相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2016年03月05日 23:38 コメントを見る

【衝撃】『ポリンキー』にプリン味が登場wwwwwwwwwwwwwww

まずそう

d3039-525-877496-1
d3039-525-877496-1

三角形から“プリン”に発展!?誘惑のあま~い“くちどけ”「くちどけポリンキー プリンあじ」

株式会社フレンテの事業会社である株式会社湖池屋(本社:板橋区/社長:田子忠)は、2015年に25周年を迎えた、笑顔になれるヒミツの魔法サクサクサンカクの「ポリンキー」ブランドより、25周年を記念した「くちどけポリンキー プリンあじ」を2016 年3月7 日より全国・全チャネルにて発売します。

【開発ストーリー】

「ポリンキー」は網目模様の三角形状とサクサクの食感、そしてコーン生地のほのかな甘みが特徴のスナック菓子として、幅広い世代に親しまれておりますが、「ポリンキー」ブランドの25周年を記念する商品を開発するにあたり、大人から子どもまで大人気の定番デザートである“プリン”に着目しました。しかし、“プリン”にいたるまでの道程は平坦なものではありませんでした。

「ポリンキー 栗あじ」や「ポリンキー メロンパンの皮風」など、過去にも「ポリンキー」ではスイート系の味わいに取り組んできましたが、“プリン”をテーマにするにあたり、大人から子どもまで大人気の定番デザートであることに加えて、人それぞれが“プリン”に対する異なる価値観を持っているという“プリン”問題に直面しました。 また、「ポリンキー 栗あじ」では“三角形の形状”、「ポリンキー メロンパンの皮風」では網目模様”と“サクサク食感”という「ポリンキー」と若干の類似する部分がありましたが、今回の新商品については“ポリン”と“プリン”という言葉の響きが近いことから強引にこじつけようとしたのではないかという“プリン”疑惑が発覚しました。

このような状況を受け、社内からは『“プリン”は絶対にダメだ!』という厳しい意見を浴びせられましたが、ブランド担当は社内から沸き起こる批判の声を“スルー”しながらも懸命に試行錯誤を続け、商品開発部門などの協力のもと、“プリン”のあま~い味わいを活かすことのできる、かる~くじゅわっと溶ける“くぢどけ”感のある新食感の生地の開発に成功。そして、“くちどけ”感のある生地によって“プリン”のやさしい甘さと味わいが口いっぱいにじんわりと広がっていく「くちどけポリンキー プリンあじ」が完成しました。

25周年を迎えても進化を続ける「ポリンキー」がお届けする、三角形により育まれた“プリン”の魅惑的なあま~い味わいに浸ってください。

【商品概要】

■商 品 名:「くちどけポリンキー プリンあじ」
■内 容 量:60g
■価 格:オープン価格
■発売日/販売先:2016年3月7日(月)/全国・全チャネル
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000525.000003039.html

これに対するネットの反応

甘いポリンキーも有りっちゃ有りかも試練

プリンキーでええやん

普通に旨そうなんだが
キャラメルコーンとの差別化が課題だな

コメント

1.とある名無しのオタコム2016年3月6日 11:56
▽このコメントに返信

これは特に無理ない企画だと思うけどね
キャラメルコーンって名前も挙がってるけど
甘いスナックは普通にある
うまい棒でもお馴染み。
従来の商品とイメージの切り離しができない
受け手の問題なんだね

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間