相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2016年05月11日 23:40 コメントを見る

Amazonが動画投稿サービス「アマゾンビデオダイレクト」を発表!人気動画には1億円以上の賞金がでるぞおおおおおおおおお

つべに対抗

662479
662479

Amazonが動画投稿サービス「Amazon Video Direct」を発表!YouTubeに対抗するシステム

 米Amazonは現地時間10日、動画投稿サービス「Amazon Video Direct」を発表した。

 「Amazon Video Direct」は、米Googleが提供しているYouTubeと似た収益モデルを持つ。個人、法人ユーザーらは、「Amazon Video Direct」で動画を公開することにより広告収入や、動画のレンタル、販売が可能となっている。

 サービス開始当初のパートナーとしては、Conde Nast Entertainment、HowStuffWorks、Samuel Goldwyn Films、The Guardian、Mashable、Mattel、 StyleHaul、Kin Community、Jash、Business Insider、Machinima、TYT Network、Baby Einstein、CJ Entertainment America、Xive TV、Synergetic Distribution、Kino Nation、Journeyman Pictures、and Pro Guitar Lessonsなど著名なメディアやクリエイター企業が挙げられており、Vimeoのようなサービスを目指しているようにも見える。

 気になるAmazonと登録ユーザーの収益分配だが、Amazonプライムビデオのユーザーがストリーミングした場合、米国では1時間あたり15セント(その他の国では6セント、双方とも年額7.5万ドルが上限)が支払われるほか、販売、サブスクリプションの場合は両者で売り上げを同額ずつ分け合う形となる。このほかにもいくつかの収益モデルが用意されており、Amazonの本気度がうかがえる。

 

「YouTuber」のような造語として、人気のクリエイターに対しては「AVD Stars」というニックネーム(プログラム)が振られる。人気の動画上位100本に対しては、月額100万ドルがレベニューシェアで入る仕組みだ。

 YouTubeが圧倒的なシェアを誇るなかで、「Amazon Video Direct」がどれだけ対抗していけるかに注目が集まる。
http://www.inside-games.jp/article/2016/05/11/98508.html

これに対するネットの反応

勘違いした日本の子供達で溢れそう

まあ日本人が1位になれる可能性はほぼ0だからやめておけ

ヒカキンの収入が増えるね!

コメント

1.とある名無しのオタコム2016年5月12日 09:07
▽このコメントに返信

規約も読まずに「再生数稼げばいいんだろ!」って勘違いした馬鹿配信者が注目集める為に犯罪行為やりそう

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間