オタク.comアニメやゲームなどの最新オタク情報ブログのオタコム

2016年02月12日 14:00

20160212072100

天の川の「向こう側」に隠されていた数百個の銀河を発見!

宇宙人はいるな

21

地球から見て天の川の背後にあたる宇宙は、塵や星に阻まれて可視光線では観測できない。そうした塵などを見通すことができる電波望遠鏡による観測で、天の川の向こう側2億5000万光年の距離に多数の銀河の存在が確認された。3分の1は今回初めて発見されたものだ。

豪・西オーストラリア大学のLister Staveley-Smithさんらの国際研究チームは、オーストラリア連邦科学工業研究機関(CSIRO)のパークス電波望遠鏡を使った観測で天の川銀河の塵などを見通し、これまでに知られていなかった天の川銀河の背後にある領域を調べた。

観測の結果、約2億5000万光年という天文学的には非常に近い距離にあるにもかかわらず、天の川銀河の背後にあったためこれまで存在が隠されていた数多くの銀河が見つかった。Staveley-Smithさんらの研究チームが観測・確認したのは計883個の銀河で、そのうち3分の1が今回初めて発見されたものだ。

この発見は、うみへび座とケンタウルス座の方向にある巨大重力源「グレートアトラクター」を説明する一助になるかもしれない。グレートアトラクターとは銀河間空間に見られる重力異常で、太陽1兆個に相当する重力によって天の川側銀河を含む10万個ほどの銀河がそこに引き寄せられている。1970年代に存在の兆候が指摘され、1980年代には天の川銀河から2億光年以内の大型の銀河団はグレートアトラクターに向かう共通の運動成分を持つという研究成果が発表された。
以降、その謎めいた正体を明らかにしようと研究がなされている。

Staveley-Smithさんらの研究では、3つの銀河の集団(NW1、NW2、NW3)と新しい2つの銀河団(CW1とCW2)を含む複数の新たな構造を確認しており、天の川銀河の動きの説明に役立つかもしれないと考えられている。「1個の銀河には、平均で1000億個もの星が存在しています。地球から見て天の川銀河の背後に数百個も新しい銀河が見つかったことは、これまでわたしたちの知らなかった大きな質量の存在を示しています」(南アフリカ・ケープタウン大学 Renee Kraan-Kortewegさん)。

ソース/AstroArts
http://www.astroarts.com/news/2016/02/10galaxies/index-j.shtml


ラブライブ! × PACIFIC「南 ことり」 レジンキャスト製塗装済み完成品 ラブライブ! × PACIFIC「南 ことり」 レジンキャスト製塗装済み完成品

PULCHRA 2016-07-31
売り上げランキング : 30

Amazonで詳しく見る

MG 機動戦士ガンダムSEED フリーダムガンダム Ver.2.0 1/100スケール 色分け済みプラモデル MG 機動戦士ガンダムSEED フリーダムガンダム Ver.2.0 1/100スケール 色分け済みプラモデル

バンダイ 2016-04-30
売り上げランキング : 35

Amazonで詳しく見る

おすすめサイト最新記事一覧

オタクnews & ネタ, トレンド」カテゴリの関連最新記事

Amazonランキング

コメント

1.とある名無しのオタコム2016年2月12日 14:04▽このコメントに返信

うわぁ……

相変わらずつまらないコメントですね

2.とある名無しのオタコム2016年2月12日 14:04▽このコメントに返信

私が生きてる間に約2億5000万光年先の星に行くことはないだろう

3.とある名無しのオタコム2016年2月12日 15:52▽このコメントに返信

いやいや
俺は一人です
間違いない

4.とある名無しのオタコム2016年2月12日 22:16▽このコメントに返信

太陽系は天の川を含む銀河団の外側向いてたってことか
気の長い話ではあるが人類が系外にでてほかの銀河まで行くような未来がやってくるようなことがあるのだろうか
少なくとも天の川銀河はアンドロメダ銀河と衝突することになってるし他の銀河も観測が進むにつれ近づいてる者があったりするのかもね
地球起源の生命体がそこまで生きることができればあるいは・・・

コメントを残す

リツイート数ランキング

記事ランキング

おすすめサイト最新記事一覧