相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2016年03月25日 10:00 コメントを見る

洗濯物『速乾』のスプレーを大学生が開発!商品化はよ

凄いな

20160325042650

23

佐賀大学理工学部の学生グループが、室内干しする衣類に吹きかけて乾燥時間を短縮できるスプレー剤を開発した。
洗濯したばかりのシャツや下着も通常より2時間早い約6時間で仕上がる。
洗濯用のりの成分を混ぜることでしわを伸ばす機能性を加え、ビジネスホテルの各部屋に置いてもらう計画も進めている。

一連のアイデアは、昨年12月の第15回大学発ベンチャー・ビジネスプランコンテスト(佐賀新聞社など後援)で4席の優秀賞に選ばれた。

開発したのは機能物質化学科4年の近藤美咲さん(22)=佐賀市=と中村駿介さん(22)=同、藤瀬清貴さん(22)=杵島郡江北町=の3人。
洗濯物をため込みがちな一人暮らしで出掛けようとした時に、お気に入りの服が生乾きで困った経験から着想を得た。

スプレー剤の主成分はエタノール。吹きかけることで洗濯物の水分の水素結合を弱め、水よりも気化しやすいエタノールと同時に水分も早く蒸発する。
室内で衣服にダメージを与えない濃度や乾燥時間などを実験、完成させた。

アルコールを使用しているため、商品のメーンターゲットを家庭用ではなく、ビジネスマンに絞り、ワイシャツをパリッと仕上げる機能を加えた。
商品化を検討し、ビジネスホテルに販売して初年度2400万円、5年後には9千万円を売り上げる構想も練った。知的財産権登録も目指す。

大学発ベンチャー・ビジネスプランコンテストには九州各県の大学、短大、高専の20校から57件の応募があり、九州経済産業局の関係者や経営者が審査した。

3人は「軽いノリで応募したのに、高い評価をもらって驚いた」と語る。いずれも大学院進学が決まり、修了後は民間企業で商品開発に携わることを志す。
「収支計画や消費者ニーズの把握、流通経路と考えたこともなかったことを学べたのは大きい」と手応えをつかんでいる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160324-00010005-saga-l41

やはりエタノール使ってんのか

アイロンで良くね?

でもお高そうw
つうかビジホならコインランドリーあるだろ

なんか服が傷みそう

ほぉ、面白いね。
紫外線などの効果は別として
旅行における緊急用にいけるな。
大したものだ。

除菌スプレーでいけそう!

コメント

1.とある名無しのオタコム2016年3月25日 11:00
▽このコメントに返信

生地は大丈夫でもボタンとかの装飾品が問題かもね

2.とある名無しのオタコム2016年3月25日 11:24
▽このコメントに返信

火気厳禁

3.とある名無しのオタコム2016年3月25日 11:30
▽このコメントに返信

エタノールの大量噴霧は危険じゃないかな

4.とある名無しのオタコム2016年3月25日 12:47
▽このコメントに返信

放っておけば乾くものに金出すのは馬鹿の極み

5.とある名無しのオタコム2016年3月25日 18:10
▽このコメントに返信

こういう物は何処に使うか、どうやって使うか次第。
無価値と決めつけるのは馬鹿。

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間