相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2016年02月05日 21:40 コメントを見る

頭文字D作者・しげの秀一氏、「連載開始から公道編とラリー編考えてた。2をやるとしたらラリー」

みたい

20160205211928

12

峠を舞台に走り屋たちが繰り広げる熱いバトルと人間模様を描いた人気コミック「頭文字D」。その新劇場版最新作にしてシリーズ完結編となる『新劇場版「頭文字D」Legend3-夢現-』が2月6日(土)に公開となる。
映像化される毎に進化を遂げる自作をどう見ているのか、メディアにはあまり登場しない原作者・しげの秀一の貴重な声をお届けする。

走り屋として覚醒していく主人公・藤原拓海とライバルとのバトルが見どころの本作。主人公たちのモデルとなった人物はいるのだろうか?「『頭文字D』のキャラクターは自分の頭の中で作りあげた架空の人物です。
自分も峠を走るのが好きだったので、妄想の世界で究極的に速さを追求したのが拓海です。一方、ライバルの高橋涼介は頭がよくて、自分の感情に流されずに物事を論理的に進められる、自分と一番違う人物。自分の理想を違う形で具現化させたのが2人なんです」。

そんな個性豊かなキャラクターたちが繰り広げる公道バトル。今回の新劇場版シリーズではバトルシーンをメインに物語が進むが、その映像には原作者も大満足。「これまでに映像化された『頭文字D』シリーズで最高の走行シーンになっていますね。
拓海と涼介をはじめとした人間関係は走行シーンを盛り上げるための下地作りであり、走行シーンに人間関係が集約していると思います」と、峠でのバトルを通して築かれる人間関係こそが本作の醍醐味だと語る。
漫画や小説の映画化の際には原作者の意向に沿わない形になるケースもあり、最近は『ドラゴンボール』の鳥山明など原作者自ら製作総指揮として作品に携わる事もあるが、その点についてはどう考えているのだろう。
「映像化されるのはファンに支持されてのものだから大歓迎です。いつも作品へのスタッフの愛を感じていたから、任せてもいいなって思いました」。そう語る一方、自身が恥ずかしく感じる部分もあるのだとか。
「原作者だからって、自分の名前が最初のほうに出てくるのはいいのかな?って。最後のほうでいいのに…(笑)」と恐縮しているそう。

2013年に「頭文字D」の18年間続いた連載を終え、現在は女子野球をテーマにした「セーラーエース」を執筆中。「カクカクしたものばかり描いていた反動なのかな? 女性キャラがすごく描きたくなってね」とは言うものの、実は秘かに次回作への構想も。
「『頭文字D』の連載が始まった頃から、公道編とラリー編で考えていたんです。これからも漫画を描き続けたいし、『頭文字D2』をやるとしたら、ラリーを題材にしたいです」。

拓海か、また別のキャラクターになるのか? しげの秀一ならではの新作の登場に期待したい。【取材・文/トライワークス】
http://news.walkerplus.com/article/71924/


新劇場版 頭文字[イニシャル]D Legend2 -闘走- *初回限定生産盤 [Blu-ray] 新劇場版 頭文字[イニシャル]D Legend2 -闘走- *初回限定生産盤 [Blu-ray]
宮野真守,諏訪部順一,中村悠一,小野大輔,阪口周平,中智仁

エイベックス・ピクチャーズ
売り上げランキング : 3390

Amazonで詳しく見る

トミカ ドリームトミカ No.168 頭文字D FC3S RX-7 トミカ ドリームトミカ No.168 頭文字D FC3S RX-7

タカラトミー 2016-03-19
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る

コメント

1.とある名無しのオタコム2016年2月5日 22:07
▽このコメントに返信

FDの姉ちゃんシリーズをやれよ!

2.とある名無しのオタコム2016年2月5日 22:48
▽このコメントに返信

2作るんだったら、キャラ一新しないと。
199X年は、もうだいぶ昔の話になるからねぇ。

3.とある名無しのオタコム2016年2月5日 22:58
▽このコメントに返信

続編じゃないほうがええんちゃうか?

4.とある名無しのオタコム2016年2月5日 23:46
▽このコメントに返信

そもそも競争できるような車種がもう存在しないというね
ラリー編だって国内メーカーどこも参戦してないぞ
三菱なんかランサーの開発中止しちゃったしな

5.とある名無しのオタコム2016年2月6日 00:15
▽このコメントに返信

※4

そんなもん関係は無い。何もリアルに合わせる決まりはないぜ……ラリーって言うのはターマック(=舗装道路)もアリだからな。

<競争できる車種が存在しない

確かに新型や新車種は存在しないが86でもBRZでもイジればラリーカーに出来るしミライもラリーカーバージョンが実在するよ。

6.とある名無しのオタコム2016年2月6日 00:22
▽このコメントに返信

※2

いっその事、過去の作品の登場キャラでもアリかもね…巨摩 群の息子とか(マテつ

7.とある名無しのオタコム2016年2月6日 00:45
▽このコメントに返信

舞台は1970年代後半から80年代で主人公は文太でいいじゃん

8.とある名無しのオタコム2016年2月6日 04:56
▽このコメントに返信

バリ伝が公道→サーキットになったようになるの?

9.とある名無しのオタコム2016年2月6日 09:47
▽このコメントに返信

バリ伝世代としてはなんでモータースポーツに行かないんだって思ってた
※4国内ラリーは国産ばっかりだよ

10.とある名無しのオタコム2016年2月6日 13:03
▽このコメントに返信

旧車で公道ラリーだとランエボ、インプ、セリカが高騰するからやめろ!
それにまたバカ迷惑が増える

もしやるならキャノンボールみたいなのやれw
あれはマネできる奴いるなら見たいわw

11.とある名無しのオタコム2016年2月6日 21:11
▽このコメントに返信

※10

『よろしくメカドック(1982年~1985年 週刊少年ジャンプで連載、1984年~1985年放送 フジテレビ&タツノコプロ制作)』で既にやってますわ……そもそもキャノンボールは70年代にやっていた非合法レースを題材に1981年制作の米国映画でもあるんですけどね……。

まあラリーのルールを知っている人いるの?分からんかったら『ガッテム (新谷かおる 作)』でも読め。

※9

何もイニD2(仮)に登場する自動車を全て国産に拘る必要はない、グループBは少しきついがポルシェやミニだってWRCに出た時代もあるんだよ……ある意味ではイニDに出て来た峠はターマックそのものだ。

12.とある名無しのオタコム2016年2月7日 01:59
▽このコメントに返信

※11はアスペなのか?
※10はしげのにただのラリー漫画じゃなく
キャノンボールみたいなの書けよって意味だろ?w
仮にもし、しげのがイニD2書くならJRCAかもな
別にパリダカやWRCでもかまわんが
同じ走り屋漫画ではオーバーレブは最後WRCに行ったなw

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間