相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2016年03月25日 09:00 コメントを見る

何かに打ち込んでいる学生は魅力がある 実は企業が求めている「意識低い系」

優秀なのはどっちもやるんだよ

20160325041954

22

実は企業が求めている シューカツ「意識低い系」

「部活に打ち込みすぎて、就活に乗り遅れてしまった」。こんな学生のぼやきを聞くことがよくあります。

私は、そういった就職活動に受け身の学生を、「シューカツ意識低い系」と呼んでいるのですが、実はこうした“希少種”に企業から熱い視線が送られているのです。

「就職活動」より大事で、打ち込めるものがある学生は、優秀である可能性が高いからです。

企業にとっては、会いたいのに会えない、幻の動物のように感じる学生層。彼ら、彼女らはどこに「生息」しているのか。大きく分けると「理系」「体育会系」「隔離系」の3種類になります。

理系の学生は研究室にこもっているし、体育会系は練習ばかり。隔離系とは、それ以外の何かに没頭し、就職活動に時間を割こうともしない。

たとえば、「ボート(漕艇)部」の学生は、就活イベントにはなかなか出てこない上、学校にも現れません。関東なら埼玉の戸田公園、関西なら琵琶湖に行かなければ彼らに会うことはできません。

来る日も来る日も全員でボートをこぎ、同じゴールに向かって進むチームワーク抜群の猛者ばかり。

意外かもしれませんが、実は体育会系の主将級の人材が、就活市場では余っているケースが多いのです。

船が沈むときに残る船長のような思いなのか、「俺が試合を投げ出して自ら船を下りるわけにはいかん!」と考える人が多いため、ほとんど就活をしていないのです。

結果、企業がうまく接点をもてないわけです。部活優先の彼らは、たいてい2、3社からリクルーター面接を受けて、ほとんど就活をせずに決めてしまいます。

就活に出遅れて戸惑っていても、その代わりに何かに打ち込んでいる学生は魅力がある、ということを伝えたいですね。

逆に企業の採用担当の方には、今からでも遅くないから、早く戸田公園に行きなさい、とアドバイスしたいですね。

そこで説明会を開けば、一網打尽で良い学生が確保できるでしょう(笑)。

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO98664940Z10C16A3000000/

エロゲに精を出しすぎて2年ほど遅れてしまいましたが僕が優秀である可能性はどれくらいでしょうか?

給料安くても激務こなしてくれる系→意識低い系の間違いだろ?

部活の先輩のコネでなんとかなりそうだから就活しないのでは

とにかく眠るのに打ち込んでたら25年の月日が流れてた

コメント

1.とある名無しのオタコム2016年3月25日 09:27
▽このコメントに返信

意識低いというかどんな労働条件でも文句言わない奴隷系

2.とある名無しのオタコム2016年3月25日 09:52
▽このコメントに返信

意識高い系は「系」だけあって、意識高い訳じゃないからな
表面的に褒められそうな、他人を見下せそうな事に少しだけ手を出してマウンティングしたいだけの薄っぺらい人間だと看破されただけでしょ
そんな奴、実務はもちろん営業でも使えないよ
そのプライド、己を高める為じゃなくて己の立場だけを高める為のメッキを塗り固めるだけにしか役に立ってないもん

3.とある名無しのオタコム2016年3月25日 10:37
▽このコメントに返信

※1正直意識高いのは難癖つけて嫌なこと避けるからな

4.とある名無しのオタコム2016年3月25日 11:22
▽このコメントに返信

意識低い系の30代は需要ないんすかね・・・
余計な知識のない頭空っぽな学生奴隷が欲しいんすかねやっぱ

5.とある名無しのオタコム2016年3月25日 11:24
▽このコメントに返信

意識低いとかこじつけてんなよ。
昔から何かに打ち込んでてそれを面接で堂々と言うのなんて鉄板だろ。
部活・バイト・趣味ただなんとなく過ごして来たやつより魅力がある。

6.とある名無しのオタコム2016年3月25日 15:54
▽このコメントに返信

↓楔を打ち込むの禁止

7.とある名無しのオタコム2016年3月26日 00:23
▽このコメントに返信

ぶっちゃけ意識高い系って半島系のことじゃないのか
労力をひたすら厭うから己を高めることはないし
他人の成果を羨むわ、楽をすることを利口ととらえる

高いだの低いだの上下をつけて蔑む所なぞ
連中の生きざまそのものじゃないか
己の在り方を反省して深く恥じるべき

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間