相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2017年01月03日 07:00 コメントを見る

日本テレビ、3年連続で年間視聴率3冠!視聴習慣が根付き、レギュラー番組好調!

強い

20170103003019

11

日本テレビは2日、2016年の年間平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が全日(午前6時~翌日午前0時)ゴールデン(午後7~10時)プライム(同7~11時)の各時間帯で首位になり、3年連続の「3冠」を達成したと発表した。

視聴習慣が根付き、レギュラー番組が引き続き好調。日曜夕から夜の「笑点」「真相報道バンキシャ!」「ザ!鉄腕!DASH!!」「世界の果てまでイッテQ!」「行列のできる法律相談所」「おしゃれイズム」が最強の流れで、今年も変わらぬ強さを示した。

朝の情報番組「ZIP!」、夕方のニュース番組「news every.」が堅調。「ZIP!」は16年2月に月間平均視聴率9・3%を記録し、2011年4月の番組開始以来、初の同時間帯横並びトップに。全日の視聴率アップに貢献した。

8月のリオデジャネイロ五輪期間中は、開閉会式や競技中継全番組の視聴率トップテンのうち、NHKが9番組を占めるなど民放各局は苦戦したが、日本テレビは健闘。女子マラソンの裏番組になった「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)には、お笑いタレントの今田耕司(50)が12年ぶりに出演。視聴率は15・0%と前4週平均の14・0%を上回った。

男子マラソンの裏番組になった日も「行列―」は15・1%、「おしゃれイズム」(日曜後10・00)は12・1%と前4週平均を超えた。ドラマも各局ともに1桁台が続く中、8月17日の「家売るオンナ」(水曜後10・00)は11・6%。裏番組は4連覇に挑む伊調馨ら女子レスリングの試合が放送されたが、ドラマで善戦。五輪以外の番組を楽しみたい視聴者をうまく取り込んだ形となった。

ドラマは水曜10時枠が堅調。1月期「ヒガンバナ」は期間平均9・6%と2桁に届かなかったが、4月期「世界一難しい恋」、7月期「家売るオンナ」、10月期「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」はそれぞれ2桁台と結果を残した。

15年から新設した日曜のドラマ枠(日曜後10・30)は1月期「臨床犯罪学者 火村英生の推理」「ゆとりですがなにか」「そして、誰もいなくなった」「レンタル救世主」と良作が揃い、視聴者の満足度が高かった。中でもクドカンこと宮藤官九郎(46)が脚本を手掛け、ゆとり世代の苦悩をリアルに描いた「ゆとりですがなにか」は注目を集めた。

水曜10時枠とは対照的に、土曜9時枠は年間を通じて苦戦した。ドラマのコンセプトなど、ターゲットとしているファミリー層へのアプローチに改善の余地がありそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170102-00000045-spnannex-ent

この記事への反応

お台場デモが起こるまではフジが何年も三冠だったんだよな

とにかく日曜の夜が独占状態だからな
あそこが崩れないとな

去年は真田丸見たけど今年からはまたイッテQに戻る

日テレなんかガキ使とコナン以外見たことねえが?

日曜が強すぎる
他局も色々ぶつけて来たが結果はお察し


シン・ゴジラ Blu-ray特別版3枚組 シン・ゴジラ Blu-ray特別版3枚組
長谷川博己,竹野内豊,石原さとみ

東宝 2017-03-22
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る

コメント

1.とある名無しのオタコム2017年1月3日 11:39
▽このコメントに返信

ニュースは個人的に良くない

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間