相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2016年06月29日 01:00 コメントを見る

携帯大手3社の長期割引、顧客から不満続出!料金プランがさらに複雑になるwww

MVNOで良い

20160628234928

17

bsj1606280500002-p1

携帯大手3社が5月末までに発表した長期利用者向けサービスに対し、顧客から不満の声が噴出している。サービスを受けるための条件の厳しさや値引き額が少ないほか、KDDIとソフトバンクが実施するポイントでの還元も不評を買っているようだ。2年契約を前提に割引が受けられる「2年縛り」の見直しプランも各社は発表したが、もともとわかりにくかった料金プランがさらに複雑になったとの指摘も出ている。
各社が発表した長期利用者向けサービスの最大割引額は、ドコモでは毎月2500円の料金割引が受けられるが、KDDIは毎月900円、ソフトバンクは毎月500円のポイント還元になる。一見するとソフトバンクの恩恵が少ないようだが、適用条件などを詳細に調べると、各社とも一長一短があることがわかる。
ドコモの場合、10年以上の契約者が3分の2を占めるため、家族で毎月15ギガバイトのデータ通信量を分け合う標準プランの「シェアパック15」だと、大半の利用者が毎月1000円か1200円の割引が受けられることになる。ドコモと同じ現金の料金割引を発表しているソフトバンクでは、同じ条件だと毎月200円なので、5人で分け合う場合はドコモのほうが有利だ。
一方、ドコモのサービスで、個人で毎月2ギガバイトのデータ通信量を利用できる「データSパック」の加入者は、15年以上契約していないと割引を受けられない。その点では、3年目からデータ通信量にかかわらず毎月200円の割引が受けられるソフトバンクの方が有利だ。
ソフトバンクの場合は、データ通信量が多くても少なくても、3年目以上なら何年目だろうが、200円の料金割引か500円のTポイント還元かが選べる仕組み。つまり、3年目の契約者でデータ通信量が少ない人には他社より割引が大きいが、あまり長く契約し続けても特典が増えないというデメリットがある。
また、500円のTポイントがソフトバンクグループのヤフーの通販サイトなどでしか使えないところにも不満の声が聞かれる。

ポイント還元に限定したKDDIはどうか。ソフトバンクが提供する500円以上のポイント還元を受けるには、標準的とされる毎月5ギガバイトの場合は16年以上のかなり長い契約期間が必要となる。またドコモと違い、KDDIの長期契約サービス「auスター」を受けるためには、ショップやインターネット上で申し込まなければならない。ただ、KDDIのポイントは、料金値引きにも使えるなど用途を限定していないところはソフトバンクよりも有利な点だ。
KDDIは電力などショップを利用したさまざまなサービスとポイントを結びつける「au経済圏」の拡大に注力しているが、ポイント還元は、au経済圏の利用者拡大を狙っているというのが自然な見方だろう。
携帯料金の見直しは、昨年秋に安倍晋三首相の呼びかけで始まっただけに期待も強かったが、各社が今年に入って発表した、ライトユーザー向けプランや2年縛りのない料金プランとも、多くの利用者の期待に応えたとは言えず、利用者としても拍子抜けしたというのが正直なところだ。NTTの鵜浦社長は「1回決めた料金プランがそのままだとは思っていません」と述べるなど、料金プランの見直しに終わりはないことを強調している。ただ、さらに複雑さを増す可能性も高く、シンプルさとの両立も課題となる。(大坪玲央)

http://www.sankeibiz.jp/business/news/160628/bsj1606280500002-n1.htm

ガラケーとmvnoスマホでいいや。身軽だし。

PHSで頑張るわ

ワイモバイル一択だろ

キャリアで実質何円で縛られるのはウンザリ
simフリーでiPhone使うと購入だけ高価だが後は楽だよ もう2年過ぎて浮いてるし

コメント

1.とある名無しのオタコム2016年6月29日 01:11
▽このコメントに返信

ガラケーとMVNOで月2000円

2.とある名無しのオタコム2016年6月29日 01:28
▽このコメントに返信

ショップの人が理解してないのは慣れたけど、公式サイトにプラン書いてないのには悪意を感じる

3.とある名無しのオタコム2016年6月29日 02:59
▽このコメントに返信

来月からドコモからDMMへいく
スマホそのまま使えるし

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間