相互RSS募集!詳細はこちら

オタコムはアニメ・ゲームなどサブカルチャー系情報の総合ブログどんなネタでも扱います!

2013年11月03日 20:12 コメントを見る

「数学は苦手」は生まれつきではなく努力によって克服可能!

20131103195608

難解


1 名前: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 投稿日:2013/11/03(日) 14:45:03.65 ID:???0

10

★「数学が苦手」は生まれつきではなく努力によって克服可能

数学に対して苦手意識、拒否感を持ち「方程式と聞くだけでじんましんがでる」などと言うのは万国共通のようで、アメリカでは「I’m bad at math(数学はダメな人です)」や「I’m just not a math person(数学向きの人じゃないので)」という言い回しがあります。
「文系脳・理系脳」と、生まれつきの性質として人間の能力を決定づけるような傾向が見られるなか、能力は遺伝的要因にもとづくものではなく、努力によって克服できるものだという意見を、Miles KimballさんとNoah Smithさんがまとめています。

The Myth of ‘I’m Bad at Math’ – Miles Kimball & Noah Smith – The Atlantic
http://www.theatlantic.com/education/archive/2013/10/the-myth-of-im-bad-at-math/280914/

Miles Kimballさんはミシガン大学で経済学を教える教授、Noah Smithさんはニューヨーク州立大学ストーニーブルック校の准教授。
2人は長い間学生に数学を教える中で、数学(算数)の向き不向きは以下のようなパターンの中で作られていることを発見しました。

1:子どもたちは小学校に入ると算数の授業を受けることになります。しかしこの時点で、親から予め算数を教えられた子どもと、全く触れたことのない子がいて、予備知識のレベルにはかなりの幅があります。

2:ごく初期のうちに数回テストを行うと、予備知識のある子たちは満点を取りますが、算数の予備知識を持たない子たちは、行き当たりばったりでも解けるような問題しかクリアできないため、80点~85点ぐらいしか取れません。便宜上、前者をグループA、後者をグループBとします。

3:グループBの子たちは、満点だった子たちは予備知識を持っていたのだということを知らないまま、「算数(数学)には遺伝的なものが関わっているのだ」と思うようになります。そのため、「自分には算数(数学)は向いていない」と決めつけてしまい、それ以降はやる気を持つことができず、差が開く一方になります。

4:グループAの子たちは「自分は算数(数学)に向いている」と考えるようになり、それ以降も勉強に励むので、優位性が確立されていきます。

アメリカ・パデュー大学の心理学者であるPatricia Louise Linehan氏の研究により、前述のグループAに属するような変化・上昇傾向のある学生は、能力や知識が努力によって変化するものであると認識し、グループBのような固定化した傾向のある学生は、努力による能力変化・向上はないと認識している、ということが判明しています。

心理学者のLisa Blackwell氏らによる研究でも、知性・知識に対する考え方には「自分の知識はいくらでも変えていける」「知識は決まった容量しかなく、自分ではそれを変えられない」という2つの方向性があることが明らかになっていて、「知識は変えていける」と考えている学生が高い成績を収めていることもわかっています。

社会心理学者Richard Nisbett氏は、著書「Intelligence and How to Get It」の中で、貧しいマイノリティグループの中学生に「知性は努力によって向上させることができる、学習することで脳が形作られている」ということを教え込んだエピソードを紹介しています。Nisbett氏によると、この教えを受けた中学生たちは努力の重要性を認識したことで成績が向上しましたが、それだけではなく、自分は生まれつき頭が悪いので一生貧しい中で人生を歩むしかないと思い込んでいた子どもが、「自分の努力によって知性は鍛えることができる、自分で決めることができる」ということを知って涙したそうです。実際に、知能テストでIQ80と判定された少年が3年間の取り組みの結果、IQ100になったという話があります。

Kimball教授とSmith准教授は、数学について、生まれつきの素質がその後身につくかどうかに影響する「生まれつき論」が特に強くはびこっていると指摘。アメリカの4年生から8年生(日本の小学4年生から中学2年生に相当)の子どもたちは、ドイツ・イギリス・スウェーデンといった国の子たちを上回る成績を上げていますが、高校生ぐらいになると成績が低下してきます。両氏は、これを「基礎能力は高いのに、その後の努力が不足しているので学力が低下しているのです」と嘆いており、「難しい『代数』は必須ではない」と主張して数学の授業数を減らそうとする動きに対して「『アメリカ人はx(エックス)を使った計算に向いていない』と決めつけるに等しい考え方だ」とコメントしています。

多くの人が方程式や「xyz」といった数学の記号に恐怖を感じてしまうのは、「自分は数学に関して遺伝的に劣っている」ということと結びつけたくない気持ちが表れているためだと、Kimball教授とSmith准教授は語ります。しかし、そうやって「自分は数学に向いていない」と思って距離を取って生活することは、高賃金の仕事のチャンスを失うことにも繋がっています。

現代社会において「忍耐」と「努力による自己研鑽」のために数学が最もよい道具になる、というのがKimball教授とSmith准教授の主張。日本では「若者の理科離れ」が指摘されていますが、「そもそも関心を持っていない」という場合はどうすればいいのでしょうか……。

http://gigazine.net/news/20131031-myth-of-not-good-at-math/

5 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 14:46:47.79 ID:+tgjz8F70
むしろ数学概念をすいすい理解できることの方が異常。

6 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 14:47:54.82 ID:cx/wjA3u0
オイラー、ガウス、リーマンなら、オイラー1択

7 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 14:48:16.23 ID:NRC7fp1k0
技術者やってるけど、どうあがいても数学できない。
こっちの式を解こうとするとあっちの式がわからなくて調べちゃうし、
そうするとこっちの式でなにやってたか忘れちゃうし、進まない。
公式を簡単に頭に入れられる人は凄い。俺には無理。

8 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 14:48:19.00 ID:lJHJiSU/0
ま、数学よりもしっかりした算数の学力の方が一生涯必要だけどなw

11 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 14:50:26.51 ID:CKYi8OgG0
小学校は計算ができればそこそこいい成績が取れる。
中学になると証明問題が出て来て落ちこぼれる。
高校になると定義・条件にやかましくなって落ちこぼれる。

13 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 14:52:51.43 ID:WFoSYEot0
理系とは理数系も出来る人のことであり
文系とは理数系が出来ぬ人のことである

14 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 14:53:12.18 ID:O3E8VpAQ0
いや小学校の算数の時点でかなり出来に差があるのは事実だろ。それが遺伝かどうかは知らんが。

少なくとも運動神経とかと同じようにように算数、数学に必須な考える力は才能に左右されると思う。

15 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 14:53:13.34 ID:/VAbVhBD0
まぁ一生懸命やって数学が苦手って奴は見たことがない

たいていはやりもしないで諦めてる奴らばっかww

17 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 14:53:53.21 ID:HCumj0kc0
といっても、女性は本当に数学、算数が苦手。これはガチ。

ただし、語学は得意な人が多い。

18 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 14:54:12.66 ID:1CVjALXR0
ちょっとまえまで無理数すらなかったからな
0もないし
だから一階を0階なんて言わない、数学的には一から始まったらおかしいのに
数学ではOKで実社会では違うという齟齬が普通にあるから数学ができないんだよ

21 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 14:55:26.44 ID:iUdKmFzK0
コンピュータサイエンティストは数学ができなくてもよい
0と1の四則演算ができれば十分

22 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 14:55:28.85 ID:zrTDPnos0
高校までは算数と計算だから誰でも出来る
大学からやっと数学になるので生まれつきの能力がないと無理

25 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 14:58:04.87 ID:vXeGQFF/0
小学校のころは算数が苦手と言っても許される風潮があるよね。

27 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 14:59:17.83 ID:I4+FGx3P0
江戸時代になんで数学が流行っちゃったんだろう?
塵劫記はまだおもしろく解くお遊びな内容な感じだが、算額とかもろ学問レベルだし

31 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 15:01:09.33 ID:CKYi8OgG0
あと記憶力もあるかな。
何でもチラっと見てすぐに覚えられる人っているらしいな。
おれは何回も書いて身体で覚えないと無理。

34 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 15:02:57.55 ID:Hs7anlFl0
数学は積み重ねだからな

足し算>九九>分数>速さ>一次方程式>二次方程式・・・・

一つでもつまずくとそれ以降は理解できない仕組みになってる

36 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 15:04:01.22 ID:iePtWZGd0
はくしょん大魔王に謝れ!!!!!!!!!

37 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 15:04:26.98 ID:SBz91i0s0
努力しなきゃいかんの?

42 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 15:05:44.16 ID:QihZVNm60
俺なんか高校の数学1で挫折して文学部に進学したクチなんだが、
精神科で知能検査受けたら数学の素養はあったとか言われた。

要は環境と強制力なんじゃないか?

43 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 15:06:15.61 ID:vZlrWKfA0
問題を解けたときの快感を出来るだけ経験させること

44 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 15:06:33.20 ID:h2JPg5ib0
代数としてx、y、zの代わりにs、e、xを使えばよい

46 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 15:07:56.12 ID:Gu1y1VNiO
苦手な奴でもすげー努力すればある程度何とかなるってことでしょ。何でもそうだろ。普通のハナシ。

47 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 15:09:17.26 ID:9D4H6c/d0
中学生に一次、二次方程式をまるで社会に出るときの一般常識みたいに教えてるが
まず役になど立たない。

50 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 15:09:47.52 ID:NMUWoY1Xi
いちおう大学まで出てるけど簡単な暗算すらしばらく考え込まないと出来ない(´・ω・`)

52 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 15:11:43.08 ID:BzvgD4IU0
黒人とアジア人を比べれば、身体能力に遺伝が影響してるのは当たり前だとみんな納得するのに、なんで思考能力には遺伝は関係ないとか言い出す人がいるんだろう。

61 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 15:16:34.99 ID:8rWCAZ2B0
>>52
見た目にもわかりにくいし証明も難しいから。当たり前の話。

76 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 15:25:54.71 ID:/ZtMSU/80
>>52
それは「政治的に正しい言説」という、おとぎ話の類が幅を利かせているから。。

54 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 15:11:53.94 ID:9+65Eo4/0
まあ、苦手は克服できる。
得意、本質的な理解が可能というのは努力だけでは難しいだろう

55 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 15:12:46.44 ID:CKYi8OgG0
問題文の理解能力も重要だな。
数学用語がわかってないとチンプンカンプンだ。

56 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 15:13:25.50 ID:To+5hrRT0
高校の時思い立って、もう一度
中1の正負の数からやり直したことある
結構穴だらけだったわ
よく第1志望通ったと思う

60 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 15:15:57.91 ID:ivAz+FiVO
最近は世の中が騒々しいので
若者の多くが数学に集中できなくなっている
仕方ない

67 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/11/03(日) 15:21:16.42 ID:frFvK6MzO
数学好きで高一までは得意と言えたがなぁ
ちょっと勉強やらなかったらあっという間に置いてかれたわ
大体の事は遺伝的センスよか努力だろうそりゃ

71 名前:数学の天才 投稿日:2013/11/03(日) 15:23:08.72 ID:W8eBRT2Z0
算数は努力次第でいくらでもできるけど
学問としての数学は才能ないと無理だよ


転載元:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1383457503/

コメント

1.とある名無しのオタコム2013年11月3日 20:20
▽このコメントに返信

ぶっちゃけ、ある程度までは慣れだよ慣れ
分からないまでも計算方法や公式を繰り返してればそのうち分かるようになる
ただスレ内でも言われてるけど、順番踏んで前提の知識や公式を覚えていかないといくら繰り返しても先に進めないのが数学の敷居上げてるとは思う

2.とある名無しのオタコム2013年11月3日 20:36
▽このコメントに返信

俺はとにかく暗記がダメだったから理数系に活路を見出すしかなかった感じだな
だから理数科目でも化学は有機化学が出てきたところで捨てたw

3.とある名無しのオタコム2013年11月3日 20:45
▽このコメントに返信

出来ない子は大体xyzが出てきた辺りで混乱して出来なくなる

4.とある名無しのオタコム2013年11月3日 20:52
▽このコメントに返信

数式とかはそうかもしれんけどさ
発達障害で図形認識・空間把握能力に問題があるとかだと図形問題の類は無理ゲーすぎる

5.とある名無しのオタコム2013年11月3日 21:06
▽このコメントに返信

大学で数学やってそれが哲学だってことを知る
高校までのそれとはまるで別物

6.とある名無しのオタコム2013年11月3日 22:28
▽このコメントに返信

中学では学校指折りに数学できたけど、高二あたりでlogだのΣだの虚数だの出てきて迷子になったわ
ある段階から数学的世界像をイメージできる人とできない人で完全に別れてしまうと思う

7.とある名無しのオタコム2013年11月3日 23:33
▽このコメントに返信

高校までは努力だろ
大学はそもそも研究だし…
図形だとかは小さな頃どんな遊びをしていたかにもよる
そりゃ慣れによって克服は可能だろうな
慣れるのに時間掛かる人はいるだろうが
それは生まれつきってわけでもないだろう

8.魯迅2013年11月3日 23:55
▽このコメントに返信

まぁ去年まで偏差値40だった俺もこうして今では60安定だから要は回数こなすしかないってことだよね

9.とある名無しのオタコム2013年11月4日 23:33
▽このコメントに返信

寧ろ生まれつきだと思ってるような奴は本当に生まれつきの阿呆だろ

10.とある名無しのオタコム2013年11月5日 00:10
▽このコメントに返信

むしろ文系とは親切な人のこと。
理系とは不親切な人。
証明式を言語で説明しようと思うととんでもない手間がかかる。
1+1=2
これを具体的に説明するのはとんでもなく骨だ。

11.ななし2013年11月5日 02:30
▽このコメントに返信

俺数学好きだったけど、得意ではなかった。得意ではなかったからこそ、好きだったのかもしれない。

12.とある名無しのオタコム2013年11月5日 04:48
▽このコメントに返信

数学科じゃないが、大学行って、概念的なことをやるのに自分はむいていないと思ったな。
自然数と整数と分数の個数が同じなんてぱっと言われてもわからないしね。
あとは、回転群で打ちのめされた思いでもあるよ。

13.とある名無しのオタコム2013年11月5日 07:46
▽このコメントに返信

※10
一桁の計算は定義であり概念だから、「そうである」ことしか示さない。
お前の言う文系は「具体的に説明」とかズレたこと考えてるから、
リンゴで説明できないことを理解できない人が完成するんだよ。

コメントを投稿する

コメントを残す

※コメントの番号の前に「※」をつけると、
そのコメントに返信できます(例:※1)

おすすめサイト最新記事一覧

リツイート数ランキング

Amazonランキング

記事ランキング本日週間