Sorry. No data so far.

相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2017年01月12日 07:05 コメントを見る

DMM、傘下AVメーカー「CA」売却 出演強要問題で切り離し

蜥蜴の尻尾切り

20170112041907

08

IT企業「DMM.com」グループが、傘下だったアダルトビデオ(AV)メーカー大手「CA」を売却していたことが分かった。
同グループを率いる亀山敬司会長が明らかにした。アダルト配信事業はグループ内で続けるものの
、「内部での運営責任を明確にするため」に株式会社「DMM.com」から切り離す準備をしているという。
AV出演強要問題が社会問題化する中、DMMはAV事業についての組織改編に乗り出した。(朝日新聞経済部記者・高野真吾)

グループの基盤をつくった会社売却

DMMは昨年7月、18歳以上向けアダルトサイト「DMM.R18」で扱うAVは、AVメーカーらでつくる「知的財産振興協会」(IPPA)加盟法人及び加盟審査団体による審査済みの作品に限定し、該当しない作品の取り扱いを停止した。
また9月には、総合エンターテイメントサイト「DMM.com」で扱う、アイドルやタレントが出演するイメージビデオについて、
18歳未満が出ている作品の取り扱いを停止した。
売却した「CA」は、昨冬には「WILL」に社名変更し、サイトも閲覧できなくなっている。CAは1990年に設立された
「北都」が前身で、DMMグループの基盤をつくった会社といえる。

これまでにも亀山会長はツイッターで「強要など絶対に許されない。どういう仕組みをつくれば今後このような被害がでないようになるのか。
できることは、全てしていくつもりだ」などと発言していた。
2016年12月、AV強要問題の広がりを受け、亀山会長に2度目の取材依頼をしたところ、本人から長文の回答がメールで来た。
2017年1月上旬には追加質問にもメールで答えた。
亀山会長はあらためて冒頭で強要問題について「弊社といたしましても真剣に対応してまいりました」と回答した。
「強要事件につきましては、大変な問題であると認識しております」とした上で、「IPPAは被害者が出ないよう積極的且(か)つ具体的な対処をしていると聞いております。DMMは配信事業ですので、IPPAの審査に通った作品だけを取り扱うことで、悪徳な業者の作品を流通させないということを徹底しております」と述べた。

(以下略)
http://withnews.jp/article/f0170111002qq000000000000000W05s10701qq000014542A

この記事への反応

で、名前変えた法人作って代表者にダミーをすげて他は同じで再スタートwww

DMMはそのうちアダルト系統引っこ抜いてソフマップみたいになるぞ

強要とか 女性を泣かさない革新なんて
相当困難な業界なんだろうね. 切り離してさっぱり

エロゲ部門さえ残ってくれれば文句ないよ^ ^


結物語 (講談社BOX) 結物語 (講談社BOX)
西尾 維新,VOFAN

講談社 2017-01-12
売り上げランキング : 8

Amazonで詳しく見る

コメント

1.とある名無しのオタコム2017年1月12日 07:59
▽このコメントに返信

確か例の捏造ブログはちまと繋がりがある会社だったよな

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間

Sorry. No data so far.