相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2016年03月29日 01:10 コメントを見る

iPhone SEのバッテリー、猛烈にもつとの調査結果!

液晶が小さい

20160329005943

17

思わぬ期待株。
4インチディスプレイを搭載した小さなボディに、iPhone 6s譲りの高性能プロセッサや1200万画素カメラを搭載した「iPhone SE」。
実売価格が安めなことも相まって、小型スマホのファンからは大きな注目を浴びています。
そんな中、iPhone SEは実際の利用状況を再現したテストでもiPhone 6sやGalaxy S7よりも大幅にバッテリーがもつことがウォール・ストリート・ジャーナルによって報じられています。
同紙によると、ディスプレイの明るさを揃えてウェブサイトの巡回テストを行なったところiPhone SEは10時間バッテリーが持続。これはiPhone 6sやiPhone 5sよりも2時間、またGalaxy S7よりも3時間近く長い結果とのことなんです!

実は、iPhone SEの駆動時間が長いことは公式スペックからも想像されていました。公式スペックを見ると、iPhone SEはインターネット利用やビデオ再生などの項目でiPhone 6sよりも2時間長い駆動時間を達成しています。
これらのテストはディスプレイをオンにし続けるので、iPhone SEの小型のディスプレイが有利に働いたのかもしれません。

また、これらの数値は省電力プロセッサを搭載しバッテリーの搭載方法まで工夫したMacBookすら上回ります。
最大9時間のワイヤレスインターネット(iPhone SEは4G LTEやWi-Fiで最大13時間) 最大10時間のiTunesムービー再生(iPhone SEは最大13時間)

iPhone SEとMacBookでインターネット利用やムービー再生をよーいどんで開始したら、小さなボディのiPhone SEのほうが長時間使える可能性が高そうです。これはスゴイですね!
近年はスマートフォンの薄型化とともに、駆動時間の延長はなかなか期待しにくい状況となっています。
しかし、デジタルガジェットは電源が入ってナンボ。いくら薄くても、バッテリーが切れてしまっては意味がありません。
小ささや高性能さが注目されるiPhone SEですが、バッテリー駆動時間という実用性能でもかなりの高性能っぷりを発揮しているようですよ!

http://www.gizmodo.jp/2016/03/20160328niphone_se.html

なぜ次世代のディスプレイが有機ELなのかを考えればわかる。
ディスプレイが一番電気を食うから。

一方 おじさん達の毛根はこれっぽちも 役に立たない事が判明

2、3割よくなっただけで、猛烈かよ

たった10時間かよ

コメント

1.とある名無しのオタコム2016年3月29日 07:12
▽このコメントに返信

4インチ慣れてるからありがたいわ

2.とある名無しのオタコム2016年3月29日 10:56
▽このコメントに返信

厚くしてもいいから24時間持つ
バッテリー搭載版出せばいくない?

3.とある名無しのオタコム2016年3月29日 13:09
▽このコメントに返信

※2
そういうのが良い人はケース一体型バッテリー買って付ければいいのでは

4.とある名無しのオタコム2016年3月29日 21:52
▽このコメントに返信

サイズはiphone4が最強だった

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間