相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2016年11月24日 20:30 コメントを見る

テレ東、アニメと深夜ドラマに賭ける、 社長「アニメ事業は過去最高の収益。」

賭けてる

20161124191549

08

◆テレ東、アニメと深夜ドラマに賭ける命運

今年の4~9月期は、テレビ業界にとってさまざまな変化が見られたタイミングだった。
視聴率においては、熊本地震やリオ五輪の影響などでNHK(11.8%)がゴールデン帯(19~22時)のトップに躍り出た。
広告収入でも、特定の番組と関係なく放映する「スポット広告」において、テレビ朝日が開局以来初めて民放2位を獲得している。

こうした中、テレビ東京ホールディングスも意外な好決算をたたき出した。
五輪関連の制作費や本社移転費用を含むため営業利益は同19.3%減の32億円だったが、従来の業績予想を10億円ほど上回り、通期の業績予想も上方修正している。

◇得意の深夜ドラマが配信でも人気

好調の要因は、テレビ広告収入を順調に伸ばしたことに加えて、アニメやドラマなど「ソフトライツ収入」が大幅に拡大したことだ。ライツ事業全体では、絶好調だった前年同期の93億円からさらに伸ばし、25%増の116億円としている。

内訳を見てみよう。
アニメ以外の番組による「ライツ一般収入」は前年の13.6億円から26.8億円にジャンプアップ。
アマゾンの動画サービス「プライム・ビデオ」と連動したドラマの配信権料が収益に大きく貢献した。
そのほかAbemaTV(アベマティービー。テレビ朝日とサイバーエージェントの合弁によるネットテレビ局)など、動画サービスを展開するプラットフォーム各社へのコンテンツ配信収入が増えている。

作品としては「昼のセント酒」や「徳山大五郎を誰が殺したか?」などをアマゾンで独占先行配信。
「孤独のグルメ」や「勇者ヨシヒコ」シリーズといった、テレ東が得意とする深夜ドラマも配信を拡大し、人気を博している。
一般的に、ネットの動画配信サービスはテレビの視聴者よりもユーザー層が若いのが特徴だ。
テレ東の深夜ドラマはそうした若い層から支持を得ているようだ。

◇中国でNARUTOが大ヒット

一方のアニメ事業も前年の74.3億円から85.0億円に伸ばした。
有力コンテンツの「妖怪ウォッチ」は一時期よりブームが落ち着いてきたことから、商品化の取り扱いは前年より減少している。
だが、それを補ったのが大人気アニメの「NARUTO」だった。

NARUTOのスマホゲームは欧米や中国で配信されている。
好調だったのは配信先を広げている中国だ。
ユーザーの課金状況は良好で、配信から時間が経過してもランキング上位を維持しているという。

また、同じく人気アニメ「BLEACH」のスマホゲームも欧米でヒットを続けている。
テレ東はアニメ事業について、前年も好調だったことから予想を堅めに見ていたのだが、それを上回る結果となった。

◇配信は過去最高の水準

高橋雄一社長は決算説明会で、ソフトライツ事業について「アニメ事業は過去最高の収益。スマホゲーム配信で最も伸びているのは中国で、市場の拡大は相当な勢いがある。息の長いコンテンツが増えれば、収入も安定的に増える」と説明。アニメ以外のドラマについても「配信はこれまでにない水準に達している」と手応えを口にした。

テレビ広告が思うように伸びない中で、民放各局は多角化に活路を求めている。
フジ・メディア・ホールディングスは不動産開発が好調だ。
日本テレビホールディングスやTBSホールディングスも、スポーツクラブや不動産など、さまざまな事業を展開している。

一方のテレ東は、あくまで地上波放送に関連したビジネスで業績を拡大する構えだ。
今後も、主力であるテレビ広告はもちろん、好調を続けるアニメや配信収入の行方が、同社の業績を左右することになりそうだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161124-00146435-toyo-bus_all

・この記事への反応

時代が追いついた

テレ東にすると、BS11同時とか難しそうだから
MXの方に流れて行ったの?

ヨシヒコは面白くなくなってきてるな
あの豪華ゲスト出せばいいって感じ
ガキの笑ってはいけないが年々つまらなくなってきてるのと同じ臭いがする

ケロロ早く復活させろやテレ東

路線バスで他局ぶっちぎりでいいよ。

コメント

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間