相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2016年09月10日 07:00 コメントを見る

ローソンとミニストップの“縁談”が急浮上、その理由とは…

ソフトクリームはミニストップ

20160910011748

25

ファミリーマートとユニーグループ・ホールディングスが経営統合して巨大流通グループ、「ユニー・ファミリーマートホールディングス」が誕生した。
しかし、今回のファミマとユニーの経営統合を苦々しい思いで見ていたのは店舗数で業界3位に転落したローソンだろう。
ローソンはセブン-イレブン・ジャパンに続いて万年2位の立場だったが、今度はファミマに「追われる立場」から、「追う立場」に逆転するからだ。
しかし、ローソンは「最後の切り札」ともいうべき一発逆転のカードを握りしめている。(流通ジャーナリスト?森山真二)

ファミリーマートとユニーグループHD経営統合の衝撃

ファミリーマートと、サークルKサンクスを傘下に持つユニーグループHDが経営統合することで、コンビニ店舗数は単純合算で約1万8100店、売上高は約2兆9400億円となり、セブン-イレブン・ジャパンの店舗数である1万8860店に肉薄、セブンの売上高にはまだ1兆円以上差があるが、3位になったローソンに対しては店舗数で約5600店の差、売上高で1兆円近くの差をつける格好だ。
実のところ、ファミリーマートは現在のユニー・ファミリーマートHDの社長となった上田準二氏が社長時代の遡ること7~8年前からユニーにラブコールを送り続けてきた。上田社長の“出身地”でありファミマの大株主である伊藤忠商事も動かし、
伊藤忠がユニーに出資するなど、早くからコンビニ2位への浮上とローソンに対する「防衛線」を張ってきた。
もちろん、新たに出発した「ユニー・ファミリーマートHD」とて先行きは決して平たんな道のりではない。既に統合にあたって、サークルKサンクスの全店舗の約6分の1にあたる1000店を閉鎖すると発表しており、実質統合後の総店舗数は1万7000店強と、店舗数は早くも大きく目減りする。

続きはソース
http://diamond.jp/articles/-/101298

同じ値段なのに美味しくない弁当とおにぎり

ミニローソン
ローソンストップ
あんまり良いイメージ無いね…

デイリーヤマザキもっと増えないかなぁ

一昨年あたりから言われてたコンビニ三国志が
現実のものになってきたか。
中国史に詳しくないけど、どんな配置になるの?

コメント

1.とある名無しのオタコム2016年9月10日 07:24
▽このコメントに返信

一年以上前からそんな話があがってたけどな

2.とある名無しのオタコム2016年9月10日 08:43
▽このコメントに返信

サンクスにつづいてミニストップまで消えたりしたらほんとコンビニつまらなくなるなぁ

3.とある名無しのオタコム2016年9月10日 09:31
▽このコメントに返信

ミニストップもいつかローソンに吸収されそう
ミニストップにロッピーあるし、ローソンはワオンカードが使えるし

4.とある名無しのオタコム2016年9月10日 20:50
▽このコメントに返信

ファーノ!

5.とある名無しのオタコム2017年4月22日 11:49
▽このコメントに返信

ミニストップ=イオン

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間