相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2016年03月24日 06:00 コメントを見る

トヨタのプリウス美少女キャラは失敗!?「萌えビジネス」の成否を分けるものは

リサーチ不足

20160324020823

18

ひとたび当たれば多大な利益を見込める「萌えビジネス」。商品のパッケージを美少女イラストで飾ったり、アニメと提携して町おこしを図るなど、いまやすっかりビジネスの手法の1つとして定着している。しかし、成功例が目立つ一方で、失敗したケースも後をたたない。最近トヨタが発表したプリガープロジェクトを例に「萌えビジネス」成否の差を検証していこう。(文/西山大樹[清談社])

● トヨタの萌えビジネス「プリガー」 オタクたちにはほとんど響かず

今年の1月、トヨタ自動車はこれまでにない試みを発表した。それは新型プリウスのパーツを美少女で擬人化した「PRIUS!  IMPOSSIBLE GIRLS(通称・プリガー)」と呼ばれるプロジェクトだ。その主な狙いは2点。「プリウスの性能や魅力のアピール」と「若年層に車への興味を持ってもらう」ことだ。

このプロジェクにおけるトヨタの施策は多岐に渡る。40点にも及ぶプリウスの部品や機能を美少女で擬人化し、イラストやキャラ設定を製作。そして、主だった10人の美少女の声には、女性アイドル声優を起用した。さらにはイメージソングの作曲を、音声合成ソフト「ボーカロイド(略称・ボカロ)」の人気作曲家に依頼したのだ。

ターゲットは「若年層」と謳っているものの、これらの施策からすると明らかに「美少女萌えオタク」「声優オタク」「ボカロファン」を狙った布陣だと分かる。だが、発表から2ヵ月が過ぎた今、その試みはほぼ失敗に終わっている。プリガーはオタク界隈において、まったく話題にのぼっていないのだ。

実は、そもそもプリガープロジェクトの発表当初から、主なアキバ系情報サイトや、2ちゃんねる、2ちゃんねるのまとめブログなどは、ほぼ記事にすらしていない。声優のファンやボカロ作曲家のファンたちが少し話題にしていただけで、プリガーは、オタクたちにはまったく響かなかったのだ。

● プリガープロジェクトは失敗?  原因は「萌え」に対する勉強不足

なぜプリガーは、これほどまでにオタクに人気がないのか。一般にキャラクタービジネスにおいて「オタク界隈での反響」を知るには、「二次創作の勢い」がひとつの指針となる。分かりやすい例としては、人気イラスト投稿サイト「pixiv」におけるイラストの投稿数がある。

トヨタは今回、ボカロファンをターゲットに見込んでいるが、カリスマ的萌えキャラ「初音ミク」を例にすると、彼女はpixivにおいて、発売から1ヵ月で268作、2ヵ月で1009作、現在では34万作を越えるイラストが投稿されている。だが、プリガーは発表からちょうど2ヵ月経った3月18日現在でも、たったの6作。しかも、そのうち2作はデザイン担当者のイラストなので、二次創作といえるのは実質4作に過ぎない。

この数字は何を意味しているのか。それはプリガープロジェクトにおける致命的な欠陥「キャラクターの魅力のなさ」を示している。しかしそれは、イラストレーターの責任ではなく、ひとえにプリガー企画チームの「萌え」や「オタク」に対する勉強不足が原因だ。プリガーに必要なものは何だったのか。「萌えビジネス」の成功例と比較し、その謎を解き明かしてみよう。

● 「機械+美少女の擬人化萌え」の成功例 「艦これ」にみるオタク受けのコツ

プリガーのコンセプトは「機械の擬人化」だが、それに類した大きな成功例がある。DMMが配信する育成シミュレーションゲームの『艦隊これくしょん(略称・艦これ)』だ。2013年4月にサービスが始まるや否や大きな反響を呼び、いまやゲームの登録者数は380万人、pixivのイラスト数は26万作を越えた。

昨年にアニメ化を果たし、今年は劇場版公開も控えている同作だが、思わぬ経済効果も生んでいる。人気の過熱とともに、少女たちのモチーフとなる艦艇のプラモデルが爆発的に売れたのだ。「艦これ」フィーバーは模型業界に特需を呼び、都内のある模型店では例年の10倍の売り上げを記録したという。

そんな「艦これ」に登場する美少女たちは「艦娘(かんむす)」と呼ばれる。彼女たちがオタクに響いた要因は主に2つ。見た目の可愛さは大前提として、もっとも重要なキーワードは「キャラの個性」と「親近感」だ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160323-00088300-diamond-bus_all

シャア専用オーリスもコケてるしな。
つまりは売るモノが「クルマ」だからヲタにはそんな高いものに関心持つわけがない。

ジャイロゼッターのほうがマシと言わざるをえない

車両本体が大人気だから、そもそも必要ないだろw

プリウス自体に魅力が無いのに、更に興味の無いパーツ擬人化しても人気出るわけないだろ

コメント

1.とある名無しのオタコム2016年3月24日 06:42
▽このコメントに返信

パーツってことは数が多いだろうから粗製濫造な上に数多くてユーザーが追いきれないだろうし、CMとかで露出とかやってないから知名度もろくにないから、そりゃ人気の出ようもないで。

2.とある名無しのオタコム2016年3月24日 09:42
▽このコメントに返信

車自体ならともかくパーツ萌えはちょっとレベル高すぎる文化だろうなw
そもそも俺は今始めて聞いたわ、広告しなさすぎ
 
艦これを例に挙げてるけどアレが売れた理由は安定した市場が欲しい同人業界のバックアップがあったし
似たようなジャンルの成功はガルパンやアルペジオ、ネプ等のミリ系や擬人化系ですでに作られた道だった
そして最大の理由は金の亡者ソシャゲ類の中では比較的無料のまま遊べるという点が良心的というのが売りで
当事はそういうのが海外産のガチゲーにしかなかった
某戦車や戦闘機や戦艦のアクションゲーやってた俺からするとクソゲーにしか思えなかったが

3.とある名無しのオタコム2016年3月24日 09:44
▽このコメントに返信

艦これとガルパンで忙しいから余計に興味無いんじゃね?

4.とある名無しのオタコム2016年3月24日 11:10
▽このコメントに返信

そもそもプリウスの購入層って50代以上が大半だろ
萌えで釣るような車じゃない

5.とある名無しのオタコム2016年3月24日 11:30
▽このコメントに返信

キャラクター初めて見たがどれも微妙。

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間