相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2016年03月23日 04:00 コメントを見る

「もうアップルの協力は必要ない」FBIが独自の方法でiPhoneロックを解除すると発表

ハンマーで叩き割る

20160323013831

21

アップルにとって、思わぬカウンターか織り込み済みか。
米国司法省は、サンバーナーディーノ銃乱射事件の容疑者が使っていたiPhoneのロック解除について、
「もうアップルの協力は必要なくなる可能性がある」と発表しました。FBIからアップルに要求されていたiPhoneの
ロック解除(バックドアの作成)に対し、アップルはユーザーのプライバシー保護を理由に一貫して抵抗。
今朝の新製品発表会でも、その姿勢を改めて強調していました。

容疑者が使っていたiPhone 5cのロックだけを解除する方法はありません。iOSのセキュリティを突破するための
ソフトウェアを作ってFBIに渡すことは、そのまま全iOSユーザーのプライバシーが政府によって侵害されかねないことを意味します。ティム・クックは次のように指摘していました。

iOSのセキュリティを突破するソフトウェアは、一度作られてしまえば、何度でも何台もの端末で使われるでしょう。
それは、現実の世界で言うところの、家や店、レストランという何百万のロックを開けるマスターキーと同じものなのです。そんなことを許す人はいないはずです。

裁判所を通してアンロックを要求するFBI、抵抗を続けるアップル。話は平行線のままでしたが、21日(現地時間)の
深夜に司法省が「FBIはiPhoneをアンロックする独自の方法を匿名のサードパーティーから入手した」と発表。
3月22日に予定されていた公聴会を4月5日に延期し、それまでに行なわれる予定のテスト結果をもとに
、FBIが入手した技術を適用するかを審議することになりました。テスト結果が有効でなかった場合は、またアップルに対して要請がされる予定です。
米国政府は、少なくとも21日の時点では、アップルの協力なしには容疑者のiPhoneにアクセスする方法がないと主張していました
(これに対しては専門家から懐疑的な意見もあり、FBIの要請はテロ対策以外にあるという指摘もあります)
。しかし、今回の発表によれば、アンロック方法を提供するとしているサードパーティーは公聴会の2日前である20日に、
電話でFBIに提示したとのこと。New York Timesの取材を受けたアップルの幹部は、「おそらくうまくいかないでしょう。
ですが、私たちの構築したセキュリティを回避する方法について知るためにも、iPhoneをアンロックできると主張している
人物について詳しく知りたいものです」とコメントしています。

http://www.gizmodo.jp/2016/03/fbiiphone_unlock.html

犯人のプライバシー保護なんていうクソ理由で
被害者方の人権が無視される件

というアップルさんと相談して決めた
シナリオ設定だったのさ

マカフィーの方はどうなった?

もはやヤクザと変わらんな

コメント

1.とある名無しのオタコム2016年3月23日 07:39
▽このコメントに返信

ティムクック冷えてるか~?

2.とある名無しのオタコム2016年3月23日 08:33
▽このコメントに返信

これ難しいよなぁ、心情としては協力したいだろうけど、したらしたでプライバシー観点で企業の信頼失うし
裏でこっそりとかうまくやって欲しいわな

3.とある名無しのオタコム2016年3月23日 10:42
▽このコメントに返信

もしかして量子コンピュータ?

4.とある名無しのオタコム2016年3月24日 14:20
▽このコメントに返信

みんなバカなのww

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間