相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2016年03月29日 09:00 コメントを見る

『1~3月流行語大賞』を発表、「民進党」「ホラッチョ」「公開処刑」「育休不倫」「センテンススプリング」

センスプとホラッチョ

20160329034415

25

◆「センテンススプリング」に挑むのは?『1?3月流行語大賞』を発表

昨年も数々のニュースが世間を賑わわせたが、2016年が明けてからも元トップアスリートの逮捕劇、人気タレントの転落、国民的アイドルの解散騒動など、その勢いはいや増すばかりだ。
しかし、通常さまざまな「流行語大賞」は年末に発表されるため、時間がたってしまった前半のネタは実感しづらい。

そこで、しらべぇ編集部では、全国20?60代の男女1338名を対象に「今年に入ってから流行したと思う言葉」について、調査を実施した(なお、調査期間は3月18日?21日のため、3月下旬の話題は含まれていない)。

トップ10にランクインした「今年の流行語」を下位から順にご紹介しよう。

◇第8?10位:新党名、「ホラッチョ」に敗れる
10位にランクインしたのは、「公開処刑」。
『SMAP?SMAP』(フジテレビ系列)番組冒頭で、生放送での謝罪会見は「お通夜のようだ」とも評された。
民主党と日本維新の会が合併し、昨日、結党大会を行なった「民進党」は、ショーンK氏の高校時代のあだ名とされる「ホラッチョ」をも下回る結果に。
今後がやや危ぶまれる。

◇第5?7位:不倫と大ヒットのお笑いネタが

7位には、週刊文春がすっぱ抜いた、ベッキーとゲス川谷のLINEに書かれていたとされる「卒論」。
6位は、国会議員カップルとして話題だった宮崎元・衆院議員による「育休不倫」と、不倫関連の言葉が一定の支持を集めた。
「PERFECT HUMAN」は、音ネタブームの中、かつて「武勇伝」で一世を風靡したオリエンタルラジオによる大ヒットの新ネタだ。

◇第4位以降は、硬軟まざった混戦
4位と5位の間には10ポイント以上の差が開いた。
「SMAP解散」は、実際に解散していたらこれ以上の衝撃度だったかもしれない。

マイナス金利は50代男女では、支持率1位。
ビジネスや家計に責任ある立場の人には、とくに気になるキーワードだろう。
さて、残すは1位・2位だが、読者諸氏はどのように予想されるだろうか?

◇栄えある第1位は…
2割を超える支持を集めたのは、ベッキー・ゲス川谷のLINEにあったとされる「センテンススプリング」。
「文春」を茶化した言葉だが、編集部がその後もスクープを連発することに対して、世間から敬意を集めているようだ。

惜しくも次点だったのは、無名のユーザーによるはてな匿名ダイアリーの書き込みから、政治をも動かした「保育園落ちた日本死ね」。
60代男女ではもっとも支持を集めたが、子や孫世代への心配のあらわれだろうか。

今年もまだ始まったばかりだが、この破壊力を超える話題やニュースが登場するのか。
センテンススプリング取材班やネットユーザーにも期待したい。

NEWSポストセブン 2016.03.28 06:00
http://www.news-postseven.com/archives/20160328_398081.html

センスプに勝てるものは無いだろ

ベキの極み乙武

センスプは年間狙えそう

Z武が総取りでもいいはずだがアレはあだ名が多過ぎた

コメント

1.とある名無しのオタコム2016年3月29日 09:49
▽このコメントに返信

どうせ最後には、全然関係ない審査員が好きな言葉が大賞になるんだから、あまり意味ないな。

2.とある名無しのオタコム2016年3月29日 11:10
▽このコメントに返信

民進党は入って欲しくない
嫌いだから

3.とある名無しのオタコム2016年3月29日 11:39
▽このコメントに返信

ホラッチョ民進党
前回も最初に外国人参政権やろうとした とんでもない嘘つきソ連、北から金もらってた社会党の残党と 在日、韓国のための旧民主党のキメラ

民主党「政権担当能力が無い?マニフェストは国民を騙すエサで、本音は民主党INDEX 2009の「 基本政策」の「定住外国人の地方参政権などを早期に実現」だって?
売国政治?うるせぇ!もう一回やらせろや・・ついでに党名も変えたるわ(^q^)」

4.とある名無しのオタコム2016年3月29日 18:36
▽このコメントに返信

ちゃんと並べて表示した上で記事かけよ、くっそ分かりづらい

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間