相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2016年06月07日 09:00 コメントを見る

効率を追求したらホームレス?家を買わない裕福層が増加中

真似しようとは思わない

20160607013522

27

余分な物を持たない、節約志向が強いというイメージがある「ミニマリスト」。海外では今、
このライフスタイルを選ぶ富豪やエリート学生が増えている。最小限の持ち物だけで暮らすという、単なる暮らし方のひとつではないようだ。

消費に対する個人の価値観の中に、「時間を買う」という購買動機が存在していることがわかった。
「2016年世界の消費者トレンド予測」(ユーロモニター・インターナショナル)による。掃除ロボットが人気を集めているのも、
「時間を買う」ことの一例だろう。最近では料理ロボットの開発にも注目が集まっている。富裕層に限らず、ゆとりとは
「物を買う」ではなく、「自由な時間を持つ」ことに変わりつつあるといえる。

「ミニマリスト」というライフスタイルを選ぶ富裕層にも、こうした意識の変化があるのだろう。ここで、実際のミニマリストの声を紹介しよう。

「寝るためだけに帰る部屋に払う、家賃の無駄から解放されたことに満足」年収1000万円超の「Google」の男性社員が、会社の駐車場にトラックを停めて、寝泊まりしていることが話題になった。
彼は120万円で購入した中古トラックを改造して、ベッドと簡易的な棚を設置し、通勤時間0分、交通費0円を実現したのだ。
シャワーやトイレはオフィスの設備を利用するため、不便なことは特にないという。

「いろいろな出会いがあり、多くの友人を訪ねることもできる。毎日が休暇のような生活」
こう語るのは特急列車のなかで生活をしていたドイツの女子学生だ。彼女も世界中の関心を集めたひとりである。ドイツ鉄道が発行している乗り降り自由のフリーパスを利用して、列車を住居の代わりにするスタイルだ。
高い家賃のアパートを出て、最小限必要な物だけをバッグに詰めて、国内を移動していく。冒頭のコメントからも、彼女の充実ぶりが伝わって来る。

「自然体のままでいられるスタイルを維持することが良い仕事につながる」契約金2億円のメジャーリーガーにもホームレス生活を選んでいる人がいる。新人王候補としてトロント・ブルージェイズに入団した、現デトロイト・タイガースのダニエル・ノリス投手である。古いフォルクスワーゲンのバンの中で寝泊まりし、月の生活費は8万円。ポータブルストーブで自炊し、夜は読書にふける悠々自適な生活を送っている。

https://zuuonline.com/archives/108506

こういうのに釣られていろいろ家財を捨てると
それをタダで仕入れて、外国人労働者に売って
ボロ儲けする連中がいるからやめたほうがいい

ミニマリストとかいう連中は
社会基盤に依存した
寄生虫みったいな存在

貧乏人は持ち家のほうが楽だよ。

今月のランキング

コメント

1.とある名無しのオタコム2016年6月7日 09:44
▽このコメントに返信

>寝るためだけに帰る部屋
そりゃこんな生活してたら家いらんだろうな

2.とある名無しのオタコム2016年6月7日 10:48
▽このコメントに返信

向こうはトレーラーパークとかあるしキャンピングカー生活とかこっちとでは様相が違うんじゃ

3.とある名無しのオタコム2016年6月7日 11:05
▽このコメントに返信

紹介されてるのGoogle社員だしな。
会社にタダで飯、風呂、娯楽そろってれば会社で暮らしたくもなる。

4.とある名無しのオタコム2016年6月7日 12:48
▽このコメントに返信

通勤のこと考えたら会社で生活したい気も出てくるが
静かで暗い会社に一人を考えるとちょっと怖い。

5.とある名無しのオタコム2016年6月7日 16:57
▽このコメントに返信

金持ってんだから使えよ

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間