相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2016年05月24日 11:00 コメントを見る

炎上参加者はネット利用者の0.5%!・・・多くね?w

多い

20160524065235

17

インターネットで批判的なコメントが殺到する炎上事件。
ネット中が批判一色になっているように感じられます。

しかし、ネットに詳しい識者の間では「炎上を起こすのはごく少数の人だ」と認識されています。
意外に思えるかもしれませんが、これを裏付けるように「炎上参加者はネット利用者の0.5%にすぎない」と、
統計的な分析によって示した専門書が今、注目を集めています。

この専門書は「ネット炎上の研究」です。書いたのは統計的な手法で経済理論の実証分析を行う計量経済学が専門の
慶應義塾大学経済学部の田中辰雄准教授と、国際大学グローバル・コミュニケーション・センターの山口真一助教。

これまで炎上について書かれた本は事例を取り上げて炎上の実態を説明したり、対策を指南したりする場合が多かったのに対し、
この本では筆者らが実施したアンケート調査や公表されている炎上関連のデータを用いて、統計的な分析を行っている点が最大の特徴です。
本の内容を理解するには統計学などの知識が必要とされますが、大手通販サイトで一時、在庫がなくなるほど注目を集めています。

田中准教授らは2014年の11月に調査会社のインターネットモニターおよそ2万人を対象に、
炎上についてアンケート調査を行いました。その結果です。

「炎上事件を聞いたことがない」7.93%
「ニュースなどで聞いたが、実際の書き込みは見たことがない」75.37%
「実際の書き込みを1度だけ見たことがある」2.77%
「実際の書き込みを2度以上見たことがある」12.81%
「1度書き込んだことがある」0.49%
「2度以上書き込んだことがある」0.63%。

90%の人が炎上に参加したことはないものの、炎上の存在を知っているという状態であることが分かります。

では、炎上に参加している人はどれくらいいるのか?
先ほどの調査結果を見ると、実際に炎上に参加したことのある「1度書き込んだことがある」
「2度以上書き込んだことがある」という人は合わせても1.1%しかいません。

また、「2度以上書き込んだことがある」人の方がやや多いのが特徴的で、ごく少数の人が複数回にわたって、書き込みを繰り返していることが推察されます。

さらに今も炎上に加わっている人を推定するため、「書き込んだことがある」と答えた1.1%の人たちを対象に、
「過去1年以内に書き込んだかどうか」を尋ねたところ、「書き込んだ」と答えた人は42%でした。

先ほどの炎上参加者1.1%の人たちのうちの42%ですから、今も炎上に加わっている人は全体で見るとネット利用者の0.5%以下になるということです。

田中准教授は「炎上に参加している人が利用者のごく一握りだということは、ネットに詳しい識者の間ではよく知られていましたが、今回の調査でそれが裏付けられました。

日本のネット利用者は約4000万人といわれ、炎上事件は少なくとも年間200件程度起きているとされています。
炎上1件当たりの参加者はおおむね数千人と推定されますが、その大半は自分の感想をひと言つぶやくだけのいわば意見表明なので問題はありません。

やっかいなのは、当事者のアカウントなどに執拗に書き込みを繰り返して閉鎖などに追い込む人たちですが、
その数を見ると数人から数十人にまで減ると考えられます」と話しています。

続きはソース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160523/k10010531831000.html

何をいまさら当たり前だのクラッカーなことを…

0.5%って多いぞ。その100分の1くらいじゃね?

ネット利用者の0.5%に炎上させられたら病む

そりゃそうだ
一億人が同時に書けばどんなサーバーでも落ちる

0.5%って単純に考えても多過ぎなんだよなぁ

コメント

1.とある名無しのオタコム2016年5月24日 12:39
▽このコメントに返信

1000人中5人て考えたら多すぎでしょ

2.とある名無しのオタコム2016年5月24日 14:38
▽このコメントに返信

もっといると思うぞー知らぬ間に加担してしまっている奴もいるだろう

3.とある名無しのオタコム2016年5月24日 16:38
▽このコメントに返信

出た情報を調べもせず拡散してる奴もいるし0.5くらいはいそうだけど

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間