞を組み合わせて作った作品を、星新一賞に応募したところ
1次審査を通過した。また、中部経済新聞(名古屋市)は昨年11月にAIが作成した同紙の歴史に関する記事を掲載した。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/170309/bsj1703090500001-n1.htm

この記事への反応

なお版権は頂きます

一次を通ったことがあるけど、こういうのはやらない方が良いと思う。
勘違いする人を増やすだけに終わる。

いっそのことAIで作家を目指す人に作品提供しろよ
(ゴーストライターやれよ)遊んでて作家になれるじゃん

Aiの書いたミステリー作品はよ

校正に出したらアイデア盗むんでしょw


キングダム ハーツ - HD 1.5+2.5 リミックス- - PS4 キングダム ハーツ – HD 1.5+2.5 リミックス- – PS4
PlayStation 4

スクウェア・エニックス
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る

コメント

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間

Sorry. No data so far.