オタク.comアニメやゲームなどの最新オタク情報ブログのオタコム

2016年02月21日 14:00

20160221083459

日本から世界初ロボットが農業を行う「自動野菜工場」が誕生へ

アストロノーカ

07

高齢化社会の日本で農業の労働力不足を補うアプローチとして、人間の代わりにロボットが農作業を行って野菜を育てる工場が、京都府亀岡に登場する予定です。

Japanese firm to open world’s first robot-run farm | Environment | The Guardian
http://www.theguardian.com/environment/2016/feb/01/japanese-firm-to-open-worlds-first-robot-run-farm

「ロボット野菜工場」を開始するのは株式会社スプレッドが持つ京都の亀岡プラントで、無菌状態の高品質なレタスを提供する野菜工場として、GIGAZINEでも以下のように取材を行っています。

ベジタス「野菜工場」亀岡プラントで野菜の安定供給の次世代スタイルを見た – GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20120904-spread-yasai-factory/

2017年中頃にロボット野菜工場の運用がスタートする予定で、ロボットは稚苗を水耕栽培用の水田に植え替える作業および、
刈り取りや収穫といった作業を自動で行うことができるようになるとのこと。ロボットの運用が始まれば、工場では1日に5万個~21万個のレタスを栽培できるようになり、5年以内に1日50万個まで収穫数の拡大が計画されています。

スプレッドのグローバルマーケティング部門のマネージャーを務めるJJ Price氏によると、「種子の植え込みは人間の手でする必要があるものの、それ以外のほぼ全てのプロセスが全自動で行われるでしょう」と計画について話しています。
工場のスタートにより、既存の亀岡プラントに比べて労働コストは半分になり、LEDライトによってエネルギーコストは3分の1に抑えることができるほか、農作物を育てるために使われる水の98%は再利用されるとのこと。

ロボット野菜工場を開始するにあたって、スプレッドは「我々のロボット工場は、農業の新しいモデルを示すことになります。
しかし、ロボットを人間に置き換えることが目的ではなく、人間とロボットが一緒に働ける新しいモデルを開発することで、
特に若い人たちの農業に対する関心を高めたいのです」と語っています。

http://gigazine.net/news/20160220-worlds-first-robot-farm/


機動戦士ガンダム THE ORIGIN III [Blu-ray] 機動戦士ガンダム THE ORIGIN III [Blu-ray]
池田秀一,柿原徹也,前野智昭,浦山迅,銀河万丈,今西隆志

バンダイビジュアル 2016-06-10
売り上げランキング : 58

Amazonで詳しく見る

ガールズ&パンツァー 劇場版 [Blu-ray] ガールズ&パンツァー 劇場版 [Blu-ray]
渕上舞,茅野愛衣,尾崎真実,中上育実,井口裕香,杉本功,アクタス,吉田玲子,水島努

バンダイビジュアル 2016-05-27
売り上げランキング : 15

Amazonで詳しく見る

おすすめサイト最新記事一覧

オタクnews & ネタ, トレンド」カテゴリの関連最新記事

Amazonランキング

コメント

1. 2016年2月22日 08:04▽このコメントに返信

植物工場は採算性が悪すぎて閉鎖が相次いでいるからね
基本的に葉野菜しか取れないし

コメントを残す

リツイート数ランキング

記事ランキング

おすすめサイト最新記事一覧