• 3日ランキング
  • 1週間ランキング
  • 月間ランキング

▼Twitterより


「週刊少年ジャンプ」が少年マンガ誌のトップになれたワケ 後発だからアイデアで勝負?
https://news.yahoo.co.jp/articles/793c48234d96f801691d4f80d6bbd55531df1a7b

・●「新人発掘」を重視して成功

ジャンプ」が誕生したのは1968年ですが、
創刊にはひとつ、大きな問題があったようです。
立ち上げにも携わった4代目編集長の後藤広喜さんによると、
「描いてくれる漫画家さんがいなかった」のだとか。

 実は「ジャンプ」創刊当時、少年マンガ誌界には
すでに10年近くも先をゆくふたつの先輩誌、
小学館の「週刊少年サンデー」(以下、サンデー)と講談社の
「週刊少年マガジン」(以下、マガジン)が存在し、
有名な漫画家はすでに2誌が抱え込んでいたのだそうです。

 そこで「ジャンプ」が考えたのが、新人漫画家の発掘。
著名な漫画家が無理なら、新しい才能を見いだして育てればいい……というワケです。

 創刊号はご祝儀的意味もあったのでしょうか、
赤塚不二夫先生や貝塚ヒロシ先生、永井豪先生などの顔ぶれが揃いましたが、
同時に「第1回新人漫画大募集」の告知も載せられ、
新人に門戸を開いているというスタンスが明確にされました。

 次々と登場する新人漫画家は、常に新しい面白さを求める
読者の少年たちをワクワクさせてくれたことでしょう。




この記事への反応



常に強い敵が出てきて戦うソシャゲスタイル


鳥山明がいなかったらどうなっていたんだろうね


大相撲刑事の人気によるところが大きいわな

なんだかんだマシリトは偉大だったと思う


アンケート重視主義だろ
読者が読みたいものを載せてただけの話


自分は81年生まれだけど
ジャンプ購読のきっかけはドラゴンボール目当てだった


90年代までかな個性ある画力と漫画家が多すぎ
漫画家を表紙に勢揃いさせてたけど顔がわかると親近感出て距離感近くなって良かった
ただの漫画として終わらせず読者にきちんと向いてた


読者は団塊ジュニア世代、作家は新人類世代と、この組み合わせが生んだ奇跡
そらから敏腕鳥嶋編集長の存在

黄金期を呼んだのはこの3点に尽きる





鳥山先生の影響がでかそう


アストロキング 召喚勇者だけど下級認定されたのでメイドハーレムを作ります!1 (ヴァルキリーコミックス)
GEN(著), 竜庭ケンジ(著), ギザン(著)
キルタイムコミュニケーション (2022-05-07T00:00:00.000Z)

¥693


ブシロードメディア 7歳から学べる投資ゲーム (2-4人用 15-30分 7才以上向け) ボードゲーム
ブシロードメディア(BUSHIROAD MEDIA)
ブシロードメディア(BUSHIROAD MEDIA) (2022-04-28T00:00:01Z)
5つ星のうち5.0
¥1,650

ウエスト・サイド・ストーリー ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
アンセル・エルゴート(出演), レイチェル・ゼグラー(出演), アリアナ・デボーズ(出演), デヴィッド・アルヴァレス(出演), リタ・モレノ(出演), スティーブン・スピルバーグ(監督)
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2022-05-18T00:00:01Z)
5つ星のうち4.1
¥3,814





コメント(31件)

1.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月07日 19:01▼返信
1コメ
2.プリン投稿日:2022年05月07日 19:01▼返信
維新最高
3.プリン投稿日:2022年05月07日 19:01▼返信
プリン
4.たこ投稿日:2022年05月07日 19:01▼返信
絵文字ユーザー禁止
5.プリン投稿日:2022年05月07日 19:01▼返信
>>2偽物利用告訴
6.たこ投稿日:2022年05月07日 19:02▼返信
>>1>>2>>3悪用最低
7.プリン投稿日:2022年05月07日 19:02▼返信
>>3>>4偽物利用告訴
8.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月07日 19:02▼返信
ドラゴンボールのおかげなだけだろ
9.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月07日 19:04▼返信
>>1ダメ野郎うるさい
10.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月07日 19:13▼返信
1を取ることが「生きる KI BO U ! 」

3. Posted by プリン 投稿日:2022年01月27日 02:08
>>1迷惑です、何故トラブル起こす、あなたは誹謗中傷している、人の生きる希望壊そうとしてる、
サイトを嫌がらせ道具に利用して最低です、トラブル止めてください
11.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月07日 19:14▼返信
🍮コノユビで1コメ取れてよかったね
12.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月07日 19:17▼返信
漫画家を生かすも殺すも編集次第だしな
13.投稿日:2022年05月07日 19:29▼返信
>>8
ドラゴンボールしか知らなそう
14.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月07日 19:30▼返信
過去の成功体験がなかったのも大きいと思う
雑誌が苦しくなるとすぐ過去の成功体験の引用や応用しがち
(マガジンのジョー、サンデーの留美子、チャンピオンのブラックジャック)
んなもん現在の若い読者にとってはどうでもいい
ジャンプは過去のヒット作家が他社他誌で過去作の続編描いてても知らん顔で新しい読者の方を向いてる
15.ごりりんまんEX 極 TYPE 7.D.V.A投稿日:2022年05月07日 19:36▼返信
やっぱドラゴンボールはでかいと思うわ(・_・;)
16.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月07日 19:39▼返信
普通にワンピースのおかげが大きいと思う
17.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月07日 19:39▼返信
年数だけは先駆者のマガサンは未だ重鎮優遇で全く学習してない
18.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月07日 19:45▼返信
ドラゴンボールが一番のヒットなのは間違いないけど、
キン肉マン、こち亀、北斗の拳、キャプ翼みたいな今も知られる人気作は既にあったしな
19.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月07日 19:47▼返信
セガ「…」
任天堂「…」
NEC「…」
20.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月07日 19:55▼返信
永井豪はむしろ最初期ジャンプが育てたようなもんやろ
21.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月07日 19:56▼返信
更に後発のガンガン
22.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月07日 20:12▼返信
ジャンプって雑誌界のフジテレビみたいな感じだよな
今じゃ見る影もない
23.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月07日 20:13▼返信
それでも89年、90年ごろを境に、数字だけが伸び続けるだけで、内容はパワーダウンの一途だったな
同時に買ってたファミマガにも同じような思いを抱いてたわ
24.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月07日 20:19▼返信
ゴンボルの終わりがジャンプの終わり
25. 投稿日:2022年05月07日 20:44▼返信
マシリトはジャンプが余りにもつまらないから
違う漫画雑誌読んでたとかいう
26.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月07日 21:11▼返信
でも最近は本誌の人気無いんだろ?
腐女子に媚びたけど他で腐女子向けの漫画が増えて今は何も残ってない
少年が読んでない少年誌って
27.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月07日 22:57▼返信
男一匹ガキ大将、サーキットの狼、ドーベルマン刑事、
リングにかけろ

これよ。ジャンプは男の漫画雑誌よ
28.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月08日 00:12▼返信
創刊号の表紙見ればわかるけど、なにしろ梅本さちおと貝塚ひろしくらいしか目玉となる漫画家がいなかったもんな
そりゃアイデアで勝負せざるをえないだろうよ
29.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月08日 03:12▼返信
今のジャンプは本当に面白いのがないけどな
唯一期待してた吸血鬼の兄弟の作品も打ちきりにしたしヤングジャンプとスクエア以外つまらんのしかない
30.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月08日 10:09▼返信
デジタル化が進んで
小さなコマも拡大して掛けるので
変に見辛くなってるし
文字の吹き出しスペースも拡大した状態で確保してるので
文字が小さくなるんよね
今も現役で掛かれてるジャンプ黄金時代の先生方の漫画はデジタル化しても
本当に読みやすいわよね
31.とある名無しのオタコム投稿日:2022年05月08日 19:13▼返信
集英社は小学館の娯楽雑誌部門が切り離されて作られた当て馬で
親会社に大して期待されてなくて自由にやれたのが結果的にうまく行った
極端なアンケート至上主義とか新人の高速入れ替えとかかなり条件のきつい専属契約とか
他社がそこまでやれないってところまでやりきることで集英社はコミック分野で下剋上を果たした
一時期天狗になって堕落してたけど講談社から進撃の巨人が出たことで目が覚めて
ジャンプらしい作風にこだわらず面白ければ何でもありって方針に立ち返って多様性が戻ってきたし
既存のやり方にこだわらない集英社は強い

直近のコメント数ランキング

直近のRT数ランキング