• 3日ランキング
  • 1週間ランキング
  • 月間ランキング

▼Twitterより














スイープトウショウ(欧字名:Sweep Tosho、2001年5月9日 - 2020年12月5日)は、日本の競走馬、繁殖牝馬。

2005年に、エイトクラウン以来39年ぶり史上2頭目となる牝馬の宝塚記念優勝を成し遂げた。同年のJRA賞最優秀4歳以上牝馬である。

気性難
難しい性格は幼駒の頃だけでなく、競走馬となっても変わらず、引退までも変わらなかった。
馬場に入ることや、ゲート入りを嫌がり続けていた。
池添によれば「この馬が現役を続ける限りついて回る問題」だという。

頑なに動かない
自身が納得しないと動かない性格だった。
調教に向かうまで時間を要し、坂路を2回駆けるところ1本止まりになってしまうことが多々あった。
何度か良化し、本番でも良績を残すことはできたが、その後が続かず「通例」「風物詩」などともてはやされた。

4歳春の宝塚記念はそれが解消して勝利を挙げているが、夏を経た秋、天皇賞(秋)では逆戻り。
遂には競馬場でそれを披露してしまった。馬場入場の際に動かなくなってしまい「調教注意」の制裁を受けている。
池添は「調教で自分が納得しないと全然走ってくれない。厩舎の思い通りにメニューが消化できていたら、もっとすごい競走成績だったはずです」と回顧している。



この記事への反応



飯食ってる場合!

池添が乗ったからDNAが騒いだなこれ🤪

これはウマ娘になったら大食いキャラやな

スイープちゃんの子供もやんちゃやな……

ランドセルから荷物ぶちまけてる小学生みたい

食わない芝なんじゃなかったのか😨

腹減ってて草

馬にももぐもぐタイム必要やね




親と同じかww










コメント(14件)

1.プリン投稿日:2022年05月09日 01:01▼返信
うま
2.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月09日 01:20▼返信
ブラッド・スポーツやな
3.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月09日 01:40▼返信
坂路の練習場まで出てきただけで(練習しない)関係者が拍手したエピソード好き、スイープは完全に狂ってるよw(なのに速い)
4.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月09日 01:47▼返信
やっぱキチ●イの子は遺伝子的に似るんかねぇ
まぁ速けりゃ大正義な世界だから勝てば官軍だが
5.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月09日 01:50▼返信
この騎手が嫌われてるだけだろw嫌がってんじゃんw
6.投稿日:2022年05月09日 01:54▼返信
ジーザリオ産駒と同じ
7.名無し投稿日:2022年05月09日 02:16▼返信
ウマ娘をやった後だから可愛く見えるけど、ウマ娘がなかったら冷ややかな目で見たたんだろうな
8.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月09日 04:03▼返信
日本の馬キチガイ多すぎよな
流石アメリカに喧嘩売ったキチガイ国家だけあるわ
9.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月09日 04:56▼返信
※8
歴史勉強してこいガイジ、アメカスが始めたんだろうが
おまエラみたいなアホがプロパガンダに騙されるんだよ
10.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月09日 05:57▼返信
賢い馬だから池添の本性を見抜いてたっていわれてたな
池添もかなりやらかしとるから・・・馬乗りDV・・
11.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月09日 06:26▼返信
気性難の馬はデムーロにシバかせるか池添をシバかせろとかいう名言
12.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月09日 07:04▼返信
池添=落馬のイメージしか…
13.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月09日 07:15▼返信
スイープトウショウは例のイヤイヤがなければ牝馬三冠を取った上で生涯G1を6勝くらいしてた可能性充分な図抜けた走力があったけど、子供にもイヤイヤがしっかり受け継がれてるの笑うしかねえ。
14.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月09日 12:34▼返信
ほんと気性わるいなw

直近のコメント数ランキング

直近のRT数ランキング