オタク.comアニメやゲームなどの最新オタク情報ブログのオタコム

2016年03月24日 12:00

20160324025842

スマホ「実質ゼロ円」、1カ月でまさかの復活、なぜ復活したのか

SIMフリー以外の販売を禁止すれば良い

24

携帯端末の代金分を月々の通信料から割り引く「実質ゼロ円」。2月にいったん姿を消した販売手法がわずか1カ月で復活している。
3月中旬に都心でざっと調べただけでも、NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクの複数の携帯ショップで、店外から見える場所に「実質ゼロ円」のポスターが張られていた。8万~10万円する米アップルの最新機種「アイフォーン6s」が、他社からの乗り換えでタダになる旨を堂々と明記していたのだ。
家電量販店でも、実質ゼロ円は復活している。都心のある量販店の中では、3月に入るとドコモとソフトバンクの店舗で
、実質ゼロ円と書いた小さな札をカウンターに置き始めた。
同様の札がないauの店員に、「よそのほうが安いですね」と声をかけると、「(割引額が端末代金を上回る)『実質ゼロ円以下』とお伝えしている」と明かす。
「通常は名刺の裏に値段を書いて(客に)渡すが、今はしていない」と証拠を残さない工夫まで教えてくれた。
2015年10月、総務省では安倍晋三首相の指示を発端に有識者会議が発足し、携帯料金の値下げをテーマに集中討議が行われてきた。
そこで問題視されたのは各社の料金プランではなく、実質ゼロ円や高額なキャッシュバックなど、携帯会社を乗り換え続けるユーザーばかりが優遇される販売の実態だった。

同会議の取りまとめを受け、高市早苗総務相は12月、行き過ぎた端末割引を是正するガイドラインの策定を決め、携帯3社の社長に要請書を手渡している。
これに対し、世論に敏感な家電量販店は、実質ゼロ円を早々に取りやめた。都心の別の量販店では、
「実質ゼロ円は不公平だ」との批判が高まると「実質1円」に変更。さらに、5万円前後のポイントを与える実質ゼロ円以下の販売についても携帯各社の首脳が「2月から実質ゼロ円の販売をやめる」と発言するや、1月末までにポイントの付与をやめている。

各量販店の売り場は「実質ゼロ円やポイント贈呈は1月末まで」と来店客に呼びかけた。その結果、1月は販売台数を大きく伸ばしたが、2月は急減、3月も回復する兆しは見られない。

ではなぜ、実質ゼロ円は短期間で復活したのか。
背景には、総務省が2月2日に公表した、「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン(案)」の抜け穴がある。
有識者会議のメンバーを務めた野村総合研究所の北俊一・上席コンサルタントは、「ソフトバンクとauが大穴を見つけて、実質ゼロ円を始めたからだ」と憤る。

ガイドライン案には「下取りは端末購入時の値引きに当たらない」とする一文が盛り込まれている。ソフトバンクとauはこの点を突いた。
実質ゼロ円と書かれたポスターをよく見ると、端末を2万円弱~3万円弱で下取ると明記されている。ショップ店員は「画面が割れていなければ、アイフォーン以外でも同額で買い取ります」と語る。
しかし、高額な下取りと合わせて実質ゼロ円とするのは、ガイドライン案と矛盾しないのか。北氏は「端末値引きを適正な水準に抑え、販売の実態を健全化しようとする主旨から著しく懸け離れている」と指摘する。本誌の取材に対し、ソフトバンクとKDDIは、「ガイドライン案に沿ったもので、問題ないと考えている」と回答した。

一方のドコモは「実質ゼロ円を下回らないようにしている」と回答。実質ゼロ円を復活させているが、学割や家族割を合わせ、
しかも2台同時契約の場合という条件だ。2社とは異なり、下取りを含めたものではない。その意味でガイドライン案の穴を突いたものではなさそうだ。

そのほか、ガイドライン案に何度も出てくる「端末購入を条件とした」という表現を逆手に取り、契約書から文言を削除することで、「規制対象外の割引だ」と主張するケースも出ているという。
こうした抜け穴ができたのは、ガイドライン案の公表直前に、携帯各社が大幅な学割を発表したためだ。
毎月、数ギガバイトのデータ通信量を付与する学割の中には、3年間で20万円分を超えるような、過度な値引きがあった。
その規制などに労力を割いた結果、下取りの規制案が不十分となったもようだ。
ただし、総務省関係者が「穴は絶対埋める」と言い切るように、ガイドラインが適用される4月1日以降、販売方法がさらに制限されるのは必至。
また、端末値引きの原資となる販売奨励金の削減や、長期ユーザーを優遇する取り組みがなされているかを報告する義務も、携帯会社に課せられる見込みだ。
これまで業界は他社からユーザーを奪い合う消耗戦を展開してきた。だが、これからは自社の長期ユーザーとも、向き合わなければならない。
携帯会社は今までのような抜け穴探しの意識をいったん見直す必要がある

http://toyokeizai.net/articles/-/110228

こんなことやるんだったら。キャリアでの端末販売禁止にしろ。

実質ゼロ円の2年間の総支払額はいくらなのか

0円端末、そのへんのショップでずっと看板でてたんじゃない?
車の運転中の携帯電話の使用禁止と同じで、見て見ぬ振りでしょ。
所詮そんなもんだよ。
正直者がバカを見る。

パチンコの換金かよ

だからキャリアがとの様商売してるんだよ

おすすめサイト最新記事一覧

オタクnews & ネタ, トレンド」カテゴリの関連最新記事

Amazonランキング

コメント

1.とある名無しのオタコム2016年3月24日 12:07▽このコメントに返信

やりたい放題だな
キャリアでの端末販売禁止にしても提携店舗で実質ゼロ円とかやるんだろ?
クズすぎ

2.とある名無しのオタコム2016年3月24日 13:14▽このコメントに返信

俺が安く買えるならどうでも良い。

3.とある名無しのオタコム2016年3月24日 16:01▽このコメントに返信

ってかこんなん予想できただろ
早とちりして買ったやつがクズ

4.とある名無しのオタコム2016年3月24日 19:29▽このコメントに返信

それより談合を野放しなのをどうにかしろよ。天下り先だから無理か?

5.とある名無しのオタコム2016年3月25日 09:20▽このコメントに返信

まあしかたないねw
核兵器の相互破壊保障とおんなじで、
価格破壊、価格競争のチキンレースは一度手を出してしまえばどうあがいたってもはや抜け出せない。レースからの脱落は即破たんにつながるからだ。
10年も前は業界レベルで「こうなる事は事前に分かってた」という共通認識があったからこそ、
ドコモ、au、ボーダフォンは、ユーザーから高い高いと文句垂れられながら絶対に値下げや価格競争をしなかった。
しかしあの禿がやらかしてくれたおかげで現在このざまだよw あの銭ゲバの勝手な論理で業界自体がグダグダになってしまった事実をもう一度見直すべきだな。
auドコモはとんだとばっちりだw

6.とある名無しのオタコム2016年3月25日 11:43▽このコメントに返信

実質0円とかいうぼったくりじゃなくて
一括0円にしろよ、そっちなら許してくれるよ

コメントを残す

リツイート数ランキング

記事ランキング

おすすめサイト最新記事一覧